水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


ブログネタ
私の透明水彩画 に参加中!
透明水彩画「かさこじぞう」お見舞いお礼
 ポストカードサイズ 透明水彩絵具 クレスター水彩紙

 週一更新とか言ってたけど、それ+ちょっと描いたらアップしよっかな。と思いました。ということで、言葉少なに。いただいたお見舞いの礼状の為に描きました。

水彩くらぶ大阪のjune様へ

 水彩くらぶ大阪の私の絵の投稿にコメントいただきまして有難うございます。そちらで返信したいところ、ブログ村のシステムトラブルでしばらく控えねばならないのでこちらで御礼を書かせて頂きます。見ておられたらいいのですが。

 june様の絵も時々アップされているのを鑑賞させていただいています。いろいろ描かれていますね。展覧会にも出品されたり。すごいです。

 夕焼け空はほんとうに魅力的ですね。私もいつも「今すぐ絵にしたい!」と思いつつ、刻々と表情を変える夕焼けを描くことに取り掛かれずにいます。描きたくなった気持ちが伝わってくる絵ですね。

 夕焼けは写真にすると美しいけれど、目で見たのとは違いますよね。やっぱりそれを表せるのは水彩スケッチかなあと思っています。それか心に焼き付けて描くか?朝焼けも含めると空ってほんと美しい。万人平等に与えられた神様の贈り物なのでしょうか。

ブログランキング参加中です。クリックいただければ感謝です♪
   ↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. OHさん
    • 2011年02月06日 05:49
    • おはようございます。
      お地蔵さんは私も好きでたくさん描いていますが、
      雪の中のお地蔵さんはまたいいですね。♪
      また描きたくなりました。(≧д≦)・゚゚・。
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年02月06日 06:18
    • OHさん、コメント有難うございます。

      お地蔵さんは、かわいいし、心が休まるものがありますね。

      普段、信心はしていないけれど、好きなモチーフです。
    • 3. 杜しま
    • 2011年02月06日 16:39
    • こんにちは、杜しまです。
       民話にありましたね、傘地蔵、やさしいかさ売りのおじいさんのいいお話でした。こんなイメージかもしれませんんね。

       日本画の夜空のフラットな青色が欲しくて、画材店で岩絵具を見てびっくりでした。とても高価なものでした、シュミンケは比較になりません。天然材料の青、15グラムで5千円近く、合成でも千円近い!しかもそれが粒子の細かさで15段階。混色はしないらしく微妙に異なる色がさまざま、しかもそれをニカワで溶きながら厚く塗りこんでいく。日本画の方々はこりゃあ大変だと思いました。うちの大学の日本画科の学生たちのレベルの高さに納得です。はんぱな気持ちでは入れない世界なのがわかりました。
    • 4. KUROKAWA
    • 2011年02月06日 19:44
    • こんにちは!社しまさん。

       岩絵具は高いですね。安い泥絵具とか、金箔銀箔とか、岩絵具もピンキリです。
      私は教材のセット内でできるだけ描くようにして、追加でも買いましたが、高価なものは手が出ませんでした。貧乏症の様に使っていました。

       しかし、先生は違いました。大野先生という二代目の日本画家でしたが、みんなの前で岩絵具の使い方をちょっとレクチャーするのに、試験管の瓶みたいに入った岩絵具を、ドバーーッツっと、皿にあけるのです!!!顔にこそ出しませんでしたが、内心、目が飛び出ました。

       当時はバブル絶頂期、確か絵が入選して賞金500万円を受けておられました。時代背景もあったかもしれませんが、やっぱり、普通の人とはちょっと違います。しかも、技法として洗い流すということも頻繁にしながら絵を決めてゆく事もあるので、贅沢きわまりありません。岩絵具を多用した作品は、まるで宝石の様ですね。

       もしかしたら、日本画家が長寿なのは、鉱石が発する何かしらのエネルギーを受けているのでは?という文章も読んだことがあります。宝くじが当たれば、一枚贅沢に描きたいものです。

      特に青色は高いですね。発光ダイオードも青はノーベル賞ものの発明だったらしいし、青は何にしても難しい色なのかしら?空も海も青いですが。

    • 5. 杜しま
    • 2011年02月08日 14:08
    • こんにちは、杜しまです。
       岩絵具を小さな入れ物に入ったのをひとつ買ってきて塗ってみました。おどろき!! ちょっした面積の色を仕上げるのに大変な量がいるのですね。
       これはえらいことです、展覧会などに出されている作品一枚にどのくらいの量とそしてお金が必要なのかぞっとしました。手軽なな水彩でよかったあというところです、まあそのぶん絵のお値段も安いわけですが。

       シュミンケの黄色でのキアゲハをUPしておきました。
    • 6. KUROKAWA
    • 2011年02月08日 16:30
    • 社しまさん、こんにちは。

       岩絵具買われたのですね。研究熱心ですね。
       岩絵具は粒子の粗さや下の色との関係、膠の濃さにもよりますが、いるときゃーいりますね。サムホールサイズくらいの作品なら気軽に作れるかなあ?と思います。大作になると一作描くのに数ヶ月かけますから、途中でヤル気も絵具も無くなったりして。

       当時は水彩画という分野を知らず、あくまでも下絵としてしか描かなかったので、去年、水彩画を始めたときは、その手軽さに驚きました。基本的な絵具の知識すら無く(教えてもらわないことはわからなかったため)パレットもいちいち洗っていて、随分勿体無いことをしました。それにしても手軽でリーズナブルで奥深い分野ですね。

       最近ブログ村がダウン気味、インポイント自分で入れても入らない。アクセスできるようになればブログにおじゃまします。この前の雪山の作品も、いいなあと思いましたよ。蝶々楽しみです♪
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。