水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日、7/8、7/29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回3月分振替6月3日10:00-12:30、6月24日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)、7月8日、9月9日、9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 みなさんこんにちは!11月25日~30日の会期で予定している私の個展と教室展、今月から準備始動です。出品案内を教室で順次配布させていただきますね。

 今週は旦那が珍しく体調を崩し・・・子供は急激な日焼けによる帯状疱疹・・・それが一日のうちに発生して通院に朝から夜までかけずりまわるという。重なるときには重なりますね(汗)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「明暗だけで描くことを体感するワーク」

 回を重ねるごとに上手になってきていて・・・。私も主旨を伝えるのにコツを得てきたというのはあるのですが驚いております。


 直近のも写真撮り忘れたのですがさらに完成度がアップしていてビックリでした。

20160524_065016276_iOS

 で、みなさん、知らず知らずのうちにさせられていたことがあります・・・

 なんでしょうか?・・・

 ・・・

 はい、それは・・・ネガティブペインティング!!なのでした。

 輪郭線の周囲を暗くすると、花がポーーーン!!と飛び出しますね。

 そして、花も絵の具で塗った方は花も周囲と同じような暗さになったことから、花が少しバック(周囲)と同化して馴染んでいるのがわかると思います。

 また、周囲の色を一部弱めて花とのコントラストを低下させた方は、そこだけバックと同化して馴染む感じになったのがわかると思います。

20160524_055352478_iOS

 輪郭線で描くことはしていないけれど、今回は花の周囲の輪郭はしっかりととっていただきました。

 ここがちょっといい加減だと「なんかいびつに丸いもの?」みたいな感じになって、薔薇らしさが出なかったかと思います。

 輪郭はバックとのコントラストがハッキリしている部分については正確に形を取ったほうがよさそうですね。

 あとわかったことは「明暗で描くと色はかなり自由度がアップする」ということ。

 白黒でも明暗のバランスが整っておれば立体的かつ具象的な薔薇に見えますね。バック(周囲)の色も好き勝手に暴れさせてもおかしくなかったですよね。

 白黒写真やセピア色の写真を見ても不自然には見えないのと同じだと思います。

 これが不思議と「輪郭線」に「塗り絵」で描く方法だと、黒にベタッと塗ったら『黒色の薔薇?』って「そのものの色」に認識してしまうんですよね。(←注意:ダメでは無いです!好みの問題。)

 明暗だけで描く絵は、輪郭線からも解放されるし、固有色からも解放されるので、難しいけれど魅力があるのかな?と思います。(特にバーッと描きたい女性に人気)

 何かのヒントになれば嬉しいです。

BlogPaint

 あっ、本題に入る前にまた長くなってしまった・・・

 色々な事がわかるのですが、あと一つ。

 輪郭線によらず明暗で、その中でも特にザックリと描くのはとても魅力的なのですが、「どこから見てもらう絵か?」ということを考えることもポイントです。

 こういう絵は近くから見ると?????な感じなんだけど・・・

20160520_014545494_iOS

20160520_042810064_iOS

 だんだん遠くに離してみると・・・

20160520_034126188_iOS

 どんどん印象が変わり、離れて見てやっと成立する感じになります。

 展覧会でも、こういうアプローチの絵をいきなり20センチ程の至近距離で眺める人はいないと思います。

 でも、「姿勢」や「客観視」をうっかり忘れていると、勉強する姿勢、”至近距離20センチくらい”でウンウンと悩み続けることも・・・

 緻密なボタニカルアートなどではそれでよいと思いますが(逆に虫眼鏡で見ながら描くくらいで◎)、「どんな絵が描きたいのか?」は「どこから見る絵か?」ということも考慮に入れるとよいかも知れません。

20160520_035027273_iOS


余談

 私は何故かついつい面白いものを街で見つけてしまうのですが・・・

 ポテチ味のコーラってなんやねん

20160523_091153000_iOS

 先日はこんなものを見つけてしまいました。

 えっ?「何が?」ですって??


BlogPaint

↓ テールランプの左右に「←コッチ」「アッチ→」って書いてあるんです( ̄▽ ̄;)!!。

20160603_073641079_-1iOS

20160603_073641079_-2iOS

 何か、深~~~い意味があるのでしょうかね?そのトラックは「←コッチ」に曲がってゆきました(≡ω≡.)・・・・・・

いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。