水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日、7/8、7/29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回3月分振替6月3日10:00-12:30、6月24日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)、7月8日、9月9日、9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


今年はデッサンを美術短大卒業以来28年ぶりに習い始めました。

習い始めたといっても、先生は最初と最後にアドバイスするだけ。途中に一回アドバイスがあるかないかというスタイル。

他の中高生も同じ。教室内はいつもシーンとしている。

カルチャーセンターのデッサン教室だと、ある程度生徒さんとやりとりしないと「受講料を支払った分、教えられている」という価値を感じてもらえないのでアドバイスする回数が増えると思う。

デッサンに手も入れられることだろう。

でも、デッサンは自分で見る訓練だから先生の度重なるアドバイスがあると集中が途切れてしまい、また、見ることが先生任せになる。

「素敵なデッサンを持って帰りたい。」ならいいけれど、「上達したい。」「自分のものにしたい。」なら今通っている画塾が丁度いいと感じています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

描き納めは「炭」

塗っても、塗っても、炭の暗さに到達しない。しかし、黒光りしている質感も出さなきゃならない。大変でしたが描き甲斐のある楽しいモチーフでした☆

20191219_083811362_iOS

今年の作品をプレイバック
円柱1
20190810_083046093_iOS
円柱2
20190814_121414840_iOS
立方体
20190926_デッサン#3
からのいきなりティディーベアー
20191209デッサン

デッサン今昔

 四半世紀以上デッサンから離れていたら常識も変わるはず。再び習って驚いたのは「そんなに測ることを重視しない」ということでした。

 「えっ?そんなに目分量で描いちゃうの?」と驚いて先生に言うと、「意外と測っても形は合わないんです。感覚のほうが正しかったりするんです。」とのことにビックリΣ(・ω・ノ)ノ。

 私は「測って、測って、測りまくる」のが常識と思っていたし、周囲もそうしていたと思います。

 つい先日も先生にその話をすると、「まずトーンだけ描いていって、霧が晴れていくように形を浮かせていくアプローチをする人も出てきていますからね。」とのこと。

 測るのはストレスで我慢しながらしていたことなので、「感覚を信じてもいい!」というのは楽で楽しいですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お茶美の動画を見てもそんな感じ

私は完璧に「測ラー(アムラーを文字っている)・測リスト」でした(笑)

↓ 開始5分の辺りから計り棒の限界について語られています。
「測ラー」「測リスト」については11分50秒辺りから語られています。

↓最近共感できるようになってきた形の取り方の考え方が語られています。


デッサンを習う理由

 それは、ザックリと早描きするときに、自分を信頼するためです。

 具象画はキッチリ描く状況でも描けていないのなら、それを崩した描き方では尚更描けるはずはない。

 楷書が稚拙なのに草書が達筆なんて、一部の天才以外はないと思う。多分。

(※注意:形や明暗の正しさ以外の方法で芸術表現する手法ならこの限りではないですが)

 私が憧れる、タッチの生きたラフな描き方 は「こんなに崩しちゃって大丈夫かな?」という不安がいつも付きまとう。

 デッサンで頑張れていると『デッサンではあそこまで描けた自分が選択した色や線なのだから、きっと大丈夫なはず!』 と、背中を押してもらえるのです。

いつも応援ありがとうございます☆ 
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

伏見教室生徒募集中
京阪伏見桃山駅徒歩30秒。
近鉄桃山御陵前駅徒歩1分。雅究房1階
月二回5000円/個別指導/振替制度あり
●1.3火 10:00~12:30 残2席
●1.3火 13:30~16:00 満席

●2.4火 10:00~12:30 残1席
●2.4火 13:30~16:00 残1席

お問い合わせ☎ 090-9250-8887黒川しづこ
体験レッスン2000円/入会金3000円
見学可(無料。お一人一回まで。30分程度)

詳細http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html
初心者歓迎です(*^-^*)♪
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。