水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


稜線超簡単図解

2010年ブログ開設以来初めてクレームをいただきました。
それは
「間違ったことを断定的に書いたら駄目」という主旨でした。
ブログを書くことは絵を描くことと同じくらい好きで、教室も愛する場所。

ブログはずっと自由で楽しい場所にしたいし、
生徒さんに間違ったことはレクチャーしたくない。


先生いなくて団体にも所属してないから相談する相手がおらず
何に怒られているのかわからなくて当初は本当に辛かったです

自由にブログが書けず、レクチャーもできないと困るので、探して勉強しました。
そして、「稜線」の位置が左寄りだったことがわかり反省。

先方には直接謝罪するも、許してはいただけなかった。

稜線正誤図解


勉強に時間がかかったのは先方が「稜線」として指し示される下図③の赤い帯状の部分への理解でした。

ターミネータ記事には腑に落ちないけど、先方の先生がそう教えたのなら仕方ないなぁ。』と思って「モチーフに丸みがある場合、『稜線』の正解は下図③④の二通りあります。私は④を採用します。」という書き方をしていました。ターミネータ3(明暗境界線)二つの正解 美術の明暗境界線って何?

ところが今日、先生の人物デッサン攻略77のポイントを読ませていただくと「稜線」の指し示し方は下図④と同じでした。

なので現在は『モチーフに丸みがある場合の「稜線」って下図④の赤線だけだ。(下図③の帯状の赤の部分は「稜線」とは違う。)』と思っています。

稜線は”立体感を出す大切な事柄”

下図①②の様に”形が角ばっていたら”図の赤線が「稜線」稜線を境に暗い側が陰の面です。

先方の、下図③の様に”形が丸みを帯びただけ”で、その”陰の面「稜線」として指し示すなんて私には出来ません。※下図③の赤い帯状の部分・反射光の影響が少ない最暗部

また、
下図①②④の様に陰影は稜線を境に暗い側の陰の面に塗る。」と思っています。(画面全体の明るい陰影は除く)

先方の、下図③の様に赤の帯状の部分を
「稜線」として指し示し、「陰影は稜線の真上に塗ります。」
なんて私には言えません。

「稜線」超簡単図示(簡潔に図示できるまで一月半を要しました。)
稜線超簡単図解説明入り2
しかしながら、
先方が最初に私のブログ記事へのご指摘で書かれた

「誰かに伝えるときは
まず自分が正しく理解する事が大切。」
「間違ったまま教えたり流布していくのはどうかと思う。」
「先生として”教える”ということには責任があると思う。」
という言葉には当初より共感しています
なのでこの勉強を頑張ることが出来ました

<完>
いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいします☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村




ターミネータシリーズ(参考)
◎◎◎「稜線」関連記事の中断及び削除に関するお詫び◎◎◎

ターーーミネーーーターーー◀◎回◎▶(明暗境界線)

ターミネータ2(明暗境界線)着彩の聖域「夜明けゾーン」を生かそう!

ターミネータ3(明暗境界線)二つの正解 美術の明暗境界線って何?

ターミネータ4(明暗境界線)立体感を表現する二つの手法 チーク&シェーディング

ターミネータ5(明暗境界線)見落としがちな例外「暗くて・鮮やか」

ターミネータ6(明暗境界線)最終回 「稜線」まとめと今後の方針

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。