水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 カルチャー講座では先陣を切って、近鉄文化サロン奈良も再開しました。

 7名おられた中の4名のご参加。人数変動あるのはいたし方ありません。

 皆さん最初は自粛疲れモードでしたが、次第にパワーが満ちてきて、とてもよいレッスンのひとときとなりました。

 ありがとうございました。

 内、仕上がった方の作品をご紹介させていただきます。
IMG_2493

Tさん作品 サフィニアを描かれました。

 紅茶のマザーカラーで輪郭線を超えて着彩すること、右から光が当たっている様に描くこと、効かせ色で色彩を活気づかせること(色彩対比)などをレッスン。

 一体感のある作品となりました。是非、お家でも飾っていただいて、また経験を重ねていただけたらと思います。必ず上達します。

IMG_2490

Iさん作品

 自粛期間中にご自宅で制作されました。しかも、このモチーフであるフランス人形もご自身の手作りとのこと。素晴らしい!!

 自分の色や世界をお持ちでそこがとても絵の魅力に繋がっておられるとおもいます。モチーフをしっかりと観察して描く姿勢も作品の完成度に繋がっていますね。

IMG_2492

Yさん作品

 旅行中に足を痛めてこの地に行けなかったけれど、知人の写真を元に描かれた作品です。実際に行けなかった場所でも思い入れがあれば十分良い作品への動機になると思います。近景の光と影をしっかりと強調していただくことをレッスンしました。陽射しの暖かさを感じる良い作品ですね✨

IMG_2491

実際に見ることは大切ですが、趣味で楽しむ絵画の場合は、柔軟に楽しさ優先で描くのがいいと思います。写真から描くことについてなどまた記事にしたいと思っています。

絵を描くこと

アートエッセイ「基本が整えば個性は光る」

 「手を入れると先生の絵になっちゃう」と言われることがたまにあります。

 でも実は生徒さんの絵が「遠くは遠くに見える様に、近くは近くに見える様に」「明るいところは明るく見える様に、暗いところは暗く見える様に」基本を整えているだけなのです。

 「不自然さを払拭する」という仕事をしているだけで、逆に言うと「自然に見える様にする」という仕事をしています。

 せっかくの魅力的な個々の作品も、パッと見た時に『なんか変だな』と思われる部分が勝つと残念な作品に。「自然さ」が勝つと魅力が放たれてくると感じています。

 「自然」>「不自然」⇒個性が光る 魅力が光る

 その絵を描こうと決めた感性が既に個性であり、不思議なことに「色見本」を作るだけですら個性が出ます。

 「個性的な作品作り!」など「攻めの個性」は今はあまり。作家のパワフルモチベーションが必要になる世界だと思っているので。

 ちょっと地味ですが不自然さを払拭し自然な表現をする基本的な仕事が、各人各様の個性が光りつつ好感の持たれる作品作りに繋がるのではと思ってレッスンをしています。 

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。