水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


 Sさん透明水彩画作品「伏見の街角(仮題)」

 Sさんとの出会いは丁度一年前、私の出品するグループ展にたまたまお越しになり、私の作品を見て即決で教室に申し込まれたことがきっかけでした。

 70代後半の方、絵は長い間続けてこられ本当は淡くて柔らかい表現が好きなのだけど、そういう教室が無かったとのこと。

 私にとっては普通のことでも「そんなこと初めて聞きます!」と喜んでくださって私も嬉しい。

 建物を描いたり風景に人物を入れたりすることが無かったSさんにとってはチャレンジです。当初と比べれば人物もかなり自然な感じになりました☆

 この作品では「ドライブラシ」を酒蔵の壁の表現にレクチャー。

 これも「初めて知りました!」と一生懸命取り組まれていました。

21さん透明水彩画作品「伏見の町角(仮題)」

 ある程度描けるようになってくると、また漫然となりがちですが、そこで更なる「質感」の表現に挑戦するなどいろいろと課題は尽きないので絵は飽きませんよね(汗)

↓ Sさんの描かれるアジサイは教室でも皆の人気です♪

05Sさん透明水彩画「アジサイ」

 いつまでもお元気で楽しく絵を描いてただきたいです☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アートエッセイ 「地味なレクチャー」


 地味な題名をつけましたが、別の言い方をすると「コア(核)」に出来るだけ近いことをお伝えする仕事をしたいなぁ~と思っているということです。

20160620_025644495_iOS

 "絵は自由に楽しく描けばいいもの""感動を描くのですよ""描きたいものを描いて描きたくないものは描かなければいいんですよ"・・・ということも耳にしますが、

 先日も生徒さんと「そう聞いてもただ"絵が無秩序になる"んですよ」という主旨の会話をしました。私も色も形も滅茶苦茶になって悩みましたから同感です。

20160620_025653651_iOS

 それで、今まで様々なプロの方々のワークショップなどに参加して感じたことは、『やっぱりそうは言いながらもデッサンや、前後の関係とか、光の方向とか、明暗の確認とか、構図の吟味とか、ちゃんとやってはるやーん。』ということ。

 プロにとってそれは「基礎」以前の「空気」みたいなことで「当たり前」なんだろうなと確信。

20160620_070239963_iOS

 「パッション(意味:感情、情感etc・・・)」は大切ですが、ゼロから始める人にとってその「空気」くらい当たり前のことがわからないから逆に不自由になるってあると思うんです。

 大前提として生徒さんの「知り得たい!」という姿勢も必要だけど、私の立場はプロにとって「空気」みたいなことを言葉で具体化し、出来る限り理論的に伝えるという作業が役割かなぁと思ってレクチャーをしています。

20160607_065516967_iOS

 幸い日本は識字率も高く、義務教育も行きわたっている国で、教室に来られる生徒さんも学業にお仕事に様々な人生経験を積んでこられた方々ですから、ちゃんと説明して差し上げれば理解されると思うのです。

 もちろん、何度も同じことを聞いて→やってみて→失敗して→成功して→やっとわかる!ということが殆どで「(聞いて→)すぐ簡単に描ける!」って技法書の題名みたいなことは夢物語ですが(そこが絵の奥深く楽しいところでもあります。)

 それで初めて「気付くまで待つ」かなと。

20160624_021909209_iOS

美術の世界はほんとうに広くて

・美術史に名を残す表現を見出す
・有名な建物の内装(壁画や天井画、襖絵)を手掛ける
・有名美術大学を目指す(卒業する)
・有名な会に入り活躍する
・有名な賞を取る
・一流の画廊で展覧会をする
・私設美術館を建てる
・売上を上げる
・・・・etc

 すごい世界はすごいので「何が正しい?」とか「何が一番?」は無いんですよね。

20160712_110814942_iOS

 私は趣味で具象的な水彩画を描いて楽しみたいという方々のお力になれればと。「デッサンを一万枚描きなさい。石膏像を描きなさい。」とかでなく、現実的に丁度良い内容の教室が出来たらいいなと思っています。

 私が出来る限り地味な根っこからアプローチすることで、生徒の皆さんには自由に、そして、様々な個性で輝いてもらえるんじゃないかな?と思っています。

基礎知識と枝葉の知識2



 "透明水彩で描く具象画"ということでザックリと似てはきますが、皆さん元々素晴らしい個性をお持ちなのに「上手くなったけど先生の絵になっちゃった!」とか「あっ!これは、あの先生の教室ですね!」と言われるのは勿体ないなぁと感じています。

 あ、また長くなっちゃった。アートエッセイはこの辺で。


↓ 今、読んでいる本(≡ω≡.)面白い題名でしょ?

20160715_052858411_iOS


いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。