水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 春めいてきましたね。
 絵も描かず、実家を処分し、自宅を断捨離し、捨てに捨てた日々がようやく終了。

過去の作品2007 (2)

 また、記憶から消えていた絵が出土。この頃は仕事と子育て中でも『趣味を持ちたい』と足掻いていました。

過去の作品2007 (1)

 近所の団地を親子でスケッチ。子供が4歳になり少しききわけがきくようになり、『遊んで~。遊んで~。という要求から解放されて持った束の間の時間でした。

過去の作品2007 (4)

 山田雅夫氏の本を買って、手軽に短時間で描けるペン淡彩画がいいかなぁ~。』とか・・・、

新15分スケッチ練習帖【基礎ドリル編】
新15分スケッチ練習帖【基礎ドリル編】
クチコミを見る

過去の作品2007

BlogPaint

 『時間はかかるけど、繊細に描くのがいいかなぁ?』とか・・・、試行錯誤していた感じ。

過去の作品2007 (5)

 今回の『断捨離(片づけ)』のヒントは流行りの『こんまり先生』。

 とは言っても、『本を買ったら物が増える!と思って、金スマ』と人から聞いた『噂から『多分こんな考え方だろう!と推測して・・・というセコくいい加減なモノ。(←「本買え!」)

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法
クチコミを見る

過去の作品2007 (6)

 なんとなく感じた片づけの法則は・・・

 捨てられない事=

 「収納しにくい!探しにくい!出しにくい!のストレス」

+「物を把握していないストレス(同じものを買うとか)」

+「『いつか片づけなければ!』と思うストレス」

+「嫌な思い出を想起させるものを見るストレス」

 捨てられない物×80/100≒『想い出の物』+『いつか使うと思うけど使わない物』

 ∴ 捨て下手=片づけ下手=「捨てられない物」に「必要な物」と「住人」が遠慮して生活するストレス

 ∴ 収納上手≠片づけ上手

 ∴ 捨て上手=片づけ上手

過去の作品2000

 ポイントは・・・

 『捨てることに哲学を!「MOTTAINAI」より「ときめき」を!』

 ・・・かな?(←「本買え!」)

 ということで、新たな気持ちで絵を描けそうな予感

ブログ村のランキングが上がりますので、
押してくださ~い! 
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。