水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


昔、作家さん達の考え方を整理したことがありました。

例えば「水張り する⇔しない」

「大きな画面で描く⇔小さな画面で描く」

「写真から描くもオッケー⇔徹底的に現場主義」

「絵の具 多く使うのがコツ⇔少なく使うのがコツ」

「筆洗の水 たっぷり⇔少なくていい」

「筆の根元に絵の具+筆先に水分⇔筆の根元に水分+筆先に絵の具」

etc・・・

 で、皆さん透明水彩画で活躍されていても、真逆の方針を多々発見。

結果『何が正しいってないんだ。』ということがわかりました。 

2018.06.25の透明水彩画 (2)

そしてそこで、

「写真から風景は描けても、現場スケッチは出来ない。」

「現場スケッチは出来ても、人物は描けない。」

「写真から人物は描けても、生で人物クロッキー・デッサンは出来ない。」

「まとまりやすい小さな絵は描けても、大作は描けない。」

etcを 整理してみると・・・

2018.06.25の透明水彩画 (3)

「人物(着衣・裸婦)も静物も風景もたしなみ。

全て写真からではなく現物、現場で描き。

取材ではカメラを一切使わず、

すべて肉眼を通した多くのスケッチから構成し、100号サイズの大作も描く。」



『…というのが「誰からも文句のつけようのない活動」だな。』ということがわかりました。



でも、誰も彼も趣味趣向は様々やろうな。

趣味で絵をするなら「正しさ」に拘らず

「好き嫌い」の問題でやっていけばいいよね。


という結論に至ったという。

2018.06.25の透明水彩画 (4)

 で、尊敬するのは「写真の無い時代の花鳥画家」と、「生で人物画を描ける人(←デフォルメではなく、ちゃんと人に見える正統派の人)」だな。

伊藤若冲作品集
太田 彩
東京美術
2015-11-25


・・・と、そんな思考整理を 過去に したことがあります。

という話題でした

2018.06.25の透明水彩画 (5)

あ、サクランボの完成作は次回に。

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいします☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。