水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


早描きワークショップ レポート最終回

 ワークショップのすすめ方は、出くわした風景をもうこれ以上ないくらいシンプルなパースの法則にしたらどうなるか?という説明をし、その骨だけになった様なパースを描いていただき、

 それをふまえて目の前で見本描きを(10分前後くらいかな?)描いて、皆さんにも15分くらいで描いていただく。という感じで行いました。

 皆さん、イイ感じに仕上げられていましたし、

 私も皆さんに見ていただきながら説明しながらだから、半分くらいの余力で描きましたが、ポイントさえ押さえると成立してしまう、ほんとうに気楽に描ける早描きです。

 是非、時々でも取り入れていただければ幸いです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆
※以下、私の絵

パースは

①頻度は少ないけれど一番簡単な真正面

※黒川の「く」が逆様(-_-;)
20200701_075603076_iOS

20200701_075608314_iOS

②(頻度が多い)自然の風景が主なモチーフの大らかな一点透視

20200701_075550806_iOS

20200701_075543966_iOS

③(頻度が多い2)商店街など建物が主なモチーフのカチッとした一点透視

20200701_075525183_iOS

20200701_075513372_iOS

の流れ。

残念ながら 2点透視図や自由に各自のモチーフで描いていただくのまでは行けなかった・・・

m(__)m💦ごめんなさい



アートエッセイ
「二点透視図以降のこと」


 前記事③の続きですが、二点透視図ってだいたいこんな感じと思っていただければ。

って、説明が無いとわからないですよね💦 また、興味のおありの方は教室で聞いてください。

20200701_081156890_iOS

建物の角を見る様なシチュエーションのときに使います。

20200701_081227370_iOS

とりあえず、パースについての私の考え方は・・・

☆私の教室は、主に写真を見ながら透明水彩絵の具で描く初心者向けの教室・・・なので、パースは最初から覚えなくても、立体的(3次元)のものを写真が平面(2次元)に変換してくれているので、それに助けられながら、16等分補助線も引いたりして描くことができます。

 なので、パースは必須で覚えなくてもいいです。


 趣味の絵は芸術性や正しさがどうこうではなく『本人が楽しく感じるかどうか?』が大切なので、パースを覚えずに描くことができて、それが楽しかったらそれでいいのではないか?と私は思っています。

☆ただし、屋外スケッチに行ったときは写真に頼れないので、パースを習得しておくほうが、スムーズ描きやすいかと思います。このような早描きは特に。

抜け道・・・スマホでスケッチする写真を撮影して、それを現場で参考にしながら描くという手もあります。が、広角・望遠・肉眼の違いに気付くくらい判断力がついてしまった人は、逆に使いにくいかと思います。

☆真正面の構図が一番簡単です。中途半端に数度斜めから見るくらいだったら、真正面にしたほうがいいと思います。イキナリ簡単だった真正面パースが、2点透視図に早変わりしますので。

☆2点透視は、1点透視の水平だった左右を走る線が、逆に傾いたものになります(興味のある方は、写真を見てじっくりと整理してみてください。)

☆坂道パースは、一点透視が理解出来てから取り組むのがいいと思います。1点透視を飛ばしてからでは混乱すると思います。

☆3点透視・・・は、建物の上にも消失点があって、「近くから大きな建物を描くときに使う」ものですが・・・そういう構図では描かないようにしましょう。「不動産屋の広告写真」みたいになります。(描くか描かないかは自由ですが💦『なんのきなしに描かないようにしましょう』という感じです。)なので、覚えなくてもいいです。


☆建物が苦手なのであれば、遠くに描く構図を選びましょう。モノは遠くに行くほどボンヤリし、最終的にはシルエットだけになります。遠くに見える山がそうですね。シルエットさえしっかりしていればパースが多少甘くても大丈夫です。(講座の資料:ハルカス・京都タワー)

☆絶対に現場で描かなくてもイイ!!・・・線描きだけ現場。着彩は喫茶店や自宅、ホテルとか、臨機応変に。現場では写真だけ撮影して、落ち着いた場所で描画もいいですよ。現場原理主義】でなくてもいいと私は思います。(それは「正しさ」ではなく、あくまでも個人の主義です。音楽でも「絶対にライブに行って聴きたい!!」のと「レンタルで充分」の違いみたいな感じかな?私は両方適宜取り入れています。)

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。