水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


 このシリーズ・・・ほんと文章多いので適当に読み飛ばしてくださいね。左脳派の方にはいいかな?と思って書いています

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

レクチャーすること


 教室を始めてからレクチャーすることの奥深さを感じ、今は自分で描くことより好き(←どーなん?それどーなん?)で楽しいです。

 「人にレクチャーする」ということを学ぶために「自分が一番苦手なこと」にチャレンジすることを毎年の課題にしています。

 一昨年は「歌が超苦手でコンプレックスな人が自分の力で歌えるように」というコンセプトの教室に毎週通いました。

 子供の頃から超歌が下手+上がり症。学校では合唱コンクール・社会人になると職場でカラオケと大変苦労してきたので、申し込むだけでも清水の舞台から飛び降りる気持ち。(←これは歌下手な人間しかわからないと思う。)

 私は先生の言うとおりに全然できなくて手を焼かせました。でも、絵も歌も共通点が多くて学ぶことが多く、勇気出した甲斐がありました

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「喋る」から「歌う」になるまで半年かかった


 先生曰く、「世の中のほとんどの人が歌ってるんじゃなくて喋ってるんだよ。」とのこと。「私の周囲はみんな歌が上手いですけど・・・。」って言ってもちゃんと歌っている人は希少なのだとか。

 最初の最初、先生の前で歌うのに慣れるまでは厳しいことは言われなかったけど、慣れて楽しくなってきてからが大変でした

 私は素直に大真面目に取り組んでいるのに、どんなに頑張っても歌を中断「喋らない!」って曲を止められるのです。

 「喋る」から「歌う」が少し出来るようになるまで半年かかりました。

 中途半端に慣れてくると、音の「高さ」や「長さ」、「リズム」を事前に想定せずに、曲が始まったらなだれ込むようにただ歌詞を追って口を開けることを「歌っていること」と勘違いしてしまうんですね。

 「手前で!手前で!」「喋らない!」「歌詞は関係ない!」って何度言われたか知れません。

 「感情込めるとか大切ですか・・・?」と聞いたりしたら、
(--;)ノ''ブルブルブルブル「今はそれ以前の問題をしてるねん!」と厳しく( ̄▽ ̄;)

2007.07.08えんぴつ画

絵も歌も同じだった

 プロの人は「(構想+)観察八割、描画に二割」、初心者は「観察二割、描画に八割」と言われていますが、

 人間はつい楽な方向に流れるから、面倒なことは置いて先を急いでしまうんですね。

 そうすると・・・

 絵では観察無しだと圧倒的に外からの情報量が少ないので「思い込みの象形文字の形を輪郭線で描く状態」&「リンゴは赤、バナナは黄色、山は緑・・・などのように頭で理解している固有色を塗り絵する状態。」となり・・・

 歌では「音の高さやリズム、どんなラインを通るように歌うのか?etc」を手前手前で想定し、狙って入らなければならないのですが、何も考えず曲がスタートすると表現する情報量が少なすぎて『歌詞を喋ってるだけの状態』に。

 表現する側はそうやって漫然と処理するほうが楽なのだけど・・・

 鑑賞する側に回ると、「全部こっちを向いている花や滴型の葉」「頭が大きく、首が長く、全員股間まで隙間が見えるくらい大股で歩いている人」「髪の毛の様な柳」「SUUMO君の様な丸い木」「全てキッチリ梯子の様に見えている柵や欄干」など記号的な表現は、ひとの心に響かないのかな?

過去の作品2007 (2)

「”リンゴは赤い丸に点”だと思っていた。」

 水彩画教室を始めた時に最初の最初にリンゴを描いてもらっていた時代が少しだけあって、リンゴの形状や色などについて長々と説明した後に「意外に複雑な形や色をしているんですね~。」と、まるで初めてリンゴを見たかの様に時間をかけて描いてもらってたのですが、

 おひとり グルリ~~~~~ン と周囲を一気に描いて 軸をシュッツ!「着彩してもいいですか?」って超激早(゚∇゚ ;)エッ!?Σ(=゚ω゚=;)Σ(`□´/)/な方がおられました。

 『形に30分はかかるだろう。』とふんでいたので、その早さについてゆけず驚愕したことを覚えています。

 「絵」じゃなくって「図」?・・・
レッスンが終わって『これからどうレクチャーしようか?』悩んでいると・・・

 その方から感想が送られてきて(文面は覚えていませんが)「”リンゴは赤い丸に点”だと思っていましたが、違うことに気付きました。etc」と、その方なりにすごい発見のレッスンだったことに驚きと安堵したことを思い出します


過去の作品2007 (1)

『あれっ?「キメテニナヤム」シリーズだったよね
『なんだか漫然としてキメテニカケル文章になってきたぞ(; ̄Д ̄)ヤバい!』←心の声

表現する側として

・・・と、と、とにかく 描く側は表現者なわけで、人間見ていないものを描いたり、想定していないことを歌ったりで感動を伝えることは無理なので、

 「ここが主役!!」や「ここが良かったからこのモチーフを選んだんだ!」みたいなところや、構図や明暗などの絵の骨組みを自分の中で確認してから取り掛かる習慣をつけると、せっかくの作品がもっと光ると思います。そうでないと『勿体ないなぁ~。』って。

 お勧めしている着彩前の取り組みをしていただけると、徐々にでも違ってくるかと思っています。

透明水彩画作品「ちょっと水分の飛んだみかん」

立ち止まって観られるってすごいこと

 最初や毎回うまくいかなくても、新たな発見があったり、誰かの心に印象付けられる作品が描けると嬉しいものです。

 昨年の展覧会では、ほぼ9割以上の来場者が”流し見”せずに”一作品一作品立ち止まってキッチリ鑑賞してくださってた”ってことも本当はスゴイことなんです。自信を持ってくださいね☆

 生徒さん同士褒めあいながら、楽しくじっくりと進めていただけたらいいなぁと感じています。

※まだ話題はあるのですが忘れたころにシリーズ更新します


いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。