水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


先日の記事に掲載した図。もし、『質問すらしたらアカン教室なの?』と思われていたらマズイので追加説明させていただきます💦

以下の図は「絵を描くときに自分が意図的に選択できる3つのアプローチ」を示しています。

左側「絵描き歌的アプローチ」

 これは、「何処に何色を塗るか?」を最初から完成までひとつづつ全部聞いてゆくという描き方のことを指しています。模写講座のときだけ必要ですね。

 「〇〇の描き方は?」も、初心者が慣れるためにはよいですが、オリジナル作品では「全く同じシチュエーション」が出てくるとは限らないので、右手の「西洋画のアプローチ」でバランスをとらなければ画面がチグハグになってしまいます。

 で、もし、誰かがそういう聞き方をしていると、隣の人も『ここはそういう風に聞いて描く教室なのかなぁ?』と思って皆同じように聞きまくり、テンヤワンヤになるのも怖いですね(^_^;)。

 それで皆が素晴らしい作品が描けたらその教室の講師は天才です。もちろん模写講座なら可能ですが、各自オリジナルの画題でそれが出来たらスーパーエスパー絵画講師です。

 オリジナル作品を、自分の力でイイ感じで描けるようになりたい。』と思うならば、模写練習の時以外は避けるべきアプローチかと思います。

 なので、相談は全然オッケーですよ(;^_^A💦
趣味の透明水彩画3つのアプローチ

絵を描くときの大敵
「象形文字・記号」「錯覚」

 避けるべきはモノをそれらで描いてしまうことです。先の図に書いていないのは、初心者~プロまで意思にかかわらずそれが入ってきてしまうものだからです。


 ただし、プロは確認したり修正したりして上手に描きますが、初心者ほど無防備なのでそのまま描いてしまうことに。

 「象形文字・記号」「錯覚」に縛られたモノの見方は、一見「自由」の様で「不自由」です。

↓ こんな記号の羅列の絵では感動も情緒も入れられない。
象形文字記号的にモノを見る
↓ マウスで手をプルプルさせながら描いた図ですが、ケンタッキーフライドチキンの看板も、「輪郭線に塗り絵」で描いたら、全然カッコよくありませんね。
ケンタッキーロゴ (2)
kfc-1574389_640
でも、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

 教室ではそれを避けるために”形の取り方の一つ”として「右脳で見る方法」をお伝えしていましたが、最近はそれ一つに絞って初心者の方にお伝えしています。

 プロはトレースして描く作家以外、モノの見方のバリエーションを10個以上持っていますが、普通、初心者は2つ3つあるだけでも頭が真っ白になるからです。

初心者を戸惑わせる芸術家の言葉


 絵の先生が「多少狂っていても、思い切って自由に描けばいいんだよ!」と言われることも多いですが、その言葉に初心者は気を付けねばなりません

 言葉の真意は下図側の様な「象形文字、記号、錯覚が羅列した様な絵」をイメージして言っているのではないことに注意しなければならないからです。

 あくまでもの範疇での言葉と思いますが、初心者のときはその区別がつきません。

観ること観察すること感動を表現すること
私も初心者の頃に勘違い


 私が初心者の頃、あるワークショップに参加し、女性講師が「皆さん!絵は自由に楽しく描いてください!」と言うので真に受けた私は、テーブルクロスの模様を辻褄合わせて描くのが面倒で適当に描いたんです。

 すると、私の絵を修正した後に講師がボソッと『はぁ、もうちょっとデッサン出来る人が集まってるかと思った・・・('д` ;)』と呟かれて深く傷つきました。

 芸術家は時折高度なことをサラッと簡単そうに言われることがあります。「描きたくないものは描かなくてもいいですよ。」もそうですね。

 この頃は他にも「絵の具で遊ぶように描きましょう。」を真に受けて、ドロッドロの画面になってショックΣ( ̄ロ ̄lll)・・・を受けたりしていました(笑)
パンパステル画「静物」
ここまでのまとめ
「何処に何色を塗るか?」「〇〇の描き方は?」のアプローチは避け、「象形文字・記号」「錯覚」可能な限り惑わされないようにすることが大切
20180423_080849982_iOS
で、どうするの?は、昨今の情勢が絡む

 私の教室に入られる経験者の方の多くが今迄に「形の取り方」や「明暗」を教わっておらず、初めて聞く様な感じです。

 それで、今まで『経験者だし、明暗とかパースとか”西洋画のアプローチ”をお伝えせねば!要望の多いフワッとサラッと画も、これを伝えないと始まらない。』と思い取り組みましたが、モチベーションが上がる方が出た半面、モチベーションが下がる方も出る結果に。

 そこで悩んだ挙句、色々な事に気付きました。それは、この数年水彩画をとりまく情勢の変化です。

 技法書の出版ラッシュやカルチャー講座、ユーチューブ動画等で皆の目が肥えてきた反面、”西洋画のアプローチ”を教えるほうは追い付いていない。また、魅力的な作品の多くは明暗を把握しないと描けない絵ですが、「一見楽で簡単そうに見える」「絵を描く前に明暗を把握したり構想するのは普通の人は億劫」「絵は普通イキナリ描きたいもの」ということが事態を難しくさせていると感じました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中間「写真模写のアプローチ」
写真だけでもちゃんと見よう!

 イキナリ三次元のモノを二次元で捉えるのは初心者にとってはハードルが高い。また、経験者であっても「西洋画のアプローチ」を伝えることを先走るとモチベーションが下がる。しかしながら、自由自由と言っても、象形文字・記号・錯覚まみれの絵は魅力に欠ける。


 そこで写真の活用。立体を平面に変換してくれているので、初心者が絵を始めるにあたって、また、今迄「象形文字・記号」「錯覚」に惑わされがちだった経験者の方にとっても良い練習となりつつ、作品も完成させてゆけるというメリットがある。

 「写真に引っ張られることは良くない。」と言われますが「象形文字・記号」「錯覚」に引っ張られるのはもっと良くない。

 教室では「まず、写真だけでも素直な目でちゃんと観察できるようになること。」を目標にすることにしました。

 じっくりゆっくり描く。心が落ち着きます。♨♨♨
 時間をかけて描くことで明暗も徐々に見えてきます。
 足りなかった構想をかなり補えます。
(パース以外)
 早描きしたり、アレンジを強く意識したりは二の次です。

↓ 人も木々も思わぬシルエットですね。この感覚で見て描けるようになるのが最優先。
20180423_080733557_iOS

余談右側西洋画のアプローチ
知るに億劫だが、身に着ければ簡単で楽

 これも自分で選べるアプローチですが、お勉強が必要です。

 でもそれは
「空想の世界」もまるで現実の様に描けるくらい表現力を高めてくれ、オリジナル作品で「上手な嘘」をつかせてくれます。

 先程
「自由に楽しく描きなさいよ。」を勘違いした失敗談を書きましたが、その「絵の遊んでいいところ・遊んでダメなところ」の区別がつきます。

”下手”ではなく”下手ウマ”も

例えば、「概ねパースに沿って描けていたら、線が多少歪んでいても大丈夫。逆に味が出る。」のもそのひとつですね。

サラサラ~っと描いているけれど魅力のある絵は、無造作でもどこかで秩序に沿っています。(抽象画などは除く)

・・・ただ、私の経験から、先走るとモチベーションを下げてしまう。『簡単で楽そう』と思っていた人程嫌になってしまわれる。便利だからそうするのに、逆に”西洋画のアプローチ”に阻まれるのはよくありませんね。

 ちゃんとモノを見る基本を押さえつつ、徐々に知ることが大切ですね。


いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


伏見教室生徒募集中
京阪伏見桃山駅徒歩30秒。
近鉄桃山御陵前駅徒歩1分。雅究房1階
月二回5000円/個別指導/振替制度あり
●1.3火 10:00~12:30
●1.3火 13:30~16:00

●2.4火 10:00~12:30
●2.4火 13:30~16:00

お問い合わせ☎ 090-9250-8887黒川しづこ
体験レッスン2000円/入会金3000円
見学可(無料。お一人一回まで。30分程度)

詳細http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html
初心者歓迎です(*^-^*)♪
マンツーマンレッスン・オンラインレッスン始めました💻
https://coubic.com/kurokawasz/995142/express

黒川しづこマンスリー個展inアートアライ
後期3月2日(月)~27日(金)開催中
枚方の風景を描く

〒573-0027 大阪府枚方市大垣内町2-17-2藤田ビル1FTEL 072-841-0355
営業時間月〜土:10:00〜17:30 日祝:休み
黒川の常時の在郎はしておりませんが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
2020黒川しづこ透明水彩画個展アートアライDM表
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。