水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00 次回5月13日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30 次回5月27日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 5月18日
●第2水曜 午前9:30-12:00 5月13日
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)

オンラインレッスン始めました! https://coubic.com/kurokawasz/995142#pageContent


 「(; ̄Д ̄)連日すごい行動力ですねぇ~。」と言われるが、それには理由がある。

 本物の画家ならば年中無休でスケッチするところ、私は軟弱者の為、春と秋の気候の良い季節しか屋外活動ができないからだ。

 休日は家族と過ごすことを基本としているが、「( -д-)ノこの短い季節だけ外に出させてください。」と主人に頼んでいる。

 「(ノ`Д´)ノお前は、セミか!」と言われながらも、協力を得て活動できている次第である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

↓ 透明水彩スケッチ『多聞城跡より奈良県庁・興福寺を望む』AVALONF8
※空にはもう少し色が入っています。白く飛んじゃってるみたい。

『多聞城跡より奈良県庁・興福寺を望む』F8

 というわけで、今回は「第二回 奈良きたまちスケッチ大会http://www.kitamachi.info/index.htmlに初参加してきました。

↓ 「旧鍋屋交番 きたまち案内所」に行くとグリーンパーカーのスタッフが親切に応対してくれ、解説付きでスケッチポイントまで案内してくれるわ、荷物を持ってくれるはの歓迎ムード。

2012-10-14 16-56-00

↓案内所の場所


 私は多聞城跡へのコースに加わりました。

 ここは松永久秀という戦国武将の城があった場所。今は若草中学校。校長先生は「城主」というのは嘘か真か

2012-10-14 10-18-56

 この武将は「主君を殺す、将軍を殺す、東大寺の大仏を焼く」ということをしでかし、織田信長に「自分のできないことを三つもやった奴」と言わしめ、城は安土城の参考にされるくらい立派なものだったとか。

2012-10-14 10-21-59

 興福寺や東大寺を見下し、自分の城を建てるために麓の聖武天皇陵を一部壊し、最期は信長が欲しがっているお気に入りの茶釜と共に爆死。(※茶釜を渡せば命は助かったのに…)美しい城は信長によって跡形もなく壊された。

 そんなトンデモな武将がいたなんて全然知らず、興味深くお話を聞かせていただきました

↓ 「松永久秀もこの様に城下を眺めたんだろうなぁ~。」と、ここでをはることにした私。しかし「なんであっこで描いてるんやろ?」的な場所だったらしい

 『やっぱ、私のセンスって変わってるかも?』…

2012-10-14 10-35-41

 途中、小雨で非難しながら描くこと三時間。心配したスタッフの方が車で迎えに来てくださりました。

 ラビリンスみたいな住宅地を、ただついて行ったので迷う確率100%!。『足が大丈夫だろうか?集合時間に着けるだろうか?』と不安だったので本当に救われました。その心遣いに感謝感激

2012-10-14 14-00-03

↓ 懇親会は案内所の真向かいにある奈良女子大学校内。門も「女子(ジョッスゥィ~!)」な感じ♪

2012-10-14 16-54-55

↓ 記念館も絵になりますね。

2012-10-14 16-54-23

↓ 校内にまで鹿がっ

2012-10-14 16-51-52

↓ 会場は佐保会館

2012-10-14 16-50-35

↓ これがまたナントも古めかしく端正な造り

2012-10-14 14-24-11

↓ スタッフの司会進行で、参加者の絵を並べ、茶菓子をいただきながらの懇親会。すごく楽しかったです。

BlogPaint

↓ 私はこの絵がとても気に入って眺めていたのですが、ある参加者が「色」について質問してきて、『緑が単調になる方なのかなぁ~』と思ったところ、この絵の作者とわかりビックリ!!

2012-10-14 15-41-16

 この方の色使いを参考にしようと思っていたのに逆に質問されるとは!

2012-10-14 15-41-22

 奈良は行き尽くしたと思っていましたが、「きたまち」エリアは全く無知でした。この様な町興し活動により、描いてないスケッチポイントが沢山あることを知りました。

 スタッフの皆さんは若い方も多く、ボランティアでされていて、とても熱いものを感じました。本当にお世話になりました。

 作品は2週間程この案内所に飾られますので、皆さん是非足をお運びください♪

↓ 最後のウンチク。奈良女子大学は奉行所跡だったので、右手の家は奉行所の中を覗けないように二階に窓が無いのです。(にわか知識

2012-10-14 16-57-05

ブログ村のランキングが上がります。
ワンクリック応援お願いしま~す! 
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (12)

    • 1. harada
    • 2012年10月15日 08:45
    • 暗黒エリアをこんなに詳しくご紹介ありがとうございます!!
      素敵な絵が沢山あって、ブログも楽しいですね!
      また来年、よろしくお願いします!!
    • 2. KUROKAWA
    • 2012年10月15日 08:50
    • haradaさん、コメントありがとうございます。
      皆さんの前で話すことであがってしまい、『暗黒大陸』と評してしまいました。スミマセン『私的には未開の地』です。

      「ならまち」は最近脚光を浴びてきましたが、近鉄奈良駅から道を隔てて北側の「きたまち」エリアは、ほんとうに足を踏み入れられなかったので貴重な体験となりました。感謝です!!

      ※↑方角の記載を修正いたしました。2012.10.17
    • 3. 田原 彰司郎
    • 2012年10月15日 17:18
    • 昨日は貴女を筆頭に佐久間さんや数々の貴重な方々と巡り会えるご縁を頂き
      きたまちスケッチ大会は私にとってとても大切な時間となりました。
      私は貴女の水彩にはほれぼれといたしました。確かにこの一筆は数多い皆さんの絵の中で光っていました。しかし、私は佐久間さんのスケッチになぜか魅かれました。これは技術上の問題ではなく感性といいますか直観的なもので好みの問題かもしれません。でももし これが展覧会であればあなたの作品はグランプリでで佐久間さんの作品は特別優秀賞という感じでしょうか。
      生意気言って申し訳ありません。
      ありがとうございました。
    • 4. KUROKAWA
    • 2012年10月15日 20:19
    •  田原さん、ブログをご覧いただき、丁寧なコメントも頂戴し、ありがとうございます。私も昨日のスケッチ会に参加させていただいて同じ思いです。

       グランプリは恐縮無限大です。

       いつもはF4のところ、スケッチ大会ということでF8で挑戦しました。描く前はスタッフさん達の熱意を感じて「頑張ろう!」と思いました。

       画風が「真面目でシリアス」な感じになるのは小学生の頃からで、「豊かで楽しい」感じに描くことがなかなかできないのですが、最近はこれも個性かなと思い、受け入れることにしています。

      (文章ではいろんなギャグが思いつくのですが

       また、時折覗いていただいたらありがたいです。

       
    • 5. 田原 彰司郎
    • 2012年10月16日 18:13
    • あなたのような方と交信できてまたあらためてスケッチ会に参加したことを
      幸運に思い、またこの会に勧誘して下さった原田さんにも
      感謝の気持ちでいっぱいです。
      ほんとうにありがとうございました。
      おふたりにはきっと素晴らしい明日が待っていると信じます。
    • 6. KUROKAWA
    • 2012年10月16日 19:47
    • 田原さん、再度のコメントありがとうございます。
      素晴らしい明日が来るといいな。
    • 7. にんにん
    • 2012年10月17日 00:08
    • KUROKAWAさま、お疲れさまでした。
      ご参加だけでなく、ブログでの記事アップ、本当に感謝です。

      私は当日、手伝えなかったなべかつスタッフの一人です。
      八面六臂の活躍をした当会のharada氏に対するコメントを読み、
      私と一緒や~と思ってしまいました。

      ‥近鉄奈良駅から西側の「きたまち」エリア。

      KUROKAWAさま、「きたまち」エリアは北側なんでございますよ。

      私も枚方育ちしかも京阪沿線なもので、京都(たとえば三条)で下車したら、
      進行方向が北。正面の山が北。と刷り込まれています。

      ですので、近鉄奈良駅を降り立った瞬間、正面の若草山を北と今でも思ってしまいます。
      また、昔の絵図や現在の観光地図などは若草山を上に書いてあるのも多いです。

      きたまちのガイドで引率をするときにも途中から間違えたりして、
      暗黒大陸の空間をゆがませてしまいます(反省)。

      来年、お目にかかってご挨拶させていただきたいものです。
      本当にありがとうございました。

    • 8. KUROKAWA
    • 2012年10月17日 07:59
    • にんにん様、コメントありがとうございます。

       スタッフの方なんですね。当日はお会いできずに残念でした。

       方角の件、ご指摘ありがとうございます!思わず「あっ!!」っと驚き、今までの「思い込み」がガラガラと音を立てて崩れました。

       春日大社が北、近鉄奈良駅を挟んで西が「きたまち」東が「ならまち」と、京都と同じように錯覚しておりました。

       やさしくフォローしていただいて、ほんとうに恐縮&感謝です

       特に北西エリア(「暗黒」ではなく「未開の地」としたほうが良いですね。)にも魅力的な場所が沢山あることを知りましたし、枚方の自宅から、電車ではぐるっと回って2時間近くかかるところ、車では30分チョットで行けることがわかりました。またスケッチに出かけたいと思っています。

       また来年お会いできますように!
    • 9. KUROKAWA
    • 2012年10月25日 18:55
    • ならきたまち 素敵な絵ですね。

      道が下って行く表現や遠くの五重の塔 憧れます!

      いつも楽しいコメント のぞいてみたくなるブログです。

      ならきたまち とても興味ありますヽ(´▽`)/
      一度行ってみますね、

                        ヨッシー
    • 10. KUROKAWA
    • 2012年10月25日 19:56
    • ヨッシーさんコメントありがとうございます♪※何故か投稿者がKUROKAWAなのでビックリしました。(汗)
      いつも「水彩くらぶ大阪」での投稿、拝見しております。
      奈良きたまち、ひとりで行けばなんでもない住宅地だけど、案内してもらうと見所が沢山あるんです。地元がスケッチに歓迎ムードだと行きやすいので、私も展示している絵を取りに行くときに、スケッチしたいと思っています。

      ブログいつもご覧いただいて有り難うございます。またチョクチョク覗いていただければ励みになります。
    • 11. KUROKAWA
    • 2012年11月01日 21:43
    • 松永久英という武将はかなり面白い人ですね。茶釜を渡さず爆死…。何かもう、意地になってたんでしょうかね。渡すぐらいなら、死んでも構わん!と思ったんでしょうか。興味深い人です。
      ぱるみ
    • 12. KUROKAWA
    • 2012年11月01日 21:51
    • ぱるみさん、コメントありがとう。コメントの投稿設定が不思議とKUROKAWAと入るように間違っていたみたい。修正しました。「また自分から投稿があった!」って思ってビックリしました。仕様変更がたまたまあるので追いつけないわっ!

      あまり聞かない名前なんだけど、地元の人はよく知っていて、「そんな人いたの?!」という感じでした。歴史的には目立ってなかったけど、最後は信長の上をいきたかったんだろうねぇ。別の番組で、超一流の骨董品を集めるということはすごい権力の顕示になったんだってさ。意地っ張りもいいとこみたいだけど、ただの趣味ではなかったみたいね。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。