水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日、7/8、7/29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回3月分振替6月3日10:00-12:30、6月24日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)、7月8日、9月9日、9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 大阪に本社があるホルベイン画材㈱さん、時々、スケッチ会やワークショップを開かれています。そのうちの一つ、パンパステルの使い方に親しむ講座を受けてきました。

↓完成後、先生にさらに『絵作り』として良くするポイントを聞いてみました。皆さんはどういった点だと思いますか?回答は記事最後に・・・
パンパステル画「静物」

 会社は大阪市内谷町九丁目にあります。建物は古~いビルヂング的様相。ホルベインは画材大手でありますが中小企業みたいな感じ。昔勤めていた職場(谷町四丁目)も近く、ちょっと懐かしい気持ちに。

2011-04-15 12-43-13

 多分、後付か?エレベーター無いかと思ったら、すっごい変な場所にあります。足の悪い方は無理して階段使わず社員さんに聞きましょう。1階の倉庫みたいなところに通されます。

私は周囲の画材を取って帰りたく・・・「駄目駄目!!」魔がさします

2011-04-15 12-43-31

 16名定員のところ参加者は7名。でもですよ皆さん!結構お得なんです。1回2,000円必要ですが、高い高いパンパステル(約800円)を毎回3個貰えて、一流の講師に教えてもらえ、手ぶらでパンパステル使い放題なんですもの。3割引で購入もできるし、お茶も出してくれるし

 至れり尽くせりで、いろいろ貰えるホルベインのイベント。私は大好き。あんまり宣伝に力入れていないからかなあ?2回目、3回目ありますので皆さんいかがですか?(要電話予約)

↓クリックすればめっちゃ大きくなります
ホルベインパンパステル講座 (3)

 講師は一見小柄な老婦人。しかーし、西村季子先生という西宮北口でパステル画教室を開かれている、パステル画歴40年のお方です。

 パンパステルはこれも驚く無かれ((ノ`Д´)ノ岡村か!)2009年にアメリカで開発されたばかり。まだ世に出て2年しか経っていない最新の画材!しかし、先生はパンパステルに惚れ込んで、普通のパステルとオイルパステルと併用されているとか。

 高齢になって体が動かしにくくなっても、パンパステルの性質の良さのお陰で60号を発表しておられるそうです

ホルベインパンパステル講座 (1)

 パンパステルの講座を受けるきっかけは「とっかかるにしてもめっちゃ高いこと。」「商品が多種類出過ぎていて、初心者には選定できないこと。」でした。講座を受けると随分いろいろとパンパステルのことがわかりますよ。

 今日はいろんな事聞いてきたので、もっと書きたいけれど、文字だらけになるので『フェイスブック』『ミクシー』にまとめた文章アップしました。

ホルベインパンパステル講座 (4)

 話変わりますが『フェイスブック』再開しました。「仕組みがイマイチ理解できないのと、一度入力したデータが完全に消去されないこと、単独で更新する時間が勿体無いこと。」で止めていました。

 しかし、ライブドアがブログをそのままフェイスブックアップできるサービスを始めたので、「『自動更新』なら」と思い再開。

 結果は、私の管理するページが二つ出来た感じに・・・。やっぱり良くわからない。皆さんからはどう見えますか?誰か教えてください。でも、水彩画をしている外国の人からコメントもらったり、友達になったり、ちょっといいこともあったので今のところ続けてみる予定。

一つ目のフェイスブックページはこちら。

二つ目のフェイスブックページはこちら。

ホルベインパンパステル講座


 パンパステルは、紙も選ばないし、水彩画・アクリル画・油絵をはじめ、普通のパステル・オイルパステルとも相性が良く、練り消しで消せるのでやり直しもでき、混色もできるし、自由自在な画材

 自由自在すぎて、「画材のせいで駄目だったぁ~と言い訳の効かない画材でもある。

 よって、『絵作り』という造形芸術の基本テーマが突きつけられるのです。ちまちませずに子供に戻った気持ちで描いたところ、先生から見たらちょっと雑に映ったみたい。うん、確かに『大胆かつ雑』に描いた。『大胆かつ繊細』じゃないとね。

ホルベインパンパステル講座 (2)

 先生はすごい!さすが40年の経験があります。私はうなった。パンパステルそのものの使い方はもちろんの事、『絵作り』の指摘が的確。裸婦描画教室の先生も同じですが、そこを直すと良くなるのです。やっぱこういうのは師事を仰がないと自分ではなかなか。

 手を入れて貰ったけれど、描く行為一手一手に意味があるし、私みたいに何となく五里霧中の中突き進むことはしませんね、プロって。カクロクさんや楢崎清春先生もそうだったなぁ。

 でも、先生は「人の絵はわかるけど、自分の絵はなかなかわからない。」とおっしゃってました。ちょっと安心。 

パンパステル画「静物」 (1)

 あっ、そうそう、指摘の点なんですが、「バックが『赤から黄色にグラデーションになってる状態』ではなくて、机の際まで赤っぽくすれば良くなるのでは?」ということ。テーブルと似たような色の感じになってしまい、画面全体が同じようになっているのです。

 そう言われればそうでしょう?
 次はスケッチ会に参加予定。

↓映像はこちら。


↓最近なかなか入らなくて。押していただけたら感謝です。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. ゆうこりん
    • 2011年04月15日 23:22
    • ホルベインの会社が近くにあるなんて羨ましい~~

      パステルは一応持っていますがパンパステルとかあるのですね

      フェイスブック・・・もうそこまではちょっと付いていけません
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年04月15日 23:28
    • ゆうこりんさん、コメント有難うございます。

      > ホルベインの会社が近くにあるなんて羨ましい~~
      意外にも大阪の会社だったんです。東京かと思ってました。

      > パステルは一応持っていますがパンパステルとかあるのですね

      私はパステルは持ってるだけで全然使ってないんです。でも、勤労婦人時代は画材を集めるのが趣味だったし、小遣いもあったので、ハード、ソフト、パステル色鉛筆、ワックスパステル、全部新品で持ってます。今はお金が無いのでそれをチマチマと使おうかと思っています。

      > フェイスブック・・・もうそこまではちょっと付いていけません

      ああ、どうもありがとうございます。世界の水彩画事情が見れるのが楽しいですが、ミクシーみたいに解りやすくないのが難点です。
    • 3. 杜しま
    • 2011年04月16日 12:11
    • こんにちは、杜しまです。
       研究熱心なこと敬服です。いろんな技術を身につけていくうちにきっと素敵な個性に結実していくことでしょう。
       ホルベインさん、国産のメーカーとしてこまかい商売なのにがんばってくれていますね。私はガッシュの36色セットを時々使用しています。
    • 4. KUROKAWA
    • 2011年04月16日 15:51
    • 杜しまさん、こんにちは。

      >  研究熱心なこと敬服です。いろんな技術を身につけていくうちにきっと素敵な個性に結実していくことでしょう。

       迷い道ですが、今のところ興味は尽きないので、苦し紛れに続けてゆくと思います。自分らしい絵がどんなのか解って、そこそこの技術とピュアな心で、自由に描けるようになりたいものです。

      >  ホルベインさん、国産のメーカーとしてこまかい商売なのにがんばってくれていますね。私はガッシュの36色セットを時々使用しています。

       ええ、企業としてパンパステル布教活動に精力的に頑張っておられます。まあ、何処の画材店でも見かけますが、まだ開発後2年とは知りませんでした。
    • 5. 野草ちゃん♪
    • 2011年04月19日 16:44
    • 柔らかくて、暖かい感じのする色調ですね。パステルはイマイチ苦手でしたが、これなら、私も使ってみたくなりました。「腕(技術)」がないとだめかなァ~。
    • 6. KUROKAWA
    • 2011年04月19日 17:52
    • 野草ちゃん♪さん、コメント有難うございます!

      パンパステル、一度試してみる価値はあると思いますよ。
      野草ちゃん♪さんの優しい画風に合うような気がします。

      私もまっさらな白だけ持っていて、まだ試していません。
      カクロクさんは、かなり使われているみたいです。

      これは、冒険でね。

      いつも、旺盛な更新ですね。すごいです。
    • 7. OHさん
    • 2011年04月20日 07:19
    • おはようございます。
      新緑で日に日に山の色も変わってきていますね。
      昨日は満開の御室仁和寺に取材に行ってきましたが、
      人も多く寒くて雨も少し降ってきてスケッチする気になれませんでした。

      ホルベインはいろいろ使ってきましたが期待を裏切られることが多く
      残念ながらあまりいい印象がありません。
      しかし何でも経験が大切ですから。。。^^¥
    • 8. KUROKAWA
    • 2011年04月20日 08:31
    •  おはようございます。昨日一昨日は、寒くて雨も降って久々に厳しい天候でしたね。

       OHさんとは、お会いしたことがありませんが、実際に現場に行かれて描かれているとのこと、スケッチをしている後姿が目に浮かびます。其々の現場で生み出される素晴らしい淡彩の数々、淡彩画の良さが最大限に生かされていることが絵から伝わります。

       ホルベインはそういう印象なのですね。確かに基本はホルベインから入ればいいですが、味わいのある色は外国の他社のものがいいですね。パンパステル・・・どうなんでしょうね。三原色でも大丈夫とは言われても、いろいろ欲しいのが人情、先立つものが必要です。シュミンケ並みの出費ですね。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。