水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


※明暗境界線(ターミネータ)…惑星において、光の当たっている昼の側と暗い夜の側の間にある線(ウィキペディアより引用)美術では「稜線」と言う。

以前、クレームをいただいてアップを中断した記事がありました(参考:”「稜線」関連記事の中断及び削除に関するお詫び”。当時は事態がよく飲み込めず記事化は避けていましたが。最近やっと全体像を把握。やっぱり教室の皆さんにも大切なことなので連載することにしました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 部屋の電気を消して、窓辺の光だけで、サムサイズのホワイトアイビスに描きました。見苦しいところもありますが、トマトと向き合った二時間の集中は充実したひとときでした。

 静物画はその昔「課題でやらされていた」感があり、

 また、長時間 五木ひろしの様に目を細めて 神経を研ぎ澄ませながら観察し描写せねばならないので、しんどくて敬遠していたのですが…

 「明暗境界線(稜線)のことを知って、”財宝のある場所” をスルーしていたことに気付き、再び敬遠していた「静物画」も「人物画」も描いてみたくなったのです。

20190704204325_001

 今回の仕上げに ”トマトそのものの元気な色が一番感じられる場所”を探し、ジーザスパステルの「アモーレ」を施しました。

 サッカー選手のあの人じゃないけど( ´∀` )(笑)

20190413151913_002

レ・マキアージュ JESUS PASTEL Les Maquillage Vol.3 Color impressionniste Project By Vasenoir Akira Murata ヴァーズノワール 村田旭 監修 カラー アンプレッショニスト 6色セット ジーザス パステル
レ・マキアージュ JESUS PASTEL Les Maquillage Vol.3 Color impressionniste Project By Vasenoir Akira Murata ヴァーズノワール 村田旭 監修 カラー アンプレッショニスト 6色セット ジーザス パステル

 その探す手がかりとなったのは「明暗境界線(稜線)」から推測する観点でした。

 ”その観点”を手掛かりに描いているとトマトがみるみる立体的に、そして生き生きとしてくるから彩色は楽しくてたまりませんでした

 そして、『このことは、意外と経験者でも意識せずに来ている人が多いのではないだろうか?』という思いが湧き、記事で皆さんに問いかけてみたくなりました。

20190704_082207842_iOS

「明暗境界線(稜線)」は”財宝を探す道標”

一方向からの光に照らされる静物の「明暗」の切り替わり部分である「明暗境界線(稜線)」をよ~~~く観察すると

 「陰」から「明暗境界線(稜線)」を跨いだばかりの「明るい場所」が ”モチーフそのものの固有色を一番色鮮やかに感じられる場所”ではないか?という気づきです。

 名付けるならば「夜明けゾーン」(←黒川の勝手な造語)

20190704_075044169_iOS


”透明水彩画は、原則的に一度濁ると元の様にピュアな鮮やかさには戻せない” 

なので・・・

そこは『明るい』と錯覚し、つい薄い色を塗ってしまいがちですが、ここぞとばかりに一番鮮やかな固有色をバシッと効かすべきところ であり、

闇雲に濁してはいけない着彩の聖域。なので、”悩み筆”でベタベタと薄い色を重ねている場合ではないところだと思うのです。

教室ではいつも『花『雪は汚らわせないで…とお伝えしていますが、

 くろかわ透明水彩画教室”第三の聖域”発見とでも言いましょうか((ノ`Д´)ノオーバーや!!)💦私にとっては大きな気づきでした(・∀・)。

※汚(けが)れる…清らかさ、純粋さ、神聖さなどが損なわれて、よごれた状態になる。よごれる。(goo辞書より引用)

20190704_072359182_iOS

「経験者の多くが意識していないのでは?」は教室でなんとなく感じたこと。

↓ よく、水彩の入門書などを読むと、このような図で「明るい」「暗い」「反射光」などの解説がされていますが・・・

初心者の頃『また、ゆっくり勉強しよう。』と思ってスルーし・・・

経験者になる『”反射光”のあれよねぇ☆』・・・と、わかったつもりで振り返らない。

 よほどキッチリ教わるか、よほど観察力のある人以外は、「温い仕事」をしてしまいがちな「死角」なのではないか?と。

 皆さんは陰影を塗ることやハイライトのことばかりに意識が行っていませんか?


水彩画サークル初回 (6)

それでも「観察」が大切


「夜明けゾーン」から「明るい側」に入ると・・・鮮やかなトマトの色は白っぽく色が飛び薄くなる。(ハレーション)

「夜明けゾーン」から「陰側」に入ると・・・鮮やかなトマトの色は暗くトーンダウン。

明るさにも暗さにも邪魔されず、モチーフを観察できるのが、「明暗境界線(稜線)」脇の「夜明けゾーン」かと思います。


↓ 観察しやすいように画像加工しました。目を五木ひろしのように細めるとよくわかりますよ。ツルッとしていて見やすい一番奥のトマトも是非見てくださいね。

「夜明けゾーン」の”鮮やかな見せ場”見つかりましたか?

BlogPaint

 このことを先日ラクルールをご一緒した絵画友達のKさんにお伝えしてみたところ・・・

 最初は上記経験者の反応(≡ω≡.)をされていましたが、途中、ハッ!とされ、

「今まで意識したことなかった!これ、何にでも言える基本よね(゚∇゚ ;)!!」と仰りΣ(=゚ω゚=;) 

 翌朝、「参考にしながら描いてみたよー♪」と、描いたばかりの「人参の絵」が送られてきました。

 人参をぶら下げられると追ってしまう私拝見させていただくと・・・

 見るからに新鮮で美味しそうなニンジンの絵が目の前に!!Σ(・ω・ノ)ノ☆

20190704_113914757_iOS

 この観点はやはり大切なことだと確信

 全くの初心者の方にいきなり説明することではありませんが、行き詰まった経験者の方々にお伝えしようと思いました。


 ただし、ここにさらなる要素(降り注ぐ光の色、台から反射する色、周囲から映る色、主従関係、遠近の関係)が絡みますし、「例外」もあります。

 また、
質感の見せ場でもありますから奥深いのですが記事化はまたの機会に

 ただ、観察するにも着彩するにも”無鉄砲”に行うよりも”射るべき的”を知ることで狙いも定まり、上達もおのずと捗るかと思います。


是非、皆さんも
生き生き水彩画描いてみませんか?
次回「ターミネータ3」http://kurokawa-suisai.blog.jp/archives/2019-07-08.htmlでは「美術で言う明暗境界線(稜線)って何だろう?」について書きます。是非ご覧いただけますと幸いです。
※記事に記載していることはあくまでも現在の私の考えということをご理解くださいね(・∀・)つ。 
※※本記事は全く描画経験ゼロの初心者の方には分かりづらい内容かも知れません。覚えないと絵が描けない知識ではありませんので、とりあえずスルーしてください。

ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしまーす☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


7/25追記 ターミネータ7(明暗境界線)後記「稜線」超簡単図示

↓ 最終的にこう考えました。クレームを頂いてから一月半、誠心誠意勉強を重ねて、理解に努めてきましたが、結果、相手方も違っていたことがわかりました。

稜線超簡単図解説明入り2
稜線超簡単図示の簡単図示

ターミネータシリーズ(参考)

◎◎◎「稜線」関連記事の中断及び削除に関するお詫び◎◎◎

ターーーミネーーーターーー◀◎回◎▶(明暗境界線)

ターミネータ2(明暗境界線)着彩の聖域「夜明けゾーン」を生かそう!

ターミネータ3(明暗境界線)二つの正解 美術の明暗境界線って何?

ターミネータ4(明暗境界線)立体感を表現する二つの手法 チーク&シェーディング

ターミネータ5(明暗境界線)見落としがちな例外「暗くて・鮮やか」

ターミネータ6(明暗境界線)最終回 「稜線」まとめと今後の方針

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。