水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


 西洋の具象画を描くには「明暗」の把握は欠かせない。

 でも、「見よう!」としなければ「明暗」を見ることは難しい。

 基本は目を細めて、じっくり見る。

 透明水彩画は「明るいところから暗いところへ向けて」塗り重ねていくので、どこが明るいか?把握していないと、固有色の塗り絵になってしまう。

 固有色の塗り絵でも個性や味わいが出るからいいのだけど、光と影を感じる臨場感溢れる表現は遠のく。

 モチーフに当たっている明暗を描くことで、その場を取り巻く光と影を表現する。

 そこで、生徒さん全員に明暗だけで描く構想図「トーナルスケッチ」を勧めてみたことがありました。

 「目線(アイレベル:EL)の確認も同時に行います。

20180423_080112297_iOS
 
15八瀬比叡山口駅舎にて透明水彩スケッチ

 こちらはスケッチなので、レクチャー用にトーナルスケッチは後日描いたものです。

20160915_041611528_iOS

20150710透明水彩画「京都の風景(四条大橋あたり)」完成

 トーナルスケッチを描いていただくことで、レクチャーする側にとっても「この方がどれくらい明暗を把握されているのか?」がわかっていいのです。

 殆どの方が「トーンの幅が狭い」ので、「暗い場所探し」をして、幅を広げてもらいます。

20161010_062302880_iOS

2016-11透明水彩画「静かな時間」完成

 でも、これもエスキースと同じく 描く前に取り入れる方は ごく一部になっています。

 でもでも、『それでもいいかな?』と思っていて、「トーナルスケッチをしなければ。」と思って気力が萎えたり、「明暗を見て整理する目的」なのだけど、当初の目的が飛んで熱中して細部まで描き込み、本製作に当てる気力を使い果たしたりしては意味ないからです。

 でも、して損はないです。具象画として明暗で描ければ固有色でモチーフを表現する必要がなくなり、色は自由になります。そして、色々な色を入れて雰囲気のある絵が描けるようになります。

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいします☆
↓↓↓

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。