水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00 次回5月13日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30 次回5月27日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 5月18日
●第2水曜 午前9:30-12:00 5月13日
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)

オンラインレッスン始めました! https://coubic.com/kurokawasz/995142#pageContent


 皆さんこんにちは。連日の雨から打って変わって夏の様相を呈してきましたね。最近は「永山裕子さんの本を買いたいのですが・・・。」という問い合わせがあり驚きました。本を売っているサイトに見えますか?

 過去には「京都駅にいるのですがこの辺りで水彩画の展示があると聞いたのですが・・・。」「青江さんの教室に入りたいのですが・・・。」という問い合わせなど"水彩画インフォメーション"と思われていたり ちゃうちゃう~

 「教わるのはいいから、出品のために仕上げだけ完成させてほしい。」依頼など人からの見え方に幅があって驚くこともありますそんな先生がいたら私が頼みたい

 ・・・長くなりましたので本題に入りま~す

06中村愛講座課題製作途中

 先月は透明水彩画家の中村愛さんのワークショップに初参加♪ 私の中で学びに行くことを「遣唐使(又は遣隋使)」 、新たなアイデアが持ち込まれることを「文化伝来」と勝手に呼んでいます

 内容は実際に生の薔薇を見ながら描くもの。丸一日ビッチリ。上の作品はあと葉を数枚描いたら完成です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 以前から折り重なる葉の表現ではいつも悩んでおり、そのヒントをいつも求めていました。

 正論を言えば「ネガティブペインティング+ポジティブペインティング織り交ぜて描いてゆく。」なのでしょうが・・・私は教室を開いているので「生徒さんに伝えやすい」「生徒さんが理解しやすい」「生徒さんが実行しやすい」 ものでないとレクチャーからは却下しています。

 しかしながら、中~遠景の木の葉ならまだしも、中途半端に近景~静物でゴチャゴチャ状態の葉って「どうやって描いたらいいのか?」って具体的に説明するのは難しいんですよね

  かと言って「よく見て描いてください。」(←大切は大切)の一言では困りますよね"絵描き歌"的なアプローチ も応用が利かないし。マスキングを使うのもポコーンとならないよう技術がいる・・・。

 で、今回その突破口になるアイデアに気付き、得たことをこの一か月教室でシェアしています。長々となるのでブログでは割愛しますが要は「ポジティブペインティングだけでも描ける」ってことは目から鱗でした。

 バックについて、今まで私は"明るいバック~暗いバックに対応した説明"・・・を設定していてネガポジ織り交ぜる必要があった のですが、"明るいバック"に割り切ることでレクチャーがすごくスムーズにいくことはとても大きな発見でした。(←誤解の無いように補足:明るいバックに割り切るのは私が勝手に気づいたことで中村愛さんの具体的な指導内容ではありません。)

 明るいバックは美しく見えますしね♪

 あとは、生かせる課題に当たっている生徒さんに実践してもらうのみ。役に立つといいなぁ~。(*´∇`*)希望の光

 生徒さんへ:「説明まだ受けてないよー。」という方は言ってくださいね( ´∀`)つ 
 
20160606_082332047_iOS

 ここでちょっと周辺の写真特集


 旧居留地の一角は一流ブランドの店舗が軒を連ねています。上の写真はエルメス。

20160606_082656789_iOS

20160606_082702716_iOS

20160606_083302642_iOS

20160606_083307328_iOS

 今のところご縁はないのでサササーッと通り過ぎる。

 ↓ そしてこういうものに目が行く

20160606_082529153_iOS

↓ 真ん中の魚?ザリガニ?(←ちゃうちゃう)不思議な形ですね。

20160606_082459012_iOS

↓ うわぁ~。何だろう???

20160606_083015786_iOS

 ~~~~~

 午前中は実演だったのですが、下描きが「日本画の人だなぁ~。」というデッサンだったので美術短大の頃がフラッシュバックして懐かしく感じました。

 25人?くらいの大勢の参加者だったにもかかわらず、何周もまわってきてアドバイスのコメントをしてもらえてとても嬉しかったです☆

↓ 著書 3冊出ています。昨年の春に東京のギャラリーび~たでの個展に行ったことなど話せたし、サインもしていただけて感激しました☆

水彩で描く花色手帖 カラーチャートと描き方
 注意:私は売ってませんのでお近くの書店またはネット通販などで入手してくださ~い

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。