水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


 以前にも途中経過をご紹介したIさんの透明水彩画作品「クロアチアの風景(仮題)」

 今まではちょっとしたもの(挿絵みたいな感じ?)は描いていたけれど、本格的な風景画は未経験とのこと。最後に白絵の具のスパッタリングで雪をちらつかせたりもして、とても楽しかったとおっしゃっていただきました♪

 旅行に行かれて実際にこの風景と出会った瞬間に頭に絵が浮かんだのが描くきっかけとのこと。当時はまだ実際に絵にするときが来るとは想定していなかったらしいけど実現できて良かった☆

 Iさんは「山は細々と描いたから湖は大胆な感じで・・・」などご自分でちゃんと考えておられ、他にもスルドイことに気付かれるのだけど、ご自身ではそれにはあまりピンと来ていらっしゃらないという。

 その感性をフル活用でいっていただきたいと思います☆

01Iさん透明水彩「クロアチアの風景(仮題)」

アートエッセイ「見栄えする絵」その1~絵は三度描かれる~

 以前に「見栄えするように仕上げだけしてほしい。」旨の依頼を受け、意味が???でスッと理解できなかったことがありました。ちょっと時間がかかって『そういうニーズもあるんだねw(゚o゚)w 。』って目から鱗が落ちました。

 それがまた色々と考えるきっかけとなりました。

 私は「描きたいモチーフには誰しも必ずその光景に魅力を感じ、一瞬でも何かしら頭に思い描くものがあったはず!!」と思っています。

 それを具現化するために構想する段階を経て、実際に作品にするのが絵を描くことなのかな?って思っています。

STEP1・・・”出会い” 魅力を感じる 感動するともいう 思い描く・・・の段階

STEP2・・・”構想” 「どんなイメージを描きたいか?」「どんな感じの絵にしたいか?」そのための画材と大きさ、構成と構図、技法と手順etcを整理する段階

STEP3・・・具象画ではデッサン力やパース遠近法、空気遠近法などが必要になってくる”製作”の段階

 で、「絵は三度描かれる」と解釈しています。

 STEP1の”感性”というのはプロであろうが初心者、子供であろうが個々にピカイチのものを持っているものだと思っています。既にもう、完璧、完全なのです。駄目だと思ったり卑下しないで自信を持ってもらうべき部分だと思っています。

 では、プロの人たちと初心者の何が違うかというとSTEP2~3で差が出るだけではないかと。

 教室ではそこを一緒に読み解いたり、適宜必要な技法を伝えたり、形を整えてアシストしたり、アドバイスするのが役目かなと思って取り組んでいます。

 それは「皆さん!絵は感動を!楽しく!自由に!描いてくださーい!!(特に蛍光灯の光で実際にものを見ながらイキナリSTEP3はかなりハードル高い)」と言われても私自身が「無理~」って全然ダメだったのでそう解釈してやっと出来るようになってきた経験があるからです。

 そう、↓この恐竜の化石チョコを掘る作業の様なイメージでアプローチしています。

20160229_110856113_iOS

 なので私はある程度コミュニケーションを取ったり、提案させてもらえる信頼関係がないと手を入れられない感じ。

 よく「手を入れるか入れないか?」という話があるけど「生徒の感性を紐解くアプローチ」「先生の感性で塗り替えるアプローチ(←ダメではありません)」かで全然違ってくると思うんです。

 私の場合は普通の人が日常生活の中で絵を楽しむこと、描きたい絵を自分の力で描けるようになってゆくこと。そこには途中に色々な発見や出会いがあって楽しいかなって思っています。

 ・・・ということでまだそれが全然読めない段階なのに頼まれて「?????」ってなったんだなぁ~と思った次第です。

 あ、長くなりましたので続きはまた今度・・・(。・ω・)ノ゙

20160229_112049909_iOS


↓ ワンクリック応援どうぞよろしくお願いしま~す♪
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。