水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 透明水彩画作品「京都 祇園 白川」F8サイズ クレスター水彩紙

 展覧会に出品する目的で描きましたが、塗り重ねすぎたことと、実際に見た光景ですが、とってつけたような感じなので、展示を見送った作品です。

透明水彩画『京都 祇園 白川』

 皆さん、こんにちは!

 いよいよ、人生初の展覧会まで一週間に迫りました。

  ・・・といっても「のんびり絵画サークル」の展覧会に便乗させていただく形で、猫の額ほどのスペースですが、壁に5作品、イーゼルなどに5作品、ポストカード作品集で20作品、その他掲示物にチョコッと印刷したりして、この趣味を始めた昨年8月からの主な作品、風景・人物・静物・花のモチーフ、ほぼお見せできるかと思います

のんびり絵画教室展 (1)

 未発表の新作の他、スケッチやパンパステル作品も展示します。可能であれば、前記事で取り上げた「牛乳パックパレット」の現物と、その作品達も展示しようと思っています。

 
☆゚+.☆゚+.展覧会詳細☆゚+.☆゚+.

 期間 2011年9月2日(金)~7日(水)

 時間 10時~18時(最終日のみ17時まで)

 場所 くずはアートギャラリー(枚方市 くずはモール本館3階:最寄 京阪本線樟葉駅の前)


大きな地図で見る

 『芳名録』も設置していますので、お越しの際は差し支えなければ記入していただけたら嬉しいです。

 私はすべての日の午前中は、来客応対等していなければ、会場に居るつもりです。(・∀・)つ

 実物でお見せできるものを携帯しようと思っています。

 皆さんのお越し、お待ちしておりま~す。ヾ(=^▽^=)ノ

※京阪本線樟葉駅は特急も停車する便利な駅です。くずはモールはその目の前にあります。駐車場も沢山あります。交通アクセスに関するページへのリンクです。↓
http://www.kuzuha-mall.com/access/access_car.jsp

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

 ところで、前回の牛乳パックパレット、再び開くと反対側にも絵具がついてしまい、スケッチブックに挟み込めない事態に

 う~ん、やっぱり、実際にやってみないと、わからないものですね。内側に折って直すのだったかなぁ?いや、そうでも無かった様な・・・

2011-08-26 10-01-10

 ・・・というわけで、ちょっと改良してみましたぁ~。

 三面にして、右側を織り込み、紙を挟む左側には、絵具がつかないようにしてみました。

 絵具も、三原色を2種づつと、アースカラーの茶色、黄土色の8色をマッチカラーからチョイスしました。

2011-08-26 11-11-08

 以上、続編でした~。

☆★☆★☆★☆★

 全く関係ありませんが、うちの子供は今日から学校でした。

 そして、今年初めて気付いたことがありまして、それは、夏休みの工作って最近は街の工作イベントや宿題用のクラフトキットでまかなうのが主流っていうことに驚いたんです。

 昨年は材料を一から買いに行って、数日かけてミニチュアを作りました。

↓外箱はそうめんの箱です。
サイズ変更2010-09-18 15-40-19

↓恐竜のパン屋さんの厨房です。
回転2010-09-18 15-42-42

↓「安全第一」「愛情製法」
回転2010-09-18 15-43-02

↓卵の殻を使ったりもして
回転2010-09-18 15-46-50

↓エントランス
回転2010-09-18 15-47-17

↓現実にはありえない、ホットケーキとサンドイッチ。大人も憧れる、一度は食べたい、原始時代の肉もここでは売っています。
回転2010-09-18 15-48-02


↓制作中に大トラブル発生、あの、漏れたらやっかいなことになる「レジン液」が徐々に漏れ出し、机などがベチャベチャに!本当はもっと水がある設定でした。
回転2010-09-18 15-48-52

↓厨房ビュー。
回転2010-09-18 15-52-52

↓レジビュー。
回転2010-09-18 15-53-20

↓右下の恐竜は泥棒という設定です。
回転2010-09-18 15-55-28


 さらに、市町村の陶器でペン立てを作るイベントと、木工玩具を作るイベントにも参加させたんです。

 夏休みの工作の展示会を見に行くと、イベントで作ったペン立てがあっちにも、こっちにも、チラホラ・・・。「えっ 土をこねて、伸して、寸法どおり裁断までしてあって、実際にしたことと言えば、底と側面をくっつけて模様描いただけなんだけど・・・。窯入れも、窯出しも立ち会わなくて良かったし・・・

 「簡単に済ませる子もいるのねえ~と、思っていたら、一昨日あたりABCクラフトという地元の大手手芸店へ、母子連れが入るわ入るわ。そこで、業者のイベントに手ぶらで行って二時間ほどで完成させるのが主流なのか!」ということに初めて気付く鈍い私

 昔は一から紙粘土や木工や廃材で、親に手伝ってもらったりしつつも、時間かけて作って行ったりしてたけどなぁ~。今はそんなゆとりないのね~と、悟りました。昔は爪楊枝で五重塔とか作ってきた男子もいてたけどなぁ~

 ・・・ということで、今年は展覧会の準備で忙しいのもあり・・・

この棚から選ばせましたぁ~。( ̄▽ ̄;)!! 
 怠惰な母で御免なさ~い。
 昨年の頑張りとシェアしてね
 来年は一緒に作ろうね

2011-08-24 11-04-41

ランキングが上がります。
是非ともワンクリック応援お願いしま~す!!
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. ゆうこりん
    • 2011年08月27日 21:19
    • 20作品と言うと立派な個展じゃあないですか~

      ワクワクしますよね!


      それにしてもKUROKAWAさんのミニチュア工作凄いし素敵~

      恐竜たちが居るところが面白い!!

      教室でもこう言うのいつかさせてみたいです(^O^)/
    • 2. クラゲ
    • 2011年08月27日 21:25
    • コメントありがとうございました
      あ…この絵は展覧会には出されないんですね☆
      でもこの絵好きですよ

      とってつけたようには見えないし、左上の紅葉の葉が、そんなに描きこんでないのに
      凄くリアルに見えて綺麗だし、水面の色も綺麗だし
      実物を拝見したい!と思った絵ですよ(≧ω≦)b

      そして昨年の夏休み工作すごぉぉぉぉい
      1つ1つの小物に至るまで、凄く細かく作られてるし世界観もいい(*´Д`*)
      欲しくなっちゃう工作レベルですわっ

      原始時代の肉&ホットケーキ欲しいわ…
      ところどころにある看板も凄くいい☆☆

      あと個人的にウケたのが泥棒の恐竜ですね(≧∇≦)
      ドラマを感じますねっ♪

      しかし…KUROKAWAさんもお子さんも、その器用さに感動します

      展覧会、楽しみながら頑張って下さい
      近くだったら拝見したかったなぁ〜〜☆
    • 3. KUROKAWA
    • 2011年08月27日 22:13
    • ゆうこりんさん、コメントありがとうございます。

      20作品はポストカードサイズですし、一つ一つ額に入れれば映えると思うのですが、壁面は5作品のみなので、ボードに張り付けてイーゼルに立て掛けるつもりです。多分、学園祭みたいな展示になると思います。

      ミニチュア作品、楽しんでいただけてうれしいです。
      低学年だと、子供だけでというのは無理がある・・・でも親の作品になってはダメだ・・・

      と、思って、半々で一緒に数日かけて作りました。今ではいい思い出です。
      ゆうこりんさんの教室でも、ミニチュア是非されてみてください。
    • 4. KUROKAWA
    • 2011年08月27日 22:26
    • クラゲさん、コメントありがとう。

       この絵の事、認めていただいて嬉しいです。
       絵って、自分ではホントわからなくなりますね。
       特に展覧会に出すという前提で描くのは、すごいプレッシャーですね。
       この一年、水彩画を通していろいろな事を経験させてもらって、ほんと良い勉強になりました。

       工作も楽しんでいただけてうれしいです。ブログとミニチュアは作っていると、ドンドンアイデア・・・というか、ギャグ?が頭に浮かんできて、全部盛り込みたい貪欲さが功を奏して、作る原動力になっています。

       原始時代の肉は死ぬまでに一度は食べたいのですが、どうやって作ったらいいでしょうね?

       こういう物系の趣味は作った後、「何処になおしとくねん!」という状態になるので、やめてしまいました。絵、特に水彩画は場所を取らないので

       絵も楽しんで見入ってもらえるものを目指しています。(難しいですけど)9月の展覧会、お互い成功するといいですね。



       
    • 5. 杜しま
    • 2011年08月28日 13:35
    • こんにちは、杜しまです。
       いよいよですね、それにしてもずいぶんたくさんの出品、個展みたいですごいです。いろいろな人とのふれあいが楽しいですよ。
       ミニチュアもまたたいへんな作品ですね、アイデアも素敵だし仕上がりもすごい、きっとお子さんは最高賞をとられたことでしょう。
       
       自分の画集の原稿を出してほっとしています。部数をいくつにするかあれこれ考えています。費用は部数にはそれほど関係しないのですが、だいたい個人出版なんてのは売れるものではないしたくさん刷ってただでばらまいてもゴミにされるのがおちだし・・。300部くらいが妥当かなというところです。
    • 6. KUROKAWA
    • 2011年08月28日 20:41
    • 杜しまさん、コメントありがとうございます。

       おかげさまでいよいよです。でも、「のんびり絵画サークル」さんも、くずはアートギャラリーでは初めてとのことですし、ディスプレイが思い通り行くことを祈るのみです。

       沢山といっても、F4~の作品は10点だけです。他はポストカードや、印刷物の端に居れたりして、苦肉の策で合計40点程という感じです。スケッチブックに入れて現物を携帯するつもりですので、私が居る時に来られた方にはそれもお見せできるかと思います。来客も含めて、どんな感じになるかドキドキです。

       夏休みの工作は、とりあえず一定期間展示されるだけで、賞は無かったです。作ったはいいが、収納場所に苦心しています。

       画集も大詰めなのですね。300部というとすごいですね。一冊どのくらいのお値段で売られるのでしょうか?ちょっと気になります。永山裕子さんが自主出版されたのは1500円でしたが、画集は上がありませんよね。

       フェイスブックでは順調に人気なので、世界で売ったら結構売れると思うのですが、個人ページでネット販売している画家もいますが、システム構築が難しいですね。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。