水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


ブログネタ
私の透明水彩画 に参加中!
 若葉生い茂り、風薫る五月の晴天、水彩スケッチクラブにて、京都は祇園でスケッチ会がありました。

↓小さいけれど有名な観光スポット「巽橋」です。
透明水彩画スケッチ「京都祇園巽橋」

↓「南座」の前に集合です。
2011-05-09 10-05-50

「南座」から撮影しています。京阪「祇園四条」駅上がってすぐの場所です。奥の四条大橋を渡れば、鴨川を挟んですぐ阪急「河原町」駅があり、交通の要所となっています。
2011-05-09 10-07-29

↓右に目をやると「北座」が!「あれはいったい何なのだ?」
2011-05-09 10-07-02

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 淡彩画でサラサラと5枚程は描こうと思、通常のF4ではなく、サムホールのスケッチブックを持参。

 しかーし、相変わらず手が遅く、午前と午後の二枚の収穫に終わりました。

 (;´Д`) いいアングルで描こうと思うと、立って描かなければならず、足の筋肉が限界。

。・゚(゚`Д)゙ 片手でスケッチブックと絵具とパレットを持って、腕の筋肉が限界。

(´-д-;`) 木から得体の知れないものが落下してくるし・・・。

(/TДT)/ 虫は飛んでくるし・・・。

゜゜(´□`。)°゜。 修学旅行生を乗せたタクシーは突っ込んで来るし・・・。

↓自作の三原色スケッチセットだったし・・・
携帯絵具セット

 と・・・・・・・・・・言い訳を沢山していますが 午後の一枚はさぞ上手く描けたんでしょうなぁ?」ですって?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はいはい、まずはこのお店で腹ごしらえ。

 ここなかなか良かったです。「花見小路」の入り口の真向かいの地下。絶好の立地。店内は広々していて寛げましたし、なかなかの穴場です。
インド料理マハラジャ (1)

 990円のスペシャルランチをオーダー。このチラシで400円するドリンクまで含んで、ナンはナンぼでもお代わり自由だし、なかなかお得です。しかも、美味しかった!今度はディナーに行きたい。

インド料理マハラジャ

マハラジャ ( 祇園四条 / インド料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  満腹だし、座ってるし、ちゃんとした水彩用具だし・・・・・。

↓ 万全の条件で描いたのが ハイ これです・・・。


透明水彩画スケッチ「京都祇園しんばし」


(ノ`Д´)ノ 「全然一緒やないかー!」「こんなん五十歩百歩言うねんやんかーー!!」

この差異の無さに自分でも驚く。まだまだ修行が足りませぬ

本当は私の憧れの淡彩を描かれる「京都スケッチ散策のOHさん(Okubo Hidemiさん)」の様に描きたかったのだけど。

ブログ 「京都スケッチ散策」←是非チェック!(祇園を描かれたものにリンクしています)

 最後の言い訳・・・「だって、目の前1.5メートル先でいきなり撮影始めるんだもん!」・・・という私も無断で撮影しましたけどね(御相子です)。

2011-05-09 14-36-54

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 以下は、「五月の京都祇園の風景」を、お楽しみください。

↓素敵な小路が続きます。
2011-05-09 10-28-54

↓川のせせらぎが美しいです。
2011-05-09 10-31-00

↓木漏れ日の表情がいいですね。
2011-05-09 10-30-19

「巽橋」「しんはし」界隈が見えてきました。SSCのお仲間も見えます。
2011-05-09 10-34-01

↓またもや結婚式に出くわしました。「辰巳大明神」
2011-05-09 10-36-15

↓先程の「辰巳大明神」の奥の道を覗くとこんな趣のある光景です。
2011-05-09 10-37-41

↓ここが噂の「巽橋」修学旅行が来るわ来るわ
2011-05-09 10-35-25

↓これはシャッターチャンス!とばかりに撮影成功
2011-05-09 12-19-52

↓信号を渡りながら撮影。「花見小路」へ向かいます
2011-05-09 12-26-32

↓右側の建物が赤色で好かったのですが逆光で真っ暗。残念・・・。
2011-05-09 12-30-15

↓最後は全員で見せ合いっこ。なかなかの力作が揃います。
2011-05-09 14-51-38

2011-05-09 14-52-45

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 フェイスブックに日本ブログ村でお馴染みの「みちのく風景スケッチ」(←リンク)社しまさんの作品を掲載したところ、タイを中心に結構な反響があった。1日程で20件以上の「いいね!」が付けられ、コメントも寄せられた。

 海外では、というか日本でも、有りそうであまり無い、言わば個性的な画風でありながら、日本人らしい美観と表現で、古き良きふるさとを描く。良い作品を発表できて嬉しい限りである。

 「みちのく風景スケッチ」社しまさんのアルバムへのリンク←ここをクリック

↓↓最近、めっきり下がり気味です。 ワンクリックいただければ感謝です。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. 杜しま
    • 2011年05月12日 16:02
    • こんにちは、杜しまです。
       後のほうはたてよこの線がはっきりしてますね。
       
       リンクありがとうございます。今のところこちらへは変化はありませんがそのうちなにかあるのを楽しみにします。フェイスブックは登録しないとログインできない仕組みです。

       まあどこにでもありそうな描き方でこちらではどこにでもある風景を描いているだけですがそれがいつのまにか個性になったのかもしれませんね。御支援ありがとうございます。
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年05月12日 20:40
    • 社しまさん、こんにちは。

      >  後のほうはたてよこの線がはっきりしてますね。

      ありがとうございます。

      > リンクありがとうございます。今のところこちらへは変化はありませんがそのうちなにかあるのを楽しみにします。

       いえいえどうも。反応は断続的にあると思います。タイのNitat Wattanakulさんは、ローマ字の日本語で、kirei,totemo kirei desu,kawai desu ne,tsugoi,ajisai mo kirei,と、一枚一枚に書いてくれました。

       地震後の光景には、kanashi desu kedo nihon no Beuty wa itsumo da.Gumbaru Nihon Jin da,とコメントしてくれました。

       私のブログも、直のコメントはなかなか入りませんが、フェイスブックにはコメントしやすいみたいですね。「富士山、芸者に忍者、着物!」とかわざと日本を売り出すよりも、自然体で描かれているから、いいのだと思います。
    • 3. 杜しま
    • 2011年05月12日 23:31
    • こんにちは、杜しまです。
       タイの方のコメント、興味深く拝見しました。南国の濃いきれいさと日本、特に北国の透明な色はまた違うでしょうから新鮮に感じられたのかもしれません。
       ありがとうございました。
    • 4. OHさん
    • 2011年05月13日 04:57
    • おはようございます。
      巽橋はもう何回も描きましたが、難しいですね。
      2枚目の方が色が薄いので好きです。
      立ちスケッチが出来れば何所でも描けるので凄いことです。
      祇園は一歩裏道に入れば人が少なくいいポイントもあるのでお勧めです。
      マハラジャはいつか入ってみたいと思いました。(≧д≦)・゚゚・。
    • 5. KUROKAWA
    • 2011年05月13日 08:05
    • 杜しまさん、こんにちは。

      >  タイの方のコメント、興味深く拝見しました。

       好評で、断続的に「いいね!」という評価が入ってきています。中には自分のページにリンクさせていつでも見れるようにする申請をされたり、(「タグ付け」という)その方は「MR.Shashima You got very beautiful @ great pictures.」というコメントをされました。
      「にほんの、ビューティーは、いつもだ」は、日本ととしてはおかしいですが、気持ちは伝わってきますよね♪
    • 6. KUROKAWA
    • 2011年05月13日 08:13
    • OHさん、コメントありがとうございます。

      なるほど!2枚目のほうがいいのですね。ネットにアップしてみると、2枚目のほうが若干好評の様です。色が薄いというのも参考になりました。やはり、余白や白い部分が大切ですね。ネットは自分の絵を客観視することができる点もメリットがあります。

      マハラジャ是非行かれてみてください。チラシがゲットできると、ランチドリンク無料です。レジに山のように積んでありましたが。

      地元に住んでいながら、祇園は花見小路の入り口しか知りませんでした。いいとこ沢山ありますね。また行ってみたいと思います。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。