水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)



20180313Hさん透明水彩画

「情緒」「雰囲気」「印象」「詩情」「ムード」「ドラマ」「物語性」・・・「情景描写」「何かしら表現されている作品」・・・「主題(テーマ)」

 前記事のキーワードを並べてみました。

 生徒さんの作品展でも人目を惹く作品は『何故なんだろう?』と考えると『「情景描写」が前面に出ているな。』『主題がはっきりしているな。』と感じたし、手を入れる時にちょっとでもそれを浮き出すことが出来た時は「そんな絵が描きたかった」と言われることが多く。

 そういうときって、最初、何かしらその景色に魅力を感じて撮ったときや、それを描こうと思ったときの当初の気持ちが、ふっと蘇るのではないかな?と感じています。

20180319Oさん透明水彩画

 でも、一旦取り掛かった絵は 「構図は変えられない/濁ったら鮮やかに出来ない/暗くなったら明るく出来ない」 ので、八割方のところでは出来る範囲が限られる。やはり「描く前に」何かしら考えておくのがコツかなと思っています。

 特に「構図の修正」「鮮やかにできない」のは勿体ない

.。o○o。.★.。o○o。.☆

 でも、具体的にどう考えてよいかわからず取り掛かると、その当初の感動は、下描きをして~塗る一連の作業中に飛んでしまうというのが難しいところ。

 全くの初心者のときは慣れるまで写し描きでもいいですが、描き慣れて来たらなにかしら表現しないと勿体ない

 で、「主題(テーマ)」を持つ だけはしてもらえたら と書きました。

 主題といっても難しく考えずに

 「光と影」次の作品でも「光と影」ずーーっとずーーーっと毎回毎回「光と影」でもいいのです。

 「長閑な田園」「賑やかな街」「綺麗な花」「可愛い孫」「雨降り」「朝の光」…とか簡単なものでいいのです。「青色の風景」など「色」にこだわるのもいいですね。

 もちろん「午後の憂鬱」とか哲学的なのものでもいいです

 事前に何かしら「イメージ」が湧いたり コレ というものを意識できれば作品に影響すると思います。

 次回は、「箇条書きのポイント」や以前に記事にした「エスキース」の他に、今まで提案してきたことを書いて行こうと思います。

20180508 Kさん透明水彩画作品_iOS

作品

1番目 Hさん作品
 後ろの都会の風景を抑え気味に描かれているので、薔薇の花がとにかく前面に押し出されとても印象的です。色も濁さず綺麗。影色も綺麗。遠近感もしぜんだし、感動しました!

2番目 Оさん作品
 バックの色合いも含めて、ご本人の個性が出る味わい深い作品。枝もすごい良くなりましたね。十人十色、色は自分の気持ちにフィットする色を塗ることって大切だと思います。

3番目 Kさん作品
 最初に主題を確認したら「奥の光!」って即答でした。構図と基本的に遠近感で気を付けないといけないことを伝えただけで、あとはご自身を前面に出して、主題も成功しているし、力強い印象の作品となりました。

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいします☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。