水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



★伏見教室「くろかわ透明水彩画教室」月二回
京阪伏見桃山駅徒歩30秒。近鉄桃山御陵前駅徒歩1分。雅究房1階
●●1.3火 10:00~12:30 ●●1.3火 13:30~16:00
●●2.4火 10:00~12:30 ●●2.4火 13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯
「薔薇を描く」体験レッスン開催中♪
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00 次回11月13日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30 次回10月23日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回10月21日
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回11月13日
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※基礎からコツコツレッスンします✎生徒募集中☆初心者歓迎です(*^-^*)♪


「稜線」関連記事の中断及び削除に関するお詫び

先日、「稜線」をテーマに書いた思索記事2件は、「間違っていることを断定的な書き方をしていて、記事も複数に分かれており、読む人に誤解を与える。」クレームがあり削除致しました。予定していたもう3番目の記事の掲載も取りやめました。

記事の内容は

あまり考えてこなかった「稜線」について
「丸みを帯びたものの陰影のつけかた」について
誤解しやすい「光の直射を受けるエリアの固有色」について←3番記事目予定
迷いやすい「固有色と陰影の着彩の区別」について←3番目記事予定

※後日記事化してリンクを張りました↑

という今迄に得た美術の普遍的な知識を、全てに整合性が取れるように理解し、自分に落とし込む過程を、「思索帳」と題して『筋道を立てて深く考えた記録』という主旨で作成したものでした。

まどろっこしい方法をとったのは、水彩画講師の私にとって初心者の方が躓くポイントを知ることは宝ですし、『思索の過程で同じ様に考えていた方々との共感が得られればいいな。』という思いと、『これは水彩デッサンにおいて人物・静物のどんなケースでも自分で応用が利く素晴らしい学びになる。』という思いがありました。

このような思索は過去にも永山裕子さんの講座で「正楕円」について知り、透明水彩ノートlite 『円を斜めから見たら”正楕円”を大真面目に考えてみた』という記事を書いたり、田辺恵子さんの講座受講をきっかけに「バルール」について思索記事を書いたりしており、自分のブログなので自由に綴って降りました。

ただし、誤解を与えないよう「提案すること」/「考えたこと」/「解ったこと」は其々表現を区別して綴っていましたが、この度は「断定的」と受け取られ残念でなりません。

なお、つい先日受講した人物画講座は「思索の切っ掛け」であり、「講座の内容」と「記事の内容」は一切関係ありませんので誤解無きようどうぞよろしくお願いします。

また、今後この事柄についてはブログ掲載は控え、記事には致しません。教室で必要に応じてお伝えさせていただくに留めます。画力は未熟な私ですが、知識としては正しく理解しておりますので生徒さん各位におかれましては安心してご受講ください。

記事の続きを楽しみにして頂いてた方もおられると思いますが、この度は予告していたにもかかわらず中断及び削除することになり誠に申し訳ありませんでした。

※2019.06.25追記 
この時点で「知識としては正しく理解しておりますので」と記しましたが、実際はまだ間違っておりました。『クレームの方は№3まで読まずに誤解をされているのかな?』と思っておりました。しかし、「稜線」の位置が全く違っていたことに後々気付きました。

稜線の位置が間違っていたこと、紛らわしかったことについては、受け入れてはもらえませんでしたが、直接謝罪を致しました。

※一度は記事化を諦めましたが、全容を把握し大切なことと感じて記事にすることにしました。

ターーーミネーーーターーー◀◎回◎▶(明暗境界線)

ターミネータ2(明暗境界線)着彩の聖域「夜明けゾーン」を生かそう!

ターミネータ3(明暗境界線)二つの正解 美術の明暗境界線って何?

ターミネータ4(明暗境界線)立体感を表現する二つの手法 チーク&シェーディング

ターミネータ5(明暗境界線)見落としがちな例外「暗くて・鮮やか」

ターミネータ6(明暗境界線)最終回 「稜線」まとめと今後の方針


追記:後日、当教室ではご指摘の方が指し示される「稜線」とは違いますが、もう一つの解釈を採用することに決めました。

稜線デッサン明暗境界線ターミネータ?

稜線デッサン明暗境界線ターミネータ
7/25追記 ターミネータ7(明暗境界線)後記「稜線」超簡単図示
↓ 最終的にこう考えました。クレームを頂いてから一月半、誠心誠意勉強を重ねて、理解に努めてきましたが、結果、相手方も違っていたことがわかりました。

稜線超簡単図解説明入り2
稜線超簡単図示の簡単図示

8月追記
稜線記事が解り難かった方へ(壱)「これだけ見れば大丈夫です」

稜線記事が解り難かった方へ(弐)「顛末書」と「今後」

https://www.facebook.com/kurokawasz/posts/2440715215991719


いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。