水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


皆さん、三連休の初日いかがお過ごしですか?

私は第一回笠井一男京都講座の未完制作の仕上げをしました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 行ったことが無い場所なので想像力を働かせ、雨上がり…相々傘していたカップルをアドリブで入れてみました。

 あまりにもモチーフ写真に捕らわれずに描くことから、画面の中で様々なコントラストをつけたり、馴染ませたり、脳ミソフル回転!゜(´Д`)゜。

 疲れたけど、すごく楽しかった(⌒-⌒)

↓ウォーターフォード荒目F6サイズ

23笠井一男ワークショップ課題作品完成

↓途中経過はこれでした。

16笠井一男京都講座課題 製作途中

 子供の頃、大阪の片田舎で流行について行くのに必死だった私。
 

 今は大概の既製品でソコソコお洒落になるし、ユニクロ着てるからといって誰も馬鹿にしない時代ですが、当時はダサいものイケてるものが混在していて…人並みに流行を追っていないと恥ずかしい風潮だったような。

 例えば「原宿はお洒落してしか歩けない。」って思い込んでいたし、原宿に行った子のことをクラスメイト皆が憧れの目で見ていた感じ。

 そんな頃、渋谷で流行をギュンギュン引っ張っていた方と、水彩画を通して接点ができるなんて、想像だにしていませんでした。

 世の中の巡り合わせって面白いですね。

ブログ村のランキングが上がります。
ワンクリック応援お願いしま~す! 
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. ぱるみ
    • 2012年11月26日 09:29
    • 美しい街並みの絵にうっとりしてしまいました。あの絵のなかにいる人はまるで、異邦人のよう…。現実を忘れてしまう、そんな絵に思えました。
    • 2. KUROKAWA
    • 2012年11月26日 17:01
    • ぱるみさん、コメントありがとうございます。描いた人物はまさに異邦人、女性はセレブっぽい感じをイメージしました。こういうテイストはヨーロッパの石造りの街や、洋館、ビル群などにはピッタリだなぁ~と思います。海外に行けない私にとって、身近な日本の風土・風景で応用できるか???だけど、今後のヒントになりそう。講座では色は指定されず、各自様々な色使いで描いてよかったので、十人十色の街が出来上がっていました♪
    • 3. 杜しま
    • 2012年11月27日 23:09
    • こんにちは、杜しまです。
       こんあなふうに仕上がるとは、良いセンスをお持ちですね。水たっぷりだと乾くまでの時間がかかるので早描きとは行かない部分もありそうです。
       かってロンドンで水を多用して霧の画家とよばれて評価の高かった日本人水彩画家がいたのを思い出しました。

       ところでもう一つのブログにあった教えたがりの迷惑おじさんの話面白かったです。2千年以上前から人間の悪癖として言われています。孟子という思想家の名言に「人の患いは、好んで人の師となるにあり(人の悪い癖というものは、やたら他人に対して先生になりたがることだ)」。もっとも孟子自体もそんな癖が強かったようで「あんたに言われたくないな」とも感じますが。
       
    • 4. KUROKAWA
    • 2012年11月28日 08:07
    • 社しまさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

       皆同じモチーフ写真を元にしているにもかかわらず、パース、視点、明暗、空気遠近、トリミングの注意以外は、各自自由な絵具とアレンジで描く内容だったので、自分でもどんな絵になるんだろう?と予想がつかず大変でした。そうおっしゃっていただけると嬉しいです。

      ファーストウォッシュで乾かした後は、一気に筆遣いで描くから、それ程時間かからなかったです(^_^)v

       霧の画家ですか?誰だろう…浅井忠とかしか、知らないんです。また調べてみますね。

       ブログ「透明水彩ノート」のほうも読んでいただいているのですね。感想頂けるとまた書こうと思う気持ちが湧くのでありがたいです。「教えること無いですよ。」というにもかかわらず「それでもいいから入りたい。」と入会されたらしいですが、主宰者も「来る者拒まず、去る者追わず」でないといけないから大変ですね。

      孟子のエピソード面白いですね(^w^)ありがとうございます。
    • 7. 岡元一男
    • 2014年03月19日 09:29
    • 笠井先生・目からウロコです。毎日動画で勉強をしています。
    • 8. KUROKAWA
    • 2014年03月19日 17:32
    • 水彩動画塾、いいですよね^_−☆
    • 9. okamotokazuo
    • 2015年05月02日 12:26
    • 透明水彩の勉強をもっともっと頑張ります笠井一男先生に会いたいです。





    • 10. KUROKAWA
    • 2015年05月02日 12:30
    • 横浜に限らず、各地でワークショップを開かれる様子ですし機会も増えるかと思います。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。