水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 風景画はある程度「目線」や「パース」などのセオリーはあるけれど、それらの基礎知識さえ知れば案外自由というか、悪く言うと「誤魔化しが効く」ので楽しく感じます。

 その分、雰囲気作りにパワーが使える感じ

 でも、今迄 静物画や人物画を敬遠していたのは、「形の取り方が風景画よりもシビア」ということ。

 神経使って形を取っても、少し気を抜くと狂うし、誤魔化しが効かなくて、絵画経験の無い人が見ても「変」ってわかる。

 でも、最近、ラクルール人物デッサン会にも通い始めて少し楽しくなってきた。

 下手は下手なりに開き直って楽しもうと決めました

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 人物画では出来るだけ色々な見方を駆使して、正確な形を取るように頑張っています。(それでも狂いますが(;^_^A)

 基本、普段の教室レッスンでお伝えしている方法+αを活用しています。

↓ 左側

「アタリ」は基本中の基本ですね。「中心」「足元の位置」も目安に引いています。

「何分の1・何倍」

 顔の大きさを「1」として、何倍になるか、その位置には何があるか、目安の線を引きます。他、真ん中には何がある?左には、右には?

・・・と伝えつつ、個人的に、あんまり楽しくない見方です。

 右側

 「アウトゾーンの形」を見る。これは結構好きです。形の狂いもかなり改善されますし効果的です。

デッサン形の取り方色々

 数年前、私の教室の「詰め込み教育時代」(笑)は5種類くらいの見方をお伝えしていましたが、現在は「正しいことよりも、本当にちゃんと活用してもらえるように伝えよう。」とお伝えする見方の数を減らしました。

 基本、上の2つですが、「花」や「静物」を描かれるときには、必要に応じて以下の見方をお伝えしています。

「四角にハメる」・・・これは見たまま。感覚的でもいいですが、縦と横が何対何になるか?キッチリ計るとベストです。

「中心を取る」・・・これは、「串カツを作るときに何処を中心に刺したら安定感があるか?」と聞いたらだいたい皆さんわからはります。だって、生徒さんの殆どが「大阪の主婦」ですからね(笑)

デッサン形の取り方色々 - コピー

 その他必要に応じてお伝えするに切り替えたのが以下の3つ

「下に何がある?」・・・頭と足元とかできるだけ離れたものを比べると効果的。思いっきりズレているのがわかります。

「見えない形も描く」・・・代表的なのが、「花を描くときの花瓶の向こう側ライン」などですね。あと、意外と忘れがちなのが「花瓶の影」とか。

デッサン形の取り方色々2

3つ目は

「シルエットロマンス」・・・「シルエットロマンス」というのは私が勝手に言ってることだからよろしくお願いします。他で言うたら笑われますよ(笑)

 これは意外と風景画でも木や点景人物を描くときに活用できるのでお伝えすることが多いです。

※1分35秒過ぎからサビに入ります。あと、3分17秒から。

パソコンの方は引き続き「シルエットロマンス」を聞きながらお読みください。

右側

「立体的な筒」・・・は人物を描くときに、輪切りにして、立体的な筒を描いて立体感を見失わないように頑張るための見方です。

デッサン形の取り方色々2 - コピー

 生徒さんには「プロの人が絵が上手いのは、倍くらいの見方を駆使しているからなんですよ。」ってお伝えしています。

 殆どの方が「絵が上手い」=「手先が器用だから」「才能があるから」と思い込んでいるのでキョトンとされますが(;^_^A💦

★今、人物画で試している新しい見方

 「斜めのつっかえ棒」・・・最近、ラクルールで試してみました。

 上記最初に上げている基本中の基本の見方より、形を取るのが楽しいし狂いもわかりやすいです。

 内容は「どこかつっかえさせてカチッと固定できるラインがあれば、そのラインを頼りに周辺の形を取る」という手法です。

デッサン形の取り方色々3

 パース(線遠近法)をレクチャーするときによく行うのですが、描画経験の無い初心者の方でも「斜めの狂い」には意外と敏感でわからはります。

20190721_053514842_iOS

↓ 明らかに並行ではないのわかりますよね。

20190721_053506802_iOS

20190721_053528788_iOS

↓ 正しい斜めの角度がわかったら、それを元に周辺状況も確認します。私が好きな「アウトゾーンの形」の取り方とかも活用します。

デッサン形の取り方色々4

駄菓子菓子!!(だがしかーし!!)

知識を得たからといって、いきなり上手に描けるかというと、そうは駄菓子問屋が卸しません

練習が必要です(´∀`)💦

詩歌詞長良(しかしながら)

私は安易に「練習する。」という言葉を使うのが好きではありません。


何故かと言うと「無鉄砲に沢山枚数を重ねること」「狙いを定めてそれを出来るように練習すること」は傍から見て同じ様子でも中身は大違いだからです。

「無鉄砲」は「よほど感がよい人」でないと難しいかと思います。

昔、歌を習っていたときの先生はキツい言い方の人で、「”下手くそ”を練習してきたんかいな(・ε・)。」と言われました。それは無鉄砲に沢山歌ってきたときでした(´・ω・`)。

筋トレも”鍛える筋肉を意識しながら”行わないと、効果が無いと言いますものね。

「ローマは一日にして成らず」
「千里の道も一歩から」


私も頑張りますので、皆さんも焦らず急がず、開き直って楽しんで一つ一つ何か成果を感じながら進んでいけるといいですね

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいします☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」
http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●奈良サロン(近鉄西大寺最寄)月一回 第4水曜13:00~15:30
お申込みお問い合わせ☎ 0742-35-8161
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550
●阿倍野サロン(大阪)月一回 第2水曜13:30~16:00
お申込みお問い合わせ☎ 06-6625-1771
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/shinsetsu/?kouza_num=1004580

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。