水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 最初は初心者の方のほうが多かった教室。気づけば皆さん数年続けられて上手な方が多く、『今後どんなことを提案していったらいいかな?』といつも考えているのですが

 あるとき気づいたのが、もう充分素敵な作品を描く力があるのに、透明水彩の基本技法【重色(ウェット・オン・ドライ)】で損している人が多いのではないか?ということ。

 透明水彩絵の具は、パレットで固めたものを水で溶いて使う・・・ということは、画面に塗って乾いた絵の具も、その上を何度も何度も水を含ませた筆で擦ると溶けだす。そして、重ねようとした色と、塗った色が混ざり合って濁る。

 せっかくセロファンを重ねたような深みと透明感が出せるところなのに勿体ない。

 ということで、架空の木を題材に、3回に分けて塗る【重色】を皆さんにおさらいしていただいた。

20180423_080449831_iOS

・最初は明るい緑色 余裕があるならば濃淡や色の変化をつけて着彩。

一旦乾かした後に重色 やや濃度を高めて塗る。

・また一旦乾かし、やや濃度を高めて塗る。の繰り返し。


・塗るときのアプローチは、下の色を剥がさないために

 傷口を消毒するときのような筆の使いよう。

 例えば、コリンスキーの高級な筆は、腰がありつつも癒されるくらい柔らかな肌触りなのは、その点でも優れているからなのではと思っています。

 もし、高級筆を使っても、水たっぷりの筆先に少しだけ絵の具を漬けて迷いながら画面を撫でていたら、色はどんどん濁る。どんなにいい画材を使っても、ここを外したら勿体ない。

 画材といえば、丁度この課題をしてもらおうとした直前、緑の重色をしておられる方がいて、「先生、この紙、全然色が乗りませんねん。なんでやろ?っておっしゃっていて・・・課題後・・・
「紙のせいではなかったですねというエピソードがありました

IMG_0002_NEW

【絵具を溶く

 ~試し塗りしながら色作り(濃淡も色のうち・量が必要ならそれも忘れずに)

 ~筆全体に絵の具を含ませ(回転させて)

 ~フチでしごいたりティッシュで吸わせたり筆を最適化

 ~着彩する】


 という着彩の基本もしていただいた。

 絶対に面倒くさく感じると思われるけど、下地より水っぽくなればなるほど ズルリと下地が剥がれ易くなるので。一旦おさらい。

 絵の具を薄くしか溶かずにチャチャっと塗って、ズルリと剥がれたところに、さらに焦って色を継ぎ足すって、皆さん経験済みの方多いかと。

↓ 皆さんにしていただいたときの写真 上は「濁る」のメカニズムの説明。

20180312_051215399_iOS

↓ この前、ふと、描いたような木があったので撮影しました。
(斜光バージョン)
20180428_013819018_iOS

(順光バージョン)
20180428_014109356_iOS

(逆光バージョン)
20180428_013723701_iOS

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいします☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。