水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


20191204121800_006

最近、すごい妙なデフォルメをしている絵を目にしました。

それは「上手い下手」ではなく「ありえないところに目を描く」様な描き方でした。

昔、スケッチ会で普通の家をギューーーーーっと伸ばして、屋根を地面に向けて逆Uの字に曲げて描いていた方もおられてビックリしたこともあります。

巡回してきた先生は「う~~ん面白いですねぇ~~。」とコメントされていましたが。

『ほんとうに、目の前のモチーフを見て、そう表現したい!という衝動が湧いてのことなのだろうか?』と思いました。

 そして最近、地元の人物写生会の長が持参されている本「赤い虹 青い虹(横尾正夫著)」を読んでいたときに、興味深い文章を見つけました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以下、引用

「現代の美術界を見ますと、気味悪い顔だったり、極端に部分を大きく描いたり、ケバケバしい色使いのものが氾濫しています。芸術のための芸術なのかも知れませんが、」

20191204121800_001
引用終わり
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「おもしろい」と「おかしい」について

もしかすると、習った先生や入っている団体によって「面白い」の解釈が違っていて、「『面白くなきゃダメ』な世界観の中で無理くりアイデアをひねり出す。」そういう芸術の世界に生きている人もいるのかなぁ?と感じました。

そして、「面白い」について調べているとコトバンクというサイトの中で興味深い解説がなされていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以下、「引用」

[用法]

おもしろい・おかしい――「おもしろおかしく話す」「おもしろい(おかしい)形の木の根」のように、滑稽(こっけい)な、奇妙な、の意味では、相通じて用いられる。

◇「おもしろい」は、「おもしろい小説」「仕事もだいぶおもしろくなってきた」のように、その内容が(話し手の)興味をひく場合に用いられる。

◇「おかしい」は、「何となくおかしい作品」のように、形式その他が風変わりだ、調和的でない意を表し、また、「先月来、からだの調子がおかしい」「彼が勲章をもらうなんてちゃんちゃらおかしい」と不調・不審の用法に及ぶ。これらは「おもしろい」に置き換えられない。

◇「おもしろい試合」は、緊迫した内容の試合であり、「おかしい試合」は、普通でない変な経過、珍プレーのある試合ということになる。


引用終わり
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『興味をそそられて、心が引かれるさま。興味深い。 風流だ。趣が深い。』interesting

という解釈で「面白い」を意識する人もいる反面

『一風変わっている。普通と違っていてめずらしい。』funny?

という解釈で「面白い」を解釈する人に指導される又はそうでないといけないと思い込む

ということがあるのかなぁ?と感じました。

後者は実際『おかしい』印象があったとしても「面白いですね。」と感想を言われるのでゴッチャになり、「よし!もっと面白い絵を目指すぞ!」となる感じです。

どちらも善し悪しはつけませんが、私は芸術は前者の方で行きたいなあと思っています。

後者は色々と「アイデア」を捻り出すのも大変そう。最近の時代、世間はちょっとやそっとのことでは驚かなくなりましたし。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「創造」と「アイデア」について

(「赤い虹 青い虹」以下引用)
 本来はアイデアと創造とは区別して考えるものだと思います。アイデアは「思いつき」に近く。創造は色々な要素を積み重ねた上の結論のようなものです。
(引用終わり)

 著者が本文に書かれているように写実が余裕と思っている人ばかりが、(引用)「心のおもむくままに約束事や制限のないものばかりを描いていて、「アイデア」を創造と思い込んでいるような節があります。」(引用終わり)とは思いませんが、

 「創造(創作)」と「アイデア」は別物ということには同感です。

 「アイデア」というのは例えば子供にマーブリングを教えて、やってみたところ「わぁ♪こんなに綺麗な模様が出来ちゃった♪」みたいな、何のコンセプトもモチーフのエッセンスを凝縮する作業も無い中でなんとなく出来ちゃった感じのもの」と考え、「創作」とは違うのではないかな?と思っています。

 こちらも善し悪しはつけませんが

 一見何の変哲もない地味な具象画であっても、作者の視点、主従関係、色彩などが意図的であれば、

 一見奇抜で創造的かのように見えても 「なんか適当にサイコロを振ったら出た!」というようなものよりは創造的かな?と思っており、

 そういったものを
「創作」と呼び、目指したいなと思っています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 透明水彩画は「水の偶然性を半分生かした描画」だから特に紛らわしいですね(;^ω^)💦

 なんか、そんなことを考えた今日この頃でした。

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

伏見教室生徒募集中
京阪伏見桃山駅徒歩30秒。
近鉄桃山御陵前駅徒歩1分。雅究房1階
月二回5000円/個別指導/振替制度あり
●1.3火 10:00~12:30 残2席
●1.3火 13:30~16:00 満席

●2.4火 10:00~12:30 残1席
●2.4火 13:30~16:00 残1席

お問い合わせ☎ 090-9250-8887黒川しづこ
体験レッスン2000円/入会金3000円
見学可(無料。お一人一回まで。30分程度)

詳細http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html
初心者歓迎です(*^-^*)♪
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。