水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


アリの歩みのスケッチパースロゴ

 みなさんこんにちは!透明水彩ノートlightの第一弾は『円を斜めから見たら”正楕円”』についてやってみたいと思います。

 絵を描いていると、楕円を描くシチュエーションに多々出くわしますが、このことはパースが本職のプロの方でも勘違いしていることがあると耳にし…。

 検証したところ、私自身も『わかったつもり』であったことが判明Σヾ( ̄0 ̄;ノ。

※ わたくし、主婦なのですが、お昼ご飯の準備前に食卓で検証したことですので精密性を欠くことはお許しください(´・ω・`)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 では、順を追って説明しますと…

↓ 円を斜めから見た図を描いてみました。『正楕円』です。

 『正楕円』とはここでは『長軸の半径同志は同じ長さになるし、短軸の半径同志も同じ長さになる…要は同じ直径の半径同志が同じ長さになる楕円。』と考えています。

 ちなみに正楕円の『長軸』とは中心から左右に走る線、同じく『短軸』とは中心から垂直に走る線を指しています。

2013-04-29 13-19-27

↓ 上の図で描いた円を真上から見たのが下の図です…。

 まずは、ここで「あれっ?おかしい!」と思う方と、「そうだけど、何か?」と思う方に分かれると思います。

2013-04-29 13-21-40

↓ さて、私は嘘をついているのでしょうか?一旦、色を消して検証開始です。

2013-04-29 10-30-41

↓ 一番外側の出っ張っているところに垂直線を引いてみました。

2013-04-29 10-32-43

↓ そして思いっきり斜めから見てみました。垂直線にパース遠近法がかかり、斜めに歪みましたね。

2013-04-29 10-33-29

↓ このアングルで一番外側の出っ張っているところに垂直線を引いてみました。(すっごい調整が難しかったのでチョイと歪んでいますがお許しください。特に右側…。)

BlogPaint

↓ 再び真上から見たアングルに戻すと、今度は今引いた垂直線が斜めになっていますね。

 これで 『真上から見た時の一番外側』『斜めから見た時(パース遠近法がかかっている時)の一番外側』が別の場所にあることがわかります。

2013-04-29 10-49-35

↓ よって斜めから見た場合、『下の赤色のエリア』が『正楕円の下半円』、『上の青色のエリア』が『正楕円の上半円』として目に飛び込んでくることがわかります。

…えっ?頭が混乱してきましたか?

2013-04-29 10-57-34

↓ 色を付けた状態でもう一度斜めのアングル(パース遠近法がかかったアングル)で見てみます。

2013-04-29 10-57-27

↓ 画面上に線を引いてわかりやすくしてみました。皆さんもパソコン画面に定規を当てて測ってみてください。えっ?スマホだって??(※精密性を欠くことをお許しください。)

 青色の線が本当のこの円の中心線です。そして、左側の黄色の点が本当のこの円の”中心点”、右側の黄色の点が本当のこの円の”一番出っ張っているところ”です。

 不思議と、真上から見たら一番出っ張ってはいない手前の円弧に、このアングルでは一番出っ張っている橙色の点が存在します。

 そしてその橙色の点は”正楕円の長軸の起点”となり、それにより2分される短軸の半径同志は同じ長さになっているのがわかります。

BlogPaint

↓ クドく、もう一度真上から見てみましょう。黄色の点橙色の点が左右入れ代わりましたね。垂直線も斜めになったり垂直になったり入れ代わります。不思議です。

BlogPaint

↓ この円柱形の水筒で応用しますと…(埃っぽくってスミマセン

2013-04-29 11-15-26

↓ こうやって見た時に『円柱の半分が見えているものだ』と思っていませんでしたか?ちなみに私はそう思っていました。

2013-04-29 11-16-27

↓ 水筒の一番出っ張っているところを…

2013-04-29 11-15-26-2

↓ 真横から見てみると、黄色の縦線になります。しかし、右側から見ている人は若干手前の赤の縦線より左側は見えていない…死角になっているのです。(ちょっとオーバーですが

BlogPaint

↓ こんな彫刻になるともっと複雑になり…

2013-04-29 11-10-56

↓ ”輪郭線”というものは3次元の世界ではハッキリと解りやすい形では存在しません。以下の赤点はイメージ。これでも揃いすぎてると思う。

2013-04-29 11-11-10-2

↓ 『”一番出っ張ったところ”がそれぞれの高さの層でバラバラだから。』なのではなく、このパースでさらに複雑となっているものと思われます。

2013-04-29 11-11-44-2

↓ 2次元の世界とは違って、3次元の世界では『壁にバーンと抜けた型』=『輪郭線』とはならないようです。

29正楕円と輪郭線の説明

↓ よって以下の図が最初の円の正しい模様となります。
2013-04-29 13-19-48

↓ 円の実際の中心線を消すとこんな感じ。

2013-04-29 13-19-482

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 絵で描く楕円は『不自然に見えない疑似楕円』ですので知らなくても案外なんとかなります。

 しかしながら『的』『噴水』『土俵』『お皿』『水の波紋』『バウムクーヘン』など中心を表すものを間近で斜め上から描くときには知っていて損はしないと思います。

↓ 以下にまとめてみました。C図は正しい例ですが技術が無くてスミマセン。しかし、一番自然に見えるのではないでしょうか?

※クリックすると大きく表示されます。
2013-04-29 13-20-07

↓ D図は『斜めから見た円は”正楕円”』とは聞いたものの…いまいち腑に落ちていない方が描いたであろう絵の例です。

 「一番出っ張っているところが後ろに隠れてしまうとは!(`□´/)/」ですね。

2013-04-29 13-20-21

↓ パースについて知っていると更に勘違いしてしまう可能性がある様です。尖った感じの扁平な円・・・絵描き歌の”かわいいコックさん”のお口(上は薄い・下は厚い)みたいになります。



2013-04-29 13-20-34

 以上、透明水彩ノートlight#1『円を斜めから見たら”正楕円”』を終わります。もし間違っていたらご指摘ください。プロじゃないのでお手柔らかに!

 補足しますと、人間は『一つ目小僧』ではなく、10センチ以上離れた両眼を持っています。よって、あくまでも『理屈』の話ですのであしからず。そして、「何故”正楕円”か?」の理屈を知りたい方は数式から学習してください

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 昨日は天神橋筋五丁目の商店街で開催されたフリーマーケットに子供と行ってきました。

 私の水彩画サークルの生徒Gさんがご自身で描かれた水彩画をポストカード販売されていました。

 店頭のディスプレイも可愛く工夫されていて感心することしきり

 彼女のやさしい雰囲気の絵には癒されます。初参加で盛況だったとのこと。良かったです♪ホッ

2013-04-28 15-51-10
ブログ村のランキングが上がります。
ワンクリック応援お願いしま~す! 
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. くどうさとし
    • 2013年04月29日 19:40
    • 視線が動くとさらに複雑に……。実際には両目で見てるから、もっと複雑に……。(笑)
    • 2. KUROKAWA
    • 2013年04月29日 19:43
    • くどうさん、こんばんは!「一つ目小僧」の世界とは違って人間界は複雑ですね。
    • 3. 杜しま
    • 2013年04月30日 00:23
    • こんにちは、杜しまです。
       研究熱心さに驚きです、わたしも含めてアナログのパース描きってこのあたりは感覚的に処理していたことですが改めてそうだったなあと再認識です。感覚でなんとなくこなしていたことがこのように実証していただくと、うーむお見事!
       
    • 4. KUROKAWA
    • 2013年04月30日 07:17
    • 社しまさん、おはようございます。
      感想のコメント、早々に送っていただいて嬉しいです。

       アナログパースのプロの社しまさんが、正直に「感覚的に処理していた」と書いておられて、とても励まされました。そして、改めて『謙虚な方だなぁ~』と尊敬致しました。本当にプロの方でも勘違いしていることらしいのです。間違っていることを認めずに譲らない方もおられるみたいです。

       私も美術短大受験のデッサンからはじまり楕円は沢山描いてきましたが、キチッと計測していると『お皿の中心は少し上にずれてるなぁ~。』と認識したり『楕円が自然に見える様に』と思って調整してきたので、ほんとに案外つきつめて考えるまで真実を認識せずに今に至りました。

       絵を描く専用にこのことを解説したものが見当たらなかったので自分で作っちゃいました。記事づくりは楽しかったです。
    • 5. くら
    • 2013年04月30日 18:34
    • KUROKAWAさん、こんにちは。
      すごく面白い視点だと感心しました。非常に退屈な指摘をひとつだけさせてください。(当たり前ですみません。)
      実際の場面では、対象物との距離が問題となります。KUROKAWAさんの実験では対象物が非常に近いためズレが大きいのですが、実際の風景などでは離れているためほぼ正楕円となります。左右の目のズレも距離を取ることによって気にならなくなります。絵に描く場合は、『壁にバーンと抜けた型』=『目に写る輪郭線』だと思って描いても問題ないと思います。太陽光が平行の影を作るのと同じですね~。
    • 6. KUROKAWA
    • 2013年04月30日 20:43
    • くらさん、お久しぶりです。お元気ですか?ご指摘ありがとうございます。

       この『円を斜めから見たら”正楕円”』というパースは、冒頭に記載した通り”プロの方でも勘違いしていることがある”ところに面白味を感じました。なので、”勘違いしたままでも商売ができる”レベルのことなのです。

       また、”勘違いしているのに知ったつもりにさせる罪なパース”でもあり、極端な例で実証しないと凝り固まった頭にはピンと来ないのです。なので、出来るだけ大きく・近く・低く撮影しました。

       実はこの記事の”前フリ記事”として、”相対性理論”の記事を面白おかしく書こうと思っていたら、文章が長くなりすぎそうなのでやめたんです。

       面白おかしくないですが超ザックリ要約すると…この世の中は ”時間は一定に流れている” と思って差し支えないですが、厳密には ”動いているもの” のほうが ”止まっているもの” よりも時間が遅く経過しており、現実に人工衛星とGPSナビの間では時間のズレが微調整されています。でも、普通に生活してゆくのには問題の無い微々たる事実ですね。

       それと同様に、このパースもおっしゃる通り普通に描くには全く問題ないことを伝えたかったのですが、やっぱり ”相対性理論の前フリ記事” があったほうが良かったかなぁ~。伝えるってムツカシイ…

       でも『風景画』ではなく『静物画』で、低いアングルから ”中央に取っ手のある丸い器” や、 ”模様のある丸いお皿” などを ”至近距離” で描くときには、知ってると知らないとで ”デッサン力” といいますか、絵の力強さが違ってくると思います。




    • 7. 名無し
    • 2014年10月20日 06:44
    • 勉強になりました
    • 8. KUROKAWA
    • 2014年10月20日 06:55
    • ありがとうございます
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。