水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


ブログネタ
私の透明水彩画 に参加中!
2011-06-15 11-04-12

  母(認知症あり・車椅子生活)の入居施設から、団体で淡路島一泊旅行に行きました。梅雨の最中でしたが晴天で、鳴門では渦潮も見ることが出来、とても恵まれた旅行となりました。

  当初は隣のデイサービスに行くだけでも不安だったのに、母の体調も安定して旅行に行けるまでになったことはキセとしか言いようがありません!


2011-06-14 09-18-06

 当初は「『旅行』なんて、とても無理!!と思っていましたが、『青山シニアトラベル』という高齢者専門の旅行社があり、さらにこの様な車椅子対応型の大型観光バスを所持しているバス会社まであるのです!!!

 施設の人も、最初は「行けるかどうか?」と思っていたらしいですが、旅行会社の説明を聞いて、「これなら行けるかも!!と思ったとのこと。 

2011-06-14 09-18-18

 「旅行では私が母に気を使い続けなければならないのでは?という心配がありましたが、職員さん一人が付いて、車椅子を押すことすら原則不要で、看護師も同行し、体調管理から着替え、入浴、食事介助、オムツ交換、何から何まで拍子抜けするくらい、介護への気遣い無しに同行して旅行を楽しむことができました

BlogPaint

 当初のトイレ休憩では、高齢者はバスの乗り降りがあるので、「もうええわと遠慮していましたが、立っても乗れるこのエレベーターのお陰で、気楽にトイレ休憩を取るようになりましたよ。

2011-06-14 10-40-10

 バスは明石海峡大橋を渡り、一路淡路島へ!!

2011-06-14 11-21-54

 明石海峡公園に到着です!

 淡路島は作りで有名だったんですね。

2011-06-14 11-47-16

 このトレインに乗るのです。「本当に乗れるの??」心配でしたが、後ろに車椅子用の乗り入れ口があるのです。しかし、車椅子は複数人、心配しましたが施設の人達の機転で、工夫して全員乗車!!

2011-06-14 11-48-48

 園内は過去に「花の博覧会」が開かれた場所です。賛否ありましたが、花を見て「ふ~ん」の人は価値が無いかも知れないけれど、花の手入れをしたことがあったり、興味がある人にとっては、ほんの数メートルでも「すご~い!」となるのだと思います。そういう意味では「倉敷チボリ公園」も残念でした。

 ちょっとブレイクタイム 

 保育・介護の質や、絵画制作・指導の対価にも言える事だけど、『見えないものへの価値』と経済的な運営を両立させるのは難しいですね。思いやりや感謝の心は人其々、でもそれに気付かず疎かにしたら世の中必ず悪くなりそう。見えないものをいかに可視化するかが考えどころ。

 ゆうこりんさんのブログ→「見えないものの価値」の記事へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 沢山のアジサイが見頃を迎えていました。

 綺麗に手入れするのは本当に大変なこと。素晴らしかったです。

2011-06-14 12-04-49

2011-06-14 12-08-49

2011-06-14 12-12-18

2011-06-14 12-12-30

 カモ達もくつろいでいます。羨ましいな~。

2011-06-14 12-16-43

 昼食はなんとウィスティンホテル!あのサッカーイングランド代表の宿泊地です。

2011-06-14 12-43-44

 これが、かの有名なベッカム様のサイン。あの頃は子供が赤ちゃんだったので、風呂上りにはベッカムヘアーにさせてたっけ

2011-06-14 12-44-03

 バーで食事ですよ。信じられません。老人達の旅行団体ととても不思議なコントラストを醸し出していました。何故か皆、雰囲気にのまれてか、食べ物をこぼさず食べたんですよ。職員さんも不思議顔。

2011-06-14 13-31-53

 『和牛のしぐれ重』美味しかった。母も全部食べていました。

2011-06-14 13-01-42

 バーの窓から見えるのはやっぱりラグジュアリーな異空間

2011-06-14 13-30-07

 次は『淡路市立陶芸館』で陶芸体験です。

2011-06-14 15-09-15

 これは私の作品ではありません。皆さん、かなり高齢の方々なのですが、こんなおちゃめな作品を作るなんて素敵!!カワイイ~

2011-06-14 15-07-51

 旅館は洲本温泉「夢泉景」なんと、あの、『♪ホテルニュ~ウ ア~ワ~ジイ~♪』のCMでお馴染みのホテルの新館だったのです!!!車椅子もお洒落ですね。

2011-06-14 16-05-13

 ヨットハーバーが見えます。一度水彩画でも描きたいですね。

2011-06-15 06-18-49

 なんとこのホテル、リフトつきの温泉があるんですだから、体の自由の利かない人でも介助さえつければ入れるんです。すごいですね~。施設の職員さんは大変ですが、母も温泉に入浴することができました。

~~~~~~~~~~~~~~~

 翌日、福良港までバスを走らせ、「日本丸」という船で渦潮観光です。

2011-06-15 10-08-14

 旅行社の人、何度も行ってるのに、初めて渦を見たとか。本気で感激されていました。

 皆の普段の行いが良かったのか、晴れだわ渦潮は見えるは、最高のシチュエーション!!

2011-06-15 11-04-12

2011-06-15 10-57-38

 観光地も、体の不自由な人に優しい環境になりつつありますね。欲を言えばもっともっとと、要望はありますが、一昔前なら考えられません。街中でも車椅子の姿をよく見るようになってきましたね

 ただし、ここだけは人力でした。

2011-06-15 11-34-33

 最初は不慣れだった昇降作業、昇降するほうも、されるほうも、妙に慣れてきてスムースに。人間、どんなことにも慣れるものですね。

BlogPaint

 展望レストラン「うずの丘」で、食事です。淡路島で捕れた新鮮な魚介類の串しゃぶ。淡路島は玉葱の産地で有名。食事には玉葱がいつもついています。秋は北海道、春は淡路島が収穫時期だそうです。

2011-06-15 12-23-17

 人形浄瑠璃の見学もありました。美しい人形、一度絵に描いてみたいです。

2011-06-15 14-02-02

 最後は明石海峡大橋の見えるサービスエリアで記念写真です。素晴らしい眺めでした。

 実は、この旅行の前日まで体調を崩していて、旦那からは「やめとけ」と言われたところ、無理して参加しました。予想以上に楽しめた旅行、もっと万全の備えで挑めばよかったと、後悔も少しあり・・・

 来年も行きたいな。そのときまで母も元気でいればいいのだけれど

BlogPaint

 「入居者其々の人格を尊重した介護」等々、あまりにも理想的過ぎて、素直に信じて裏切られたら悲しいので、正直、半信半疑で入居した施設。しかし、職員さん達は、仕事は大変だろうに、認知症が入っている母に対しても、細やかに意思確認しながら接していただき、ほんとうに感謝している今日この頃。

 お花見や誕生会やお茶会なども企画し、それだけでもありがたいのに、ついには旅行まで。(施設初の試みに皆がチャレンジャー!) 本当に素晴らしい施設に入れて感謝しています。

 人手不足もありますし、決して楽な仕事ではない。理念を守っていくのは相当な努力が必要だと思いますが、今後とも是非頑張っていただきたいです!(そういうの無いところでは、酷いことも経験しているので…

 そうだ!施設に飾る絵、早く描かなくちゃ!!

↓ お願いしま~す!!
  こちらのブログもワンクリック応援してくださ~い
 
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. ゆうこりん
    • 2011年06月16日 20:30
    • 淡路島、行った事ないのですが良いところですね~

      充実の旅の様子が伝わって来ました

      お母様も喜ばれたことでしょう

      バーで食事のところはすみません笑ってしまいました

      KUROKAWAさんの優しさも伝わる今日のブログでこちらも心がほっこりしましたよ~
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年06月16日 20:44
    • ゆうこりんさん、ありがとうございます。

      今日は介護ブログということで。でも、絵の題材に出来そうな写真も沢山撮れたので良かったです。一石二鳥です。

      バーで食事、びっくりするでしょ。ピアノも置いてあって、お酒も沢山並んでいるカウンターも。しかも、あのウィスティンホテル!!のラグジュアリーな空間ですよ!!!ウェイトレスのサービスも一流でした。着物着てたかなぁー多分。

      でも、どんぶりというところが、これまた笑っちゃうでしょ。

      ギャグばかりじゃないということで、介護ブログ!!えっつ?「本題は水彩画でしょっ!!」って??
    • 3. 杜しま
    • 2011年06月16日 22:53
    • こんにちは、杜しまです。
       親孝行できましたね、”孝行をしたい時には親はなし”ですから。
       私の母、87歳はとんでもなく元気です、被災証明は自分でとるし取り壊し契約も自分でこなし、バスに乗って美容院でおしゃれしてくる。まあありがたいことです。
       こちらは梅雨前のいっときのさわやかな空が絵心を刺激してくれます。
    • 4. KUROKAWA
    • 2011年06月17日 07:51
    • 社しまさん、おはようございます。

       お母様、お元気そうでなによりです。親が元気だと、50になっても60になっても、子供でいられるなぁ、物事に集中できるなぁと思います。有り難い事です。母は不幸にして69で倒れてしまいました。私もフルタイムで働いていた仕事を辞めました。私も含めて第二の人生を模索中ですが、母については不幸中の幸いの選択をしてあげれたかなぁと思っています。
    • 5. 山本 蓉子
    • 2011年06月18日 10:40
    • お母さんを鳴門の渦潮、淡路島ウエスティンホテルと愉しい親子ずれの姿が目に浮かびました、介護も大変でしょうが、こうゆうひと時も大変心に残り私もほっこりしました。貴方達が宿泊したホテルは昔主人が建築に携わった思い出の建物です。7月5日また皆でお邪魔する予定です。その時にお会いし新しいて思い出を作りましょう。素晴らしい水彩画の作品もびっくり感動しました。お元気で・・・・・・・
    • 6. 長谷やん
    • 2011年06月18日 16:32
    •  いいブログです。旅行のあれこれも楽しいし、貴方の心遣いの端々も感心します。目の前の現実をいくら嘆いていても悲しくなるばかりです。私も近頃は老朗介護を楽しんでやれ・・と思うことにしています。
    • 7. KUROKAWA
    • 2011年06月18日 17:54
    • 山本様、コメント有り難うございます。

       まさか、旅行に行けるまでになるとは思いませんでしたので、ほんとうに良い思い出になりました。母の回復もありますが、施設運営会社、介護職員、看護師、旅行社、バス会社、旅館、旅の先々でおかゆも準備してくれていた食堂、様々な人の協力で成り立ちました。次回あるかどうかわかりませんが、体調万全でまた参加できたらと思います。建築に加わったのですね。リフトつきの温泉旅館、良い試みだと思います。今後はそういった方向に世の中向いていけば、高齢化社会も悪くないと思います。

       夏、また会いに来てくださるとのこと、母も喜ぶと思います。有り難うございます。
    • 8. KUROKAWA
    • 2011年06月18日 18:02
    • 長谷やんさん、コメント有り難うございます。

       お褒めいただき、光栄です。なにかにつけて大変な介護ですが、介護するほうも、されるほうも、老朗介護になればいいですね。

       私は以前の仕事柄、施設職員さん達の『腰痛』が心配。健康な体でこそ高いモチベーションが宿ると思いますし、ベッドで位置をずらす時の前かがみで人を一瞬持ち上げる動作、あれがなんとかならないかなぁ。良いグッズが開発されないかなぁと日々思っています。蓄積した腰痛は労災なかなか難しいですし、頑張った人が腰痛で苦しむ姿は見たくないので。
    • 9. 青山シニアトラベル
    • 2011年07月28日 16:30
    • その節はありがとうございました♪
      添乗員として同行させていただいた、青山シニアトラベルの後藤と申します。アンケートを拝見し、こちらのブログに旅行の事が掲載されていると知り、お邪魔しました。ブログを拝見し、淡路島旅行の事を昨日の事のように思い出させていただきました。
       
      私も「シニアトラベル」としてブログを更新しておりますが、うまくブログに旅行の楽しさを表現できず、意味のないブログを、ただつらつらと書き連ねているわけでして・・・
        
      是非ともKUROKAWA様の旅行記を、うちのブログででも紹介させていただきたいのですがよろしいでしょうか?  
        
        
      またいつの日か、ご一緒できる日を楽しみにしています。
      本当にありがとうございました。


         
         
    • 10. KUROKAWA
    • 2011年07月28日 16:52
    • 後藤様、こちらこそ、その節は有難うございました。

       一時期はすぐ隣のデイサービスにも行けるか不安だった状態の母が、貴社の企画の助けを借りて淡路島旅行までできるようになるとは、夢にも思いませんでした。

       そして、母とのとても良い思い出になりました。

       施設職員の方々も、最初企画を聞いたとき、可能かどうか驚いたと言ってました。多くの人の協力無しでは成り立たない旅行。月にでも行くような旅行ですが、現実のものとして企画と取りまとめをされて、素晴らしいお仕事!

       ブログ記事はリンクしていただいて結構です。貴社の事業の一助になればと思います。

       またお世話になる機会があるかも知れません。今後ともどうぞよろしくお願いします。貴社の益々の発展をお祈りしています。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。