水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 皆さんこんにちは!昨日は京都画材祭りに行きました。

 昨年初参加の『舞妓さん写生コーナー』に今年も参加。人物画は4か月ぶり。それにしても可愛い感じで描けない自分に落ち込む

 そうだ!関西にはネコさんがいた!『ネコの猫の手も借りたい人物画教室』開きませんか

↓ 隣の方が『初めて見た!』とおっしゃるので、パンパステルについてまた説明しました。これで何人目だろう?まだまだ珍しいみたい。ホルベインさん、宣伝料ください。

ホルベイン パンパステル ポートレイト20色セット【デモDVDプレゼント!】【画材/パステル】
ホルベイン パンパステル ポートレイト20色セット【デモDVDプレゼント!】【画材/パステル】

20パンパステルF6

↓ 午後からアニメ背景画の増山修さんのワークショップに参加。「わぁ~!テレビに出てる人やぁ~!」と心の中で叫ぶ。

 素早い筆さばきから、みるみるうちにハッとする風景が出来上がり、参加者は皆ため息をつく

2012-10-21 08-46-447

↓ 何枚か描きましたが「スタジオジブリには入れない。」と実感 描いた順番に掲載してます。

20増山修ワークショップ (1)

 ワークショップの趣旨とは反対に、ガッシュ(不透明水彩絵具)が以前より難しく感じてしまった。

20増山修ワークショップ (2)

 何故かというと、透明水彩よりも素早く乾くので濡れている超短い間に的確な作業をせねばならないから。そうしないと、エッジが滲まず不自然になるのだ。

20増山修ワークショップ (3)

 確かに『間違っても、被覆して塗れる』という利点はあるけれど…、透明水彩の様に「リフティング」や「洗い出し」という修正は効かない。

20増山修ワークショップ (4)

 一枚の絵を描くのに少なくとも透明水彩の1年分程の量の絵具を絞る。(←薄すぎると美しくないので)

 時間がかかるとパレットで固まるのでさらに絞る。

 予備の絵具が必要。画材店で小マメに購入する必要もある。

 使いかけのチューブも中で固まるのが早そう。

 私は貧乏性&未だに現地制作スケッチに2時間~4時間かかる人…。初心者がそんなに早く描けるかなぁ~?

 ちなみに、私が透明水彩を始めた時、20年前の使いかけ絵具が使えた。サークルの会員さんは、昨年、親指の先程絞って渡した透明水彩13色入りのパレットを未だ補充無しで使えている。

20増山修ワークショップ (5)

 この絵だけでも筆は6本使い分ける。筆と水が沢山必要。

 手も紙も汚れるけれどティッシュで拭いたくらいでは落ちない。透明水彩の様にパレットを 洗わず放置 もしくは ティッシュで拭くだけ では済みそうもない。

 移動する間に筆やパレットや手をどこかでしっかりと洗う必要がある。公衆トイレでできるかなぁ~

2012-10-21 08-43-477

 『不透明水彩で屋外スケッチって案外難しいぞ。いろいろ知りたくてもガッシュでスケッチしている大人を目撃しないしなぁ~。』

 と思っていると、増山修さんの著書で「筆一本で描く本」が出版されると宣伝があった。『やっぱ、そういう問題点をクリアしたものが求められたのね。』と思った

 ガッシュについてちょっとキビシイこと書いちゃいましたが、あくまでも私が現実にやってみることを想像してのことなので、一つの感想として受け止めていただければ幸いです。ガッシュにはガッシュの良さがあると思います

 ガッシュで屋外スケッチされている方、アドバイスくだされば幸いです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

↓ 会場では高校生ライブアート甲子園も開催され、盛り上がっていました。ひと組は遠く沖縄から勝ち上がって来ていましたよ。

BlogPaint

↓ ホルベインからスケッチ用のサングラスが発売されるとの新情報も!こんなの欲しかったんです。サングラスかけてスケッチしたら、夕方みたいな風景になっちゃうんででも、目は大切にしたいしね

 京都画材祭りは画材の最新情報が手に入るので面白いですよ。

2012-10-20 15-44-34

↓ 早速、アップされた昨日の様子。8分37秒~10分02秒が増山修さんワークショップです。私も写ってますが、わかるかなぁ~?


 いつもの様に丸善美術商事さんのブースで永山裕子さんの絵を観て(拝んで)帰りました。

 知人のブログ『低気圧少年のアートな日々』でも画材祭りのレポートされています。→http://cycloneboy.blog.eonet.jp/default/2012/10/post-2951.html

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

↓ 奈良きたまちスケッチ大会のスタッフの方から連絡があり、旧鍋屋交番 きたまち案内所」に、このように展示していますとのこと。嬉しいです 皆さんも是非訪れてくださいネ♪



 建物の保存の関係上、穴が開けれないので、苦肉の策で板を立て掛けての展示だそうです。

14奈良きたまちスケッチ会展示 (4)

14奈良きたまちスケッチ会展示 (5)

ワンクリック応援お願いしま~す! 
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. ねこぱんち
    • 2012年10月21日 14:21
    • わぁぁぁぃい!!
      いつもながら 元気な てんこ盛り内容の
      ブログで 楽しませていただきました。

      でも、舞子さん 1枚??
      んな訳はないでしょう~~~~
      ・・・・・とプレッシャーを掛けておく・・・・

      で、ネコの名前が出て ドキドキしちゃったじゃないか
      駄目です。KUROKAWAさん・クラゲさんとちがって
      自分勝手なネコは
      先生にはなれません
      でも、”ネコの手も借りたい人物画教室”
      って いいねぇ~~~
      大笑いしましたよ。(^◇^)

      ジブリのこの方は
      NHK教育TVでも 放送されてましたね。
      本当に簡単(そう)なんですけどね

      でも、ネコは最近 
      ”色”の主張という点で
      ガッシュの力を借りたりしております。
      ん・・・・むずかしいです。
    • 2. 杜しま
    • 2012年10月21日 18:10
    • こんにちは、杜しまです。
       ガッシュにも進出されましたか、変わらず研究熱心ですね。
       水で溶く絵具もいろいろ、アクリル、ガッシュ、透明水彩、日本画用水性、色鉛筆、みんな個性があって奥が深いです。
       ガッシュでの風景はアニメの背景画っぽくなりますがそこがまた楽しいです。
       
    • 3. KUROKAWA
    • 2012年10月21日 20:11
    • ねこぱんちさん、早々にコメントありがとうございま~す!

       私、手が遅いもので、一枚なんですよぅ。めっちゃプレッシャーに堪えている私…う~

       一応「ぱんち」は抜いてオブラートにかけてみましたがバレバレかしら?

       ”ねこさんの手を借りたいと思う生徒が集まって、ねこさんが猫の手も借りたいほど繁盛しているイメージ”です。でも、”ねこ”が描いているのは”人間”というのがシュールで楽しいかと

       「透明水彩はガッシュより難しいという定説」が私の中で覆ったのですごい勉強になったワークショップでした。

       そういう透明水彩も最後の仕上げではガッシュの力を借りてま~す。 

       
    • 4. KUROKAWA
    • 2012年10月21日 20:24
    • 社しまさん、こんばんは!

       いえいえ、私には逆にガッシュに進出する能力が無いのがわかりました。ガッシュのウェットインウェットは最強に難しいです。あの乾きの速さは、最速での描写力と筆さばきが求められます。透明水彩も結局は、意図的にしっかりと色を入れていくことが大切なので、訓練にはなるかも知れません。

       室内制作ならいいですが、屋外スケッチはどうかなぁ~?です。増山修さんと話そうと思えば話せたのですが、教室終了時は考えがまとまらず、本を買ってサイン貰って帰りました。

       私はハマるタイプなので、画材研究家になったら肝心の絵を描く時間が無いまま一生を終えそうなので冒険は控えています。

       ガッシュは色鮮やかで、色彩のパンチが強いのがいいですね。
    • 5. cycoleneboy
    • 2012年10月22日 23:02
    • 私も画材まつり、日曜日に行って来ました。
      楽しかったです。
      そのことを書いた私のブログからリンクさせてもらいました。
      勝手に事後承諾で申し訳ありません。
      http://cycloneboy.blog.eonet.jp/default/

      今年水彩クラブ大阪作品展のとき、中島さんから紹介してもらったものです。
      それ以前にkurokawaさんのブログに出会って、大阪芸術センターのことを知ったり、いろいろお世話になってます。
    • 6. KUROKAWA
    • 2012年10月23日 09:48
    • cycoloneboyさん、お久しぶりです。
      1月の展覧会の時お会いしましたね。御無沙汰しています。

       画材祭り行かれたのですね。中途半端じゃないお祭りでしょ?
      画材のすべてと今がわかり、会社の営業の人とも話せるから、画材屋の店員さんと話す比ではない知識が入るところが楽しいですよね。

       私は残念ながらワークショップに参加しただけで帰りましたが、一昨年は丸二日行っても楽しめました。

       リンクはどうぞ。私もリンクしようかな。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。