水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


今週は伏見教室午前のみ開けました。4週目に月に一度の方(現在は月一設定では募集していません)がおられ、再開といっても1月先になってしまうため特例で開けました。

Hさん透明水彩画作品

 過去にエジプト旅行に行かれた写真を元に描かれました。
 自粛期間中に描かれて、教室で仕上げをしました。

 紅茶のマザーカラーを取り入れていただき、雰囲気のある作品になりましたね。遠近感のバランスだけ調整。あとは画面の一体感のバランス。

 ほんと基本的なバランスのことしかお伝えしていない。
20200526_020429998_iOS

こちらもHさん作品。過去の旅行の写真から。

 建物は難しいですが、味わい深く窓も単調にならないように描かれていますね。左の林だけ濁したことを仰っておられましたが、以前は全体混乱して一様にそうなっていたので、その意識が芽生えてきたことは進歩ですね。

20200526_032839802_iOS

 新たな作品に取り掛かるHさん。

20200526_020535861_iOS

 一番明るいところを大切にしてくださいと伝える。

 必要最低限の白い部分を残し、その明るさを保ったまま、その明るさとのバランスをとるように全体を描き進めていただくようにお伝えしました。

 何も手をつけていないところを残したまま、一部の細密な部分に取り込まれてしまっていると、もう一度全体を見ていただく。

 誰でもそうですが、集中するとそこだけしか見えなくなりますから、客観視って大切ですね。

20200526_030007278_iOS

KさんはN山さんの技法書の模写

 せっかく模写をするのでしたら、「その絵がどういう仕組みになっているか?」の基礎の部分を知ることが大切だと思います。模写作品を写すアプローチだけなら自分のオリジナル写真から作品を描いたほうがいい。

 この絵はすごくよく出来ていて、非常に自由奔放に見えて、直斜光が勝っている部分と、拡散光が勝っている部分がキッチリと色で分けられています。

 とても解りやすくて、明暗で描(えが)くことを勉強するのにもってこいです。

IMG_2483

 Hさんには基本の透明水彩の着彩のすすめ方を。Kさんには一歩進めて、一旦、暗い部分の見当をつけて明暗を仕分けていく方法をおすすめしました。(↓カステラの切り方でご説明)

 お二人とも「明暗」への意識が芽生えておられるのでホッとしております。あとはバランスをとる経験値を上げて行くだけですね☆

 この「写す」アプローチから、「描(えが)く」を得ていただくスタイルなら、無理なく楽しみながら、いい作品も仕上げながら、上達に向かえると思っています。

透明水彩の着彩のすすめ方の例外をカステラの切り方で説明

↓ 美術教育だけは不思議とすごく曖昧なので、いざ具象絵画を描こうと思ったときに、皆大変ですが、そうはいえ基礎って大切だと思っています。

 「見方・考え方」大切な基礎。「描(か)き方」だけでは”センスが元々高く、多少のことではめげずにガンガン進むパワフルな人”なら大丈夫ですが、オリジナル作品を描こうとしたときにすぐに限界がきてしまうと思います。
伏見教室の帰り道。新しいラーメン屋さんが出来ていました。
20200526_035724663_iOS
いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。