水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


ブログネタ
スケッチ に参加中!
 今日も快晴、昨日より暖かい♪ お花見スケッチ日和~♪

 水彩スケッチクラブで八幡の背割堤に行きましたよ。


透明水彩スケッチ『八幡 背割堤にて』

 ラングトン水彩紙F6サイズ

 
 桜か桃か、美しい花の木が一本立っているたもとで描きました。

 スケッチもっとうまくなりたいなぁ~(´・ω・`)

 誰かに習いたいんだけどなぁ~(´・ω・`)。

 季節や天候の他、人物や動物や自転車など、動きのある情景も描きたいんです。

 やっぱ、模写かなぁ~φ(.. )。

2012-04-09 10-21-03

↑ 絵よりも綺麗なので、あまりお見せしたくありませんが・・・。

 背割堤は上から見たらこんなところ。

 大きな大きな桜の並木道が数百メートルに渡って、ドワ~~ッっと伸びているんです。

2012-04-09 10-23-11

 この季節には、桜のスケールに負けないくらいの花見客がつめかけます。

 でも、広すぎて案外ゆったりできるんで、お花見にはお勧めですよ♪



2012-04-09 10-26-20

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 最近二冊、透明水彩の本を買いました。

↓ グラフィック社の本。プロのテクニックを余すところなく伝えようという意気込みがメッチャ感じられる技法書です。掲載の絵もハイレベル。画集としても楽しめます。

透明水彩の作品と手順
透明水彩の作品と手順
クチコミを見る

↓フェイスブックやユーチューブで人気のチョイ悪オヤジ風水彩画家ALVALO CASTAGNET氏の『テクニックを超えて』という題名の本。



 当初、15万円もの値がついていたんですが、ネット友達から3000円台に下がっているときに連絡をもらい購入しました。

 15万円は高すぎますが、見応えあります。

Beyond Technique: Painting With Passion
Beyond Technique: Painting With Passion
クチコミを見る 

ランキング下がってしまいました。
是非ワンクリック押してくださ~い! 
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 杜しま
    • 2012年04月09日 22:25
    • こんにちは、杜しまです。
       こちらの桜はあと10日ほどでしょう、今日毎年行く梅林に行きましたがまだでした。ことしは遅いです。
       桜のあの透明感を描くのはほんとうに難しいです、見上げて空の光を透かして見ているのでその印象を紙の上に表現するのは私は今年もできそうにないです。
    • 2. KUROKAWA
    • 2012年04月10日 08:23
    • 杜しまさん、こんにちは。

       東北の方はまだまだ桜の楽しみは取っておけるのですね。

       桜は基本的に白抜きなので、バックに暗いものが無いと、なかなか難しいですね。あまりにもピンクだと梅か桃になってしまいますし、淡い薄桃色ってかなり微妙な調整が必要ですものね。おっしゃる様に透けた感じも必要なので、綿菓子みたいになるのもちょっと…と思ったりすると、どんどん悩みの深みにはまります(苦笑)。思い切って抽象的にするのも綺麗でいいのかなぁ~。 毎年の課題ですね。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。