水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 先日、自分へのクリスマスプレゼントにと遂に購入してしまったシュミンケ。

 「トランスルーセントイエロー」と「トランスルーセントオレンジ」はチューブで購入してバックにたまに使っていましたが、24色セットで風景画は初体験。

 どんな使い心地だろう?ウィンザー&ニュートンとそれ程変わらなかったらどうしよう。なんて心配はぶっ飛んで、画面がキラキラ光るような発色の良さに驚く。

透明水彩画「美山の秋」製作途中 (2)

 来年の展覧会に出品する透明水彩画「美山の秋(京都府 南丹市)」(ウォーターフォード ホワイト 荒目 F6サイズ)の制作途中です。

透明水彩画「美山の秋」製作途中 (1)


 今年の春ごろまではこんな感じで制作途中もブログアップしていたなぁ~。母が一年前の今日、もう一回倒れて、淡々と本制作するペースは一気に崩れたけど、それにしてはなんとかいろいろと芸術活動をしてきた不思議な一年だったなぁ~。

2011-12-21 18-23-12

 明日、完成を目指していますがどうなることやら、着彩途中はいつもとっても不安です。久々に本制作すると、プレッシャーですね。それもあって、なかなか取り掛かれずにいました。

 これを機に淡々と本制作していけたらなぁ。

.。o○o。.★.。o○o。.☆

「シュミンケ トランスルーセントオレンジ&イエロー」を使った作品

↓ 初使用。あまりの発色の良さに透明水彩絵の具と思えず驚いた。
透明水彩画で「イ・サン」完成

↓ 少しだけオペラ(ホルベイン)を混ぜて、バックを塗りました。柿にはトランスルーセントオレンジも少し塗っています。発色がとっても良くなりました。

 
20111022SMsize

 この二色お勧めです。

ブログ村のランキングが上がりますので、
クリック応援是非お願いし致しま~す。
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. 杜しま
    • 2011年12月25日 22:53
    • 早速行きましたね、シュミンケ。
       筆でハーフパンをなぞったときの柔らかさがまず違うのが最初のびっくりですね。
       メーカーそれぞれ特徴がありますが、シュミンケはすべてのよさをあわせもっているような絵具です。セザンヌというドイツ製の紙との相性がいちばんのようです。
       特にニュートンとはいちばん大きく違うように感じます。とはいってもニュートンは多くのプロの常用になるだけにいいところもあります。
       各種の画材を自分の表現したいイメージで使い分けすると楽しいです。
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年12月26日 07:05
    • さすが!画材研究家 社しまさん!

      >  筆でハーフパンをなぞったときの柔らかさがまず違うのが最初のびっくりですね。

       確かにそれを感じました。ウィンザーのコットマンなんて、プラスチック?と思うくらい溶けてくれない色がありますが、シュミンケはトロトロ溶けてくれますね。

       ウィンザーは、私が好きな「渋い絵」に合いそうです。泥臭い、どじょうの水彩画…(野田総理か!)みたいな感じ。

       シュミンケは、キラキラした感じ。特徴がわかれば使い分けも楽しいですね。どちらも私が好きな「深い絵」には適していると思うので、いい感じです
    • 3. watercolor
    • 2013年01月15日 22:59
    • シュミンケですか。
      私はウィンザーニュートンを使っています。(コットマンとアーティスト)
      シュミンケはドロドロに溶ける。アラビアゴムが最高級のスーダンのものを使っている。ウィンザーもそれを使っているそうです。
    • 4. KUROKAWA
    • 2013年01月16日 07:17
    • watercolorさんはじめまして。

       これはかなり過去の記事で、今はホルベインとウィンザーニュートンのチューブをメインに使っています。シュミンケはまだ扱いきれなくて、コレクションとして持っている感じです。人からお勧めの色を聞いて、それを買ってみています。スーダンのアラビアゴムとは知りませんでした。原材料にこだわる分、高くなっていく感じですね。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。