水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方」に住まい関西の風景を透明水彩で描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。



「第3回黒川しづこ透明水彩画展&教室作品展」は約720名のご来場をいただき盛会のうちに無事終了致しました!ご来場ありがとうございました!


 今年の伏見教室の春スケッチ(4月のみ)は天候に恵まれました。

 ・・・というか毎回天候に恵まれ、私は晴れて「晴れ女」の称号を得られています(笑)

 展覧会以降は既に他でもされておられるなどの水彩画経験者が多く入られましたが、それ以前は絵自体が全く初めての方向けの教室でしたので、スケッチ会を開くまでに3年を要しました。

 今年は昨年の倍!!

 つーーーても、一回当たり2名だったのが3,4名に増えただけですが 

20160426_024413475_iOS

↓ Sさんはカルチャーハウス香里ケ丘講座のほうで、昨年から初めて絵を描き始められ、絵を描くのも楽しくなってこられた様子。

 今年はじめてスケッチにチャレンジされました。ナント!!前週のスケッチにも参加し、とても楽しかったとのことで連続での参加です☆

20160426_021232192_iOS

 めちゃめちゃ自信無げにされるのですが、いやいや!なにをおっしゃる!!

 めっちゃいい感じじゃないですかっ!!!

 初めてでここまで描けたら、もう、日常生活で絵を楽しめる域に入っていますよ。旅スケッチも楽しめるはず☆

20160426_024828509_iOS

↓ Uさんは事前に水彩紙にランダムに色を滲ませてお越しになりました☆

20160426_024239277_iOS

↓ 写真ではわかりにくいですが、現場スケッチだけでは得られない効果もあって面白いですよね♪

20160426_015935382_iOS

↓ Mさんは午後からも現場に残って描かれたとのこと。また今月見せていただくのが楽しみです☆

20160426_021524327_iOS

 私はみなさんの間を行ったり来たりしつつ、煌めく雑草に惹かれて取材撮影。

20160426_012558782_iOS

 今回は私自身すごい発見があって、私の中ですごい衝撃だっただけで、ほかの人が聞いたらなーんでもないことなのですが・・・

20160426_010759647_iOS

それは…「自分自身が惹かれてカメラに収める取材写真は自分の宝物なんだということ。」

 ほら、なーんでもないでしょ?

20160426_005347046_iOS

 というのは、スケッチポイントの宇治川派流までにも、色々と「絵になるなぁ~。」と感じて足を止めては生徒さんに伝えるということをしていて

 「わぁー!何度も同じ場所を通っていたけど、こんな絵になる風景があったなんて全然気づかなかった。」という感想をいただいたこと。

 また、「ここ、めっちゃいいですよ。」と言いながらただの塀を撮影し、みんな「???」となるので先を急ぎつつ撮影写真をお見せしたところ・・・「えっ!これ、さっき撮られたものですか?!」と驚かれたこと。

 当たり前のことだとは思うけれど、人によってピン!とくるところが違うんだなぁと改めて実感しました。

 また、同じ風景でも切り取り方に各自の感性が出ますね。これも実感再認識。

 皆さんもご自身の惹かれた風景というのは宝物って思ってくださいね☆

BlogPaint

 私は半日100枚、一日200枚は撮影するんですが、意外とみなさんそれほどシャッターを切らないということもわかり、

 それで、『あー、そりゃぁ、スケッチ会に行って、みんながとっくに描き始めてるのに、いつまでもフラフラ~フラフラ~と、写真を撮りながら歩き回っているのも無理はないなぁ~。』と、自分が「軽装歩兵型」のタイプだと認識。

 うん!!やっぱ今年はポストカードスケッチに切り替えて正解だったと思った次第です。

20160426_003825050_iOS

 なかなか見つからないという方の場合・・・

・他の人が描いている場所から見てみる・・・。
・(写真用の構図だから全部マルではないですが)写真愛好家の方が撮影していた場所から見てみる・・・。
・先ばかり急がずに後ろを振り返って見てみる・・・。
・(寂しくない場所に限りますが)ひとりで行動してみる・・・。

 など、よいかも知れません。

20160426_025843991_iOS

 余談なのですが、過去に抽象画を描かれる方で「現場スケッチ」を重視されている作家さんがおられて、どんなスケッチをするか?というと、その場で感じた色だけをぐるぐるぐるぐるとスケッチブックに描きとめておくという

 人それぞれスタイルがありますね☆

 写真も否定せずに、便利なら大いに活用して、楽しめるといいですね♪

20160503_065311905_iOS

 スケッチは先週のことでしたが、今日は通常の伏見教室の日でした。

 「ポストカードにラフに描くトーナルスケッチ」、徐々に浸透してきて嬉しいです。

 これを描いていただいていると、その方がどこまでモチーフのこと等を把握できているか?というのが私も一目瞭然でわかり、レクチャーがとてもスムーズにゆくのです。(パースや構図、手順etcの吟味状態も!)

 もちろん無理強いはしませんのでご安心を♪

 "せっかく習いに来ているのだから上達したい!"という方もおられますし、"今は自分なりに描いてゆくのが楽しい"という方もおられます。対応する立場の私の事情ですので。

 同じ人でも時期によってモードが入れ替わる場合もあります。私も気分でモードを行ったり来たりしています。

 生徒さん、皆さんいい方ばかりで雑談も楽しい教室ですので、丁度こんな感じでいい感じかなって思っています

 焦らないことが一番大切です♪



いつも応援ありがとうございます☆
ワンクリック応援どうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
★くろかわのお気に入り画材箱★

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ヴァンゴッホ ビジュアル水彩筆 丸筆 GWVR #10
価格:554円(税込、送料別) (2016/7/28時点)




★水含み、先の揃い、コシ、価格のバランスが良く、水をたっぷり使った大胆なタッチのファーストウォッシュにも最適です。★ ★低コストのナイロン筆ですが、コシと揃いに長け、ファーストウォッシュ後の詳細な段階にて使いやすくに入っています。★ ★木の枝や電線など線状のものは、この筆でないと描けないものもあり長年愛用しています。★ ★ハイライトにはアクリル絵の具のホワイトでも良いですが、下の色が浮かずピカッと白くなるので愛用しています。★
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

アルシュ水彩紙ブロック 細目 300g/m2 260×360mm 20枚 177168
価格:6685円(税込、送料別) (2016/7/28時点)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ミューズ ランプライトブロック LL-0804 F4
価格:1987円(税込、送料別) (2016/7/28時点)




★2015年の展覧会の製作から私の作品にはアルシュ水彩紙を愛用しています。癖があるのでゼロからの初心者の頃には少し使いにくいと思います。★ ★乾きにくく(←猶予時間が長め)拭き取りやすい(←修正がききやすい)ため、初心者の生徒さんにお勧めしています。乾きにくいことから現場スケッチにはあまりお勧めしていません。★ ★水彩紙は好み、画風、相性の問題もありますが、コットン100%の味わい深い滲み暈しの表情が出るので、描き慣れてきたら一度試す価値はあると思います。★ ★水含み、先の揃い、コシ(ホルベインのブラックリセーブルよりやや強い)、価格のバランスが良く、特にスケッチのときに大きな表現から細かい表現までこの筆一本で描けるので気に入っています。★