水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00 次回5月13日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30 次回5月27日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 5月18日
●第2水曜 午前9:30-12:00 5月13日
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)

オンラインレッスン始めました! https://coubic.com/kurokawasz/995142#pageContent


祇園四条個展振り返り③

↓ 今回の個展では2010年8月に私が透明水彩画を始めた頃のオリジナル初作品と2作品目を展示しました。(初「金龍ラーメン」2作品目「ゼー六」)

 当時は『趣味で水彩画でも習おうかなぁ~。』と、初心者でも大丈夫そうで、「早描き教えます。」と書いてあったように記憶している地元のカルチャー講座に入りました。

 ところがどっこい!「早描き」とは真逆で「写真をそのまんまキッチリと写し取っていく(ただし、最初に先生が必要最低限の省略や移動、色変更は指示される)方式の教室」だったのです(゚∇゚ ;)💦。

 でも、私は「これが普通なのかなぁ~?」と思って、写真をそのまんま写すことに毎回メチャクチャ頑張り、一作品50時間はかけて仕上げるということを繰り返しました

 同じところを5回6回重ね塗るのは当たり前。それで出る”深み”も『美しいなぁ~♪』と感じたり、長時間かけて写真を凝視して写していくと、色々な気づきがあったり。

 そこは母親の介護の事情で3か月通ってやめ、以降は独学で特定の師匠につくことはせずに今まで来ましたが、最初にとことんキッチリと描いた経験は『それが無ければ今は無いだろう』と思うくらい貴重でした。

20191103_002449819_iOS

最後のレッスンでは先生に「黒川さんは今後は大きなタッチの絵も描いてください。」とアドバイスを受けました。

大きなタッチのほうが、緻密なタッチよりも断然難しいので、それをやっと今少しづつ出来るようになってきたかな?どうかな?というところです。

20191103_002440109_iOS

その頃に透明水彩画を始めたばかりだったので、これ以降に・・・

「写真から描くのは駄目」
「重ね塗りするほど色が濁る」


という知識が入ってきて混乱しました。

自分自身は「わぁ~!こんなの描けた~♪」と嬉しかったし、次から次へと描いていきたくてワクワクしていたので。

写真から描いているからって「ダメ」の烙印を押される事というのは俄かに消化しにくかったのです。

「あの作家は写真から描いているの丸わかりだから好かん!」と言う人の言葉とか。

でも、時が経ち、「写真」「重色」についても、やっと自分なりに解釈できるようになりました。

20191102_072454204_iOS

↓ 他、ネットで人気があった ねねの道の作品

五重塔をシルエットロマンスにしてみました。

あ!「シルエットロマンス」を用語集に入れるの忘れてた!!
20191102_072423776_iOS
↓ ネットで人気なかったけど、展覧会会場で人気があった 嵐山の紅葉の作品

『嵐山の紅葉って特徴的だなぁ~。』と思っていたのですが、お二人ほど「嵐山の紅葉ってこうよ!」と仰ってくださって嬉しかったです☆(駄洒落じゃありませんが(;^_^A)
20191102_072322887_iOS

20191102_070800682_iOS

アートエッセイ「”ねじれ現象Ⅲ”開けずの扉」




前記事からの続きです。

 「幽霊のように・・・」というのは、「西洋画を描いているぞ!!」という自覚はとても大切なことなのに、多くの場合あまり認識せずになんとなく続けてしまう感じだから。

 「水彩画を描いています。」「油絵を描いています。」という画材別のやりとりはあっても「西洋画を描いています。」「西洋画ですか?日本画ですか?」というアプローチ別のやりとりはとても少ない気もしますし。

 そして教室で講師も

『常々「陰影」「明暗」「遠近」の指摘をしているから、わかってるだろうなぁ~。』
『入られたときから「経験者の方」だから、わかっているだろうなぁ~。』


 と思い込んでしまいがちなこと。

 もし、生徒さん達に聞いてみたら・・・


「えっ!そうなんですか!」(゚ロ゚;)!?(゚ロ゚;)!?(゚ロ゚;)??!!

 となるかも知れません。

そして、「えっ!?今まで知らなかったの?」「陰影とか明暗は適宜伝えていても、”輪郭線に塗り絵みたい”になりがちだったのはそのせい?ノ( ̄0 ̄;)\」と逆に驚くということになるかも知れません。

 これを「開けずの扉」にしておくか、「開けてみる」かは・・・

 神のみぞ知る・・・あ、違うか(;^_^A💦

 つづく

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。