水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


 このシリーズは、新規入会で経験者率が高くなったことと教室開室から数年経ったので中級者向けに何かヒントになればと思いついたことを書き連ねております。

 カレールーでいう「辛口」設定にわざとしていますが、普段の私はとーっても優しいんですよ←(ノ`Д´)ノ自分で言うなっ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 私の教室は基本、「普通の人が日常で楽しむ絵」を念頭に「絵画経験ゼロの初心者」の方を主な対象としています。 

 「美術の基礎」を伝えて「自分の力で自由に描けるように」なっていただければと。

 というのは、私自身が全然自由に描けなくて、最初の頃はワークショップに参加したり、技法書を読み漁り・・・

「絵は自由に描きましょう。」
「絵は楽しく描きましょう。」
「感動を絵にしましょう。」
「絵は簡単に描けますよ。」


・・・って言われても、内心『(ノ`Д´)ノそれがでけへんから困っとるねーん!』って感じだったんですよね。

 「じゃあ!」とばかりに慎重に見てゆっくり描いていたのを気持ちのままにやってしまうと・・・「形はガタガタ・象形文字」「色はガチャガチャ・喧嘩状態」

・・・で結局、先生に「パースがおかしいですね。」「明暗がおかしいですね。」と指摘されるのはいいとして、素人向けのワークショップなのに「もっと描ける人が参加してると思った。」ってボソッと呟かれたりして

 『(ノ`Д´)ノやっぱ”美術の基本”要るやーん!』 って感じで、

 技法書では「こう描けば簡単ですよ。」・・・・って『(ノ`Д´)ノそれができたら苦労せえへんねーん!』レベルの上手い絵が掲載されていたりするんです。

 例えば「定規を使えば簡単ですよ☆」・・・って『(ノ`Д´)ノパースの知識完璧やないと無理や~ん!』とか。

 そこで、”外せない基礎知識””自由に楽しくでいい事柄”を整理することを始めて現在に至ります。

20160506_062634507_iOS

 教室では私に遠慮せず「こんな作家さんみたいな絵が描きたい!」という理想を持っていただくことを推奨もしています。 人其々なので「自由に」って大切。

 で、他の教室やワークショップ経験者も増えてきて感じることは・・・

 「基礎を教えてくれるところは意外と少ない」印象と「自由に表現したり華やかな技法を生かすためには土台となる基礎が無いと乗っからない」こと。

 「よく見て描いてください。」以外あまりアレコレ言うタイプの先生は少ないのかな?

 そして、せっかくの素晴らしい技法や画材も生かせなかったら勿体ない。例えば「流行の美容院に行ったはいいが自宅に帰ったら自分で出来ないヘアスタイル。」みたいなことって絵でもありませんか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 私は、世の中大金持ちにならなくとも”食うに困らない金”があれば「普通に生活できる」のと同じく、”描くに困らない基礎”があれば「普通の人が日常で楽しむ絵」が描けるって思っています。

↓ この記事のように立体二つを10時間描いて「皆さん早すぎます!」の世界も正しく、


 私も最初の頃の水彩画作品は50時間くらいかけて仕上げていて、数十時間目に初めて気づくことも多々ありましたし、短大の頃は日本画一枚に2,3ヶ月かけていた記憶がありますが、

 それを趣味で楽しく描きたいという動機の初心者の方に強いたら楽しさを伝える前に心が折れてしまうのは明白。

 かといって、「自分で気づくことが大切」 ということで「何も教えない主義」「感動を自由に楽しく描いてください♪」「いいですね~♪」と”甘い言葉だけ”では、気づく前に一生かかる。

 かといって、かといって、基礎を一定期間区切りをつけて終えてしまうと時間の経過につれ忘れ去ってしまう。

  ”普通の人が日常で自由に描くのに困らない程度”の基礎知識を自分のものとして得てもらうべく、現実的なギリギリのラインを日々探っています。

20160506_062829294_iOS

 生徒さんには全くの初心者の方には「まずは失敗を恐れずに描いてみること。」を重視していますが、

 描き慣れて伸び悩んでいる方ほど「描く前に考える10個の項目」と「描いているときに考える3個の項目」「守破離の守」は製作前に読むだけでもしてもらい、「明暗を整理する3つの方法」を”五郎丸ポーズ”のように儀式的にでもしてもらえたら幸いだなぁ~と思っています。(悩んでなかったら不要です。←ここ大切)

 もう、これがギリギリのライン。今のところこれ以上簡潔にまとめられない

 「人間の頭脳は検索エンジンの様な働き」もあり、「無意識のうちに考えている。」って話も聞きます。何か"気になること”など自分に課題があると、普段は目に入らなかったのに街でそれに関することがやたら目に入ってくるってことありませんか?

 私達は日常生活でモノを目にしている様で実際には見ていないんですよね。ウン十年と具象的な世界を見て生きていても具象画が描けないのはそのせい。手先が器用とか不器用の問題ではないんです。

 上手い歌手の曲を何百回聞いても歌が上手くならないのと同じで、課題を持って見て(聴いて)気づくことが大切だと思います。

20160506_070350520_iOS

「先生が教えてくれないのは何故?」「早すぎる着手を少しでも引き留めること」「歌も同じだった」「自由度を上げるメリット(自由な自己表現と人の印象に残ること)」について書こうと思ったけど、また長くなってしまったので今度にします。

 長文お付き合いいただき、ありがとうございました( ´∀`)つ。

 あっ!画像は本文とは全く無関係!!昨日、梅田のステーションビルに立ち寄ったもので


いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
↓ フェイスブックで小野月世先生がシェアされていた動画 自由に描くってほんと楽しそうです☆
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。