水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4~5名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回5月12日(水)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回4月28日(水)13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 5月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回5月12日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


伏見教室も2月の後半。早い!!

SAさん作品

伏見教室に置いてある、オーナーの息子さんのCabに見惚れて絵にされました。オーナーとは最後に掲載させていただいています最高齢生徒さんTTさんです。

TTさんからすると、このバイクは全然良さがわからなかったそうです。

でも、私たちもカッコいいと思うことを伝えると、その良さを若干怪訝ながらも再認識され、「絵にしたら息子が喜ぶ。」と嬉しそうな表情に。

そして、サプライズ!SAさんはTTさんにこの仕上がった作品をプレゼントされました
息子さんもめっちゃ喜ばれること間違いなし

主役のCabも良く描けていますが、背景の匙加減がなかなか難しいんですよ。でも、しっかりと抑えて描かれていてとてもいい感じですね♪

20210216_014325686_iOS

ОNさん作品

 このクラスでは「塩」の技法がブーム。こういうのはとことん飽きるほど行ったほうがいいですね♪多分、私なんかよりはるかに経験値高いと思われます。

 今回のバックは「紅茶のマザーカラー」を意識して施されたのだそうです。冬と春が入り混じる頃の何とも言えない空気を感じます✨

20210216_024537910_iOS

こちらもОNさん作品

 塩の技法をふんだんに使って凍てつく森を描かれました。具体的に描くよりも、こうやって抽象的な表現のほうが、その雰囲気を感じられますね。とても素敵に描かれています(*^-^*)

20210216_024612676_iOS

TTさん 最高齢生徒さん でも、最近、水彩画を始められたという。それだけでも素晴らしい✨

この平安神宮の場所の雰囲気、よく出ていると思います。タッチがあって粋がいいですね✨

鳥居が堂々としていて、お相撲さんが四股を踏んでいる様子を想像しました(*^-^*)

20210216_034611920_iOS

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※上記とは関係ありません
アートエッセイ「術」と「道」

 「美術」って「美道」と言わないだけあって、「相手に自分が表現したいことを伝えるための術」だと思っています。

 よく芸術家の先生が「何が言いたいかわからない。」と言われるのも、その多くが単に「上手く写した絵」には興味が無くその奥の作者が何を表現したかったのか?という意図を読もうとされるからだと思います。

 「道」というのは、何かしら確立した体系があって、先生がトップの段位を取っていて、それを目指して生徒も習うという、書道、茶道、華道、剣道、柔道、など。でも、こちらのほうが習い方としては馴染んでいますよね

 なので、そこをしっかりと区別しておくことが、現在の情報過多の時代の「趣味の透明水彩画」にとってはとても大切だと思います。

 例えば模写講座や技法書のチュートリアルでは、どちらかというと「道」の姿勢になるかと思います。

・先生がどこに何を塗ったらいいか言ってくれる。
・何か「描き方」の正解があるように感じる。
・「表現」というよりも、「上手に仕上げよう」と頑張る。
・「モチーフ」よりも「完成作品」の観察が主となる。

・何を表現しようか?「絵の構想」をしなくても実行可能。 


※しかしながら「模写」というものは自分の表現など入れずに、極力先生の絵に従順に描くのがいいと個人的には思っています。先生の意図や表現をしっかりと探る事が大切と思います。例えば、海外留学に行って学ぶのに『自分はいつもこうやっている!』『このほうが楽!』という姿勢だと学びも中途半端になりますね。

 これがオリジナル作品を描こうとしたときに「術」の姿勢に変えないといけない。その切り替えをしないまま進もうとすると、「浜辺でスイカ割り」や「二人羽織でご飯を食べる」みたいな状態になってしまう。

 もう少し詳しく書くと”モチーフがある時点で、例えば「木の描き方」や「空の描き方」に何かしら正解というものがあり、それを先生は知っており、それを聞いてその通りに描いていけば良い絵になる。”と思ってしまうと、「肉体的には目が見えていても美術的には何も見えていない状態」になってしまう。

 なので「オリジナル作品を描いていこう!」「自分なりに表現していこう!」というときには「術」に切り替えること。「道」の姿勢のまま進むと単に「模写職人」になってしまう。

 ただ、「趣味の絵の世界」は「楽しい♪」が最上級価値なので、たとえ「道」の姿勢であっても、「楽しい♪」と思って続けている人が一番幸せ


 しかしながら、その奥深さを楽しんでいこうと思うならば、「術」を使う意識で焦らず気長に歩む姿勢が、今スグに「上手な絵」を仕上げることよりも、一番の近道だと思っています。 

 ハリーポッターも同じですね(笑)


いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
□■□■□■□■□□■□■□■□■□

くろかわ透明水彩画教室 伏見教室のご案内
✎定員4~5名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪

★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30(空席あり)
●1.3火午後13:30~16:00 

●2.4火午前10:00~12:30 
●2.4火午後13:30~16:00 

☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
※振替は前月~翌月の範囲で可能。
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html
□■□■□■□■□□■□■□■□■□

「水彩スケッチ二人展」
会期 2021年9月1日(水)〜5日(日)
開場 午前10時〜午後4時
会場 Gallery はな
所在地 570-0025 守口市竜田通2-1-11 1F
電話番号 06-4397-7232
二人展予告DM画像

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。