水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 生徒さん達から先の「ターミネータ(稜線)記事」のことをお聞きすることがあります。

 ほぼ9割の方々が今、直接解説してもらったら解ったけれども、記事を読んでもわからなかった。」と仰います。

 そこで、

『簡単なことを難しく伝えて、罪作りなことしてる』と猛省。

 冷静になって考えれば、ターミネータ記事は先方などへの「釈明」がメインの目的なのもあって、解り難かったと思います。

 これから「壱」「弐」に分けて簡略化してお伝えさせていただきます。稜線の特徴などの文言はターミネータ記事にしつこい程書いてますので割愛致します。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

〇卵

自然光稜線卵 (1)

↓ 画像を白黒加工

「目を細めてしっかり見てください」

卵の明暗の境目で、グッと暗くなるラインがお解りになりますか?

少し時間がかかります。暗い部屋に入ったとたんは真っ暗だけど、徐々に目が周囲の光に慣れて、物が見えてくる感覚に似ています。

いかがですか?見えてきましたか?

自然光稜線卵 (2)

そこが「稜線」です。

(実験室みたいな環境ではないので精密性は欠いています。ゴメンナサイ

自然光稜線卵 (3)

〇クロワッサン

20190803_133945279_iOS - コピー

↓ 画像を白黒加工

先程の目を細める見方をしてグッと暗くなるラインを見てください。

20190803_133945279_iOS

そこが「稜線」です。

20190803_133945279_iOS - コピー (2)_LI

<何故、わからないのか?>

 それは、単光でライティングされた
モチーフで静物デッサンをしないから・・・かな?と今は思っています。

 多数の蛍光灯に照らされる会議室だと、陰影が多方向に出来、難しいですからね。

 私も静物画自体敬遠していたから理解が浅かった。(反省)

<例え話>

 例えばの話、「花専門の方」風景画で特に必要な「パースペクティブ」の説明をさせていただいてもピンと来ないと思いませんか?

 人間、必要に迫られないとね(;^_^A💦

<立体感を出すのに大切な線>

『稜線って、ま、適当でいいんやろ?』
と思われがちなのですが・・・

「立体感」を出すのにとても大切なのです。

↓ 卵の輪郭線のみだと平面的

稜線は内側の輪郭 (1)

↓ 稜線を描き陰影をベタ塗り。でも、ちょっと立体的になった様な気がしませんか?

『こんな感じの形をしているんだなぁ。』ということが推測できるというか。

稜線は内側の輪郭 (4)

モノを描くとき普通は「輪郭線」を几帳面に取ろうと頑張りますが、「稜線」も立体感を出すための重要なライン。ということだけ頭の片隅に。

<理論と実際>

実際は「神経を研ぎ澄まして観察しないと見えないこと」&「着彩で陰影を表現する必要がある」ので「描画」はまた別の話。日々練習

それと、反射光、隣のモチーフから落ちる影、固有色、遠近関係、主従関係・・・色々な要素が絡んでくる。

さらに、多くのカルチャー教室などでは天井全面蛍光灯の部屋で描くとなれば難しいのは当然ですよね(;^ω^)💦 

この様な環境は平面的な「日本画」のほうが向いているかも?でも、描くのは陰影で表現する「西洋画」

趣味のカルチャー教室のほうが、プロの描画環境よりも難しいかもしれませんね(;^_^A💦

<ターミネータ記事の見方>

 風景オンリーの方はこの記事で十分。ターミネータ記事はご覧にならなくて大丈夫です。((ノ`Д´)ノ今更なんやねん!)

でも一応補足しますと

・要点のみ知りたい方・・・

・記事掲載に至った概要を知りたい方・・・

・黒川が最初に記事にしたかったことを知りたい方・・・

・稜線周辺事情・マニアックな理屈に興味のある方・・・

・シュワちゃんの映画「ターミネーター」に興味のある方・・・


…と、まるで企業のお問い合わせガイダンスみたいになりましたね(;^ω^)💦

何かありましたら優しく伝えてくださいねでは、また次回に~

次回記事
http://kurokawa-suisai.blog.jp/archives/2019-08-06.html

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村



稜線超簡単図示の簡単図示
ややこしい美術その2稜線


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。