水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


友人と神戸の王子動物園に行ってきました。目的は画題の取材。
スケッチ道具を持参したのだけど、小雨降る寒さにくじけて写真だけ。
しかも、ここぞというところは、動物園でさえ「スケッチ禁止」
最近はほんとどこでもスケッチに厳しい時代
20191128_013930419_iOS
ここは30年ぶり。最近は動物園はリニューアルしているところも多いので、『王子動物園もすごい新しくなっているんじゃない?』って話していたところ・・・
20191128_010257388_iOS
30年前と全然変わってなくて、昭和の香りのする昔懐かしいままでした(笑)(*^-^*)
そして、私も友人も驚いたのが「パンダをメインアピール」しているところ!!

関西人は、パンダ=南紀白浜アドベンチャーワールド

なのだけど、ここにもパンダがいたなんて!!ちなみに名前は「タンタン」
20191128_013108393_iOS
写真を全部載せると大変な量になるので「おもしろ特集」だけピックアップ
名付け方とか看板表記がいちいちオモロイ(面白い)んです(笑)

例えばカバは・・・
20191128_032809658_iOS
(; ̄Д ̄)「出目男」!!
『もうちょっと他のんなかったんか~い!!』みたいな(笑)ま、1981年の時代故かな?
20191128_032825841_iOS
インコの「一徹」!!
20191128_044430329_iOS
エサの皿をひっくり返すからそう名付けられたとのこと(笑)
平成でも昭和じゃん!( ̄▽ ̄;)!!

20191128_044705434_iOS

3匹の票の赤ちゃん(ちょっと成長してる)
20191128_043215957_iOS
「スク・ラム・トライ」!!ラグビームードにあやかっていますね♪

でもね、これは関西でしかありえないと思うんだけど・・・

「テン・テコ・マイ」が二位ってしかしΣ( ̄ロ ̄|||)

三位「ロク・コウ・サン」四位「シチ・フク・ジン」と続く。
20191128_043519952_iOS
コアラにも会えました。殆ど寝ていたけれど、一番若いこの子だけキョロキョロ。
20191128_050839735_iOS
(; ̄Д ̄) ウメ(梅)
「よく木陰から見ています」
って自己紹介あり?(笑)

「家政婦は見た」ではなく「梅は見た」ですね(笑)

梅がだんだん市原悦子に見えてきましたよ(笑)
20191128_050745922_iOS
↓ フクロテナガの仲良し夫婦 国内最高齢 エヘばあさん&テツじい
20191128_031016906_iOS
↓ 最初、一匹はこちらの窓の近くにいたのだけれど、何を思ったか急に駆け下り、ギュッと抱き合って、ラブラブぶりを見せてくれました。
20191128_031028855_iOS
「リスと小鳥の森」は残念ながら閉鎖中

「リスいていない問題発生中!!」とのことΣ('◇'*)!?

「なかなかふえへんねん」ってリスが言うてます(笑)
20191128_051155371_iOS

・・・ということで王子動物園の話題はこの辺で
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

真向いにある「横尾忠則現代美術館」へ自我自損展の開催中
20191128_060513423_iOS

なんと!ご本人のライブペインティングが偶然開催されていました。
20191128_053213334_iOS
「もうすぐ終わりますので是非ごらんになってください。」と職員
100人程が見守る中、ゆっくりと仕上げにかかる横尾さん。
客観視の仕方が私からしたらすごかった。

これだけ大勢の人々に見られていたら、『さっさか、さっさか描いて、面白いところを見せなアカン!!』って焦って描き進めるけど・・・

足を組んで座り、長時間見た後におもむろに立ち上がり、ちょっと手を加える。
そして、また、客観視しては手を加える、という感じ。

木の作品中の左手黄色い丸の部分は、私達が入った最後の方でも真っ白なキャンバスのままでした。

それに黄色が入った瞬間、皆グイグイ~っと見入って写真を撮ったりざわつきました。
20191128_055934615_iOS
作品はどれも意味脈絡不明な感じ。現代アートって難しいですね(;^_^A
ただ、自分なりに解釈して・・・

↓この滝の写真だらけの部屋

私は『アンディー・ウォーホルが”キャンベルスープ缶”の作品で”大量生産大量消費時代”を表現したのと同じ様に、「滝」と検索したら大量に滝の写真が手に入る現在のインターネット時代を表現したのかな?』と考えたのですが・・・・全然違いました(;^_^A💦
20191128_061202927_iOS

撮影もネットアップもOKとのこと。(一部不可のものあり)
20191128_062335237_iOS

↓ でも、不思議とアンディー・ウォーホルを題材にした作品が!!
20191128_062951924_iOS
↓ 最後は美術館併設の「ぱんだカフェ」でお茶をして・・・食器が横尾氏のデザインなんです。何が描かれているかわかりますか?
20191128_071244672_iOS
真横にある「原田の森ギャラリー」をちょっとだけ見て帰りました。
いつも応援ありがとうございます☆ 
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

にほんブログ村

伏見教室生徒募集中
京阪伏見桃山駅徒歩30秒。
近鉄桃山御陵前駅徒歩1分。雅究房1階
月二回5000円/個別指導/振替制度あり
●1.3火 10:00~12:30
●1.3火 13:30~16:00

●2.4火 10:00~12:30
●2.4火 13:30~16:00

お問い合わせ☎ 090-9250-8887黒川しづこ
体験レッスン2000円/入会金3000円
見学可(無料。お一人一回まで。30分程度)

詳細http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html
初心者歓迎です(*^-^*)♪
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。