水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


アリの歩みのスケッチパースロゴ

アメブロ「KUROKAWAの透明水彩ノート」(←リンク有)の方にもアップしましたが、画像が見辛いのでこちらにもアップします。

プロローグ

 昨今、「スケッチしましょう。」「スケッチしましょう。」とテレビや出版物でもてはやされているが、現場スケッチって意外と難しい。


 暑かったり、寒かったり、虫が飛んで来たり、通行の邪魔になっていたり。時間も限定され、食事や、トイレ事情のこともある。女独りで淋しいところも恐いしね。


 そんなこんなで、理屈では簡単なことでも、現場に行くとスポーンと飛んでしまい、慣れている者でもパース線を大きく間違っちゃうことも。

↓これも、結構狂っている。
透明水彩画スケッチ「京都祇園しんばし」

 前に出席したSSC(水彩スケッチクラブ)研究会でもパース遠近法のことが取上げられていた。「ちょっとでも描きやすくなる方法は無いものか?」帰り道にいろいろ考えて、電柱にぶつかりそうになった。


本編


 そこで独断と偏見で考えたのがこれ。(クリックすると画像が大きくなります。)


1.技法書ではこういう表記が一般的と思います。「『目線=消失点=水平線』であり、消失点からすべては放射線状にこちらに向かってくる。」ということ。


遠近法について


2.これって、正しいことなんだけど、サハラ砂漠などの大平原では混乱がないが、特に街並み等、身近な風景を描くとなると、大混乱に陥ってしまう。


遠近法について (1)

3.例えば、京都や奈良の古い街並みに行き、消失点を発見し、パース線を引いていくことってなかなか難しい。横に海の地平線が見えるような港町ならいいけど)


 それと、「地上線(一番遠くに見えている地面のライン。私が勝手に名づけている。)」と水平線を一緒くたにしてしまうことも結構ある。


遠近法について (2)

4.そんでもって、人も入れるとなんだか変な感じになり、建物同士や人との縮尺も合わなくなり、全く逆の角度でパース線を引いちゃったりなんてことに。

遠近法について (3)


5.あまり混乱無く描くにはどうしたらいいか、京都は祇園の写真で考えてみた。


2011-05-09 10-34-01


6.そうすると、「何よりも「目線」が大切」と思うことが大切ということがわかった。これは何も「流し目線」とかいうことではないのであしからず。


 まず、「目線」は遠くに自分がいたとして、その自分の目の位置の水平ラインを見つける。それがすべての基本ラインになる。


遠近法について (4)


7.それから「地上線」を見つける。これも遠くに自分がいたと考えて、足元の位置の水平線になる。勝手に名づけた。


遠近法について (5)


8.それから、これは私の独断と偏見で、一番奥に「四角の枠」を設定。そして、その枠の四隅から、「目線」より上は斜め上に、「目線」より下は斜め下に、パース線が引かれてゆく・・・と考えてみるのはどうかなぁ?(自信無いのか!)


遠近法について (6)


9.実際の写真に線を引いてみたのがこれ。


 緑ラインが「目線」。中央遠方に小さく見えている男性も、左方遠方に見えている男性も、右側のSSCのお仲間も、手前の女性も、皆、同じ水平ラインで頭を貫いている。(背丈の違いで多少ずれます。)


 赤ラインの「地上線」「四角の枠」の下線になる。(この写真はちょっと複雑ですが・・・)


 青ラインは、SSCのお仲間の立っている足元の位置です。同じ場所に立っていると、足元のラインも揃います。


 オレンジラインは、女性の立っている足元位置。左側の杭と縮尺がおかしくならない様に注意する必要あり。(例えば、超巨大郵便ポストや、人が入れないドア等)


遠近法について (8)
 10.厳密に言ったら邪道かも知れないけれど、大きな間違いは防げるし、不自然に見えないレベルにはなるかなぁ?と。パースがキッチリしすぎていても、絵が冷たくなるので、ちょっと狂っているくらいが、温かみがあっていいと思うしぃ。


 でも、狂いすぎると潜在的に「不安」を感じる絵になってしまうので要注意。ここら辺が難しいところですね。


遠近法について (7)

エピローグ


「目線→地上線→四角の枠→パース線→人物(足元線)→建物同士と人物の対比確認」


 というのが結論だけど、実際のスケッチでの活用はまだまだ不足。ホルベインのスケッチ会だけです。これからいろいろ描いて検証してみたいと思います。


次回は俯瞰図や見上げる構図のパースを考えてみようと思っています。


↓ワンクリック応援お願いしま~す。
 
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ノエル
    • 2011年05月19日 22:36
    • なんだかすごく勉強になりました。
      実際スケッチに行くと、理論が飛んでいってしまうんですが・・・。
      目線、地上線の次の四角い枠がなるほどと思いました。
      空間は平面の連続なんですねぇ・・。
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年05月20日 07:48
    • ノエルさん、コメント有難うございました。

      > 実際スケッチに行くと、理論が飛んでいってしまうんですが・・・。

      そうですよね。「消失点」なんて見えませんもの。私も結局は「適当」になってしまいます。

      > 目線、地上線の次の四角い枠がなるほどと思いました。
      > 空間は平面の連続なんですねぇ・・。

      ありがとうございます。これも、いろんな場所があるから、ほんと適当な感じの「四角の枠」ですが、「消失点」はわからなくても、それならまだ想定できるのじゃないか?と思いました。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。