水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日、7/8、7/29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回3月分振替6月3日10:00-12:30、6月24日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)、7月8日、9月9日、9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


今月のカルチャーハウス香里ケ丘で出たパースの質問。

帰り際の質問だったので、時間が取れず気になっていました。

ブログをご覧になっていると思うのでこちらで説明させていただきます。

・・・・・質問というか「一点透視図で描いたときは、二点透視図で描いた時よりも角度が急になりますね。」ということ。

まさに!いいところに気が付かれた!!って感じです。

↓ ちょっとウロ覚えなんですが、こんな構図の風景だったかと。

20160424_005513000_iOS (2)

上図

 
一点透視図になると、(普通は)消失点が画面の中に入るので、そこから放射線状に伸びるパース線は急な角度になりがちです。

一点透視図はこんな「並木道」を道の彼方に向かってズドーンと描いたり・・・
20160317_022022800_iOS

↓ このような街道沿いを道の彼方に向かってズドーンと描くのに使われます。

20140514_002302602_iOS

 でも、角度が急になり、ちょっと不自然になりやすいため、プロの人は「不自然じゃない範囲でわざとパース線をアレンジ」して描かれたりします。

 逆方向ですが、以前、新聞に載っていた安野光雅さんの黄桜スケッチなど素晴らしいアレンジ☆

 ここを描いた経験があるかたはピンとくると思いますが、普通に写真を見ながらそのまま描いたら絶対にこの様にならないのがわかると思います。

 不自然じゃない程度にですが、ここまで右側面が見えていたら左側面はこれほどは見えませんでしょ?道の先の家はやや小さいですし。。

20151206_030947738_iOS

20151124_014109000_iOS - コピー

↓ 話は戻りますが、二点透視図にするとこんな感じになります。

 何が違うかというと、視線が道の彼方に向かってズドーンと向かうのではなく、視線は建物そのものに向けられています。

 (定規か分度器をあててご覧ください。)一点透視図と比べて二点透視図は奥まで続く庇の角度が緩やかになり・・・

 黄桜の街灯の左右の線をご覧いただくと、水平な線が左下・右上の斜めに傾いたのがわかります。

20140514_002249723_iOS

 「並木道」や「街道」を描いたり、「建物を真正面から見る構図」でなければ、自然に見える二点透視図で描かれることをお勧めします。

↓ よくあるパターンの3種類。この6秒動画を何度も見ると気づきがあるかもしれません。 ※酔わない程度にね




後記

 線遠近法(一点透視図・二点透視図)については「知ってスグ理解」というのは難しいと思います。

 何事でもそうですが、「知る」・・・思索・・・ある時ふと「理解する」という時間の流れが普通です。

 また、レクチャーする側も「パースの知識を伝える。」だけなら簡単ですが、レクチャーされる側の「絵に対する楽しさを損なわずに(モチベーションを崩壊させずに)、様々な方法で根気強く説明に努めること(すぐに理解されなくても諦めない)」が課題と思っています。

 最初は「写真をそのまま写す」のでかまいません。「写真そのままのパースは駄目だよ。」というアドバイスはスルー可。パースの知識は"お尻かじり虫(NHKみんなのうたでヒットした)"ではなく、"小耳にかじり虫"で行ってください。

 「目線は背骨」「パース線は骨格」なくらい重要ですが、写真は写真なりに正しい見方をしてくれています。立体を平面に直してくれていることに感謝して描きましょう。

 絵にはパース以外にもポイントがありますので、まずは描くことを楽しんでくださいね。

 そして、『パースに狂いは無いか?』ご自分でもしっかりと確認されたうえで、私も着彩前に確認する機会をいただくことを繰り返せば、パースを見る目をやしなってゆけるかと思います。

 少し余裕が出て来たら・・・あるときふと腑に落ちる。(『もう、落ちました。』という方はラッキー!)

 そして、パースのアレンジなどにチャレンジしてみてくださいね。絵を自由に描くということの楽しさが実感できてくると思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 今回はいい質問をしてくださったMさん、ありがとうございました。


いつも応援ありがとうございます☆
今日もどうぞよろしくおねがいしま~す☆
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。