水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 Iさん透明水彩画作品 「椿の森にて(高知)」仮題

 家族旅行で行かれた高知県、珍しい背の高い椿の木々の中を歩いてゆく息子さん。

 Iさんにとって、とても思い入れのあるシーンなのだとか。

 こういった葉の生い茂る感じは一枚一枚描くわけにゆかず悩みますよね。今回は抽象的というかマスキングを利用して青緑色に面白美しく表現されていて素敵です☆

 暗闇の森に分け入るシチュエーションだと不安な雰囲気になるので中ほどを明るくしていただきました。

 上のほうにだけ生い茂っている不思議な椿の林。私も行ってみたいなぁ~。

 次に繋げる点でいうと人物は少し左下に持ってきても良かったかも。上部の鮮やかさ&中ほどの明るさを引き立てようと下部の彩度と明度を落としたのですが、私が手を入れさせて頂いたときに色がやや黒めになりました。反省。色加減、精進します

 手順は最初の段階で明るく→一旦乾いてから暗くという今回のでオッケーです

23Iさん透明水彩画「椿の森にて(高知)」仮題

 余談 今年は内側を充実させる年にしたい!


 って多分年始にも書いたかな? 普段の教室の中身をしっかりさせるのはもちろん。今年は水彩画教室一本に絞るので空いた時間に自分自身も充実させるべく勉強してゆきたいなと。

↓ 今はこんな本を読んでいます。あのクマモンを考えた方の著書

 簡単に説明すると「人を惹きつける物事を考えだすのはただ単に「センスが良いから」ということではないんだよ。」という観点から書いた内容。

20160217_225129950_iOS

センスは知識からはじまる
水野 学
朝日新聞出版
2014-04-18


 そして一昨年は音楽関係の習い事を1年間してみましたが、今年も1年間 絵画とはまた別のことで美や芸術関係の習い事に挑戦する予定。

 しかも音楽に引き続きまたもや苦手なこと。゜゜(´□`。)°゜。

 でも、音楽の時にも相当勉強になったのですが、自分の苦手な芸術ごとをするってめちゃくちゃ得られるものがあるんです。

1.それが出来るようになって嬉しい!←そのままコンプレックス解消

2.「美」について考えさせられ、絵画との共通事項が多々発見できる!←核心部分が見えて面白い

3.生徒と先生両方の立場を経験できる。←言われてもできない、覚えられないは当たり前毎回反省でも”楽しい”という感じ。

4.教室運営が参考になる←楽しさに繋がるところは取り入れていきたい


etc・・・

 もちろん、目的は私も含めて普通の人が日常で楽しむための芸術事です。売るための芸術、入選するための芸術、歴史に名を刻むための芸術いろいろありますから。

 それが何かは生徒さんにはお伝えしていますが、こちらでは成果が出始めてからに致しまする。

 あっ、そうそう!!

 筆の話もしていましたね。ラファエルのソフトアクア22号

20160123_001748698_iOS

 両方とも同じ大きさのものを使い始めています。両方ともいい筆ですよ。ただ、数か月つかってみないとほんとの使い心地がわからないので暫く様子をみてみます。

 ラファエルは3000円、インターロンは1500円くらい。コスト面でいうとインターロンのほうが気楽に使えるというのはあるかも。それとインターロンは形状記憶素材とのことなので長持ちが期待できます。コシが強いので、柔らかなリス毛と区別して使いたいときに重宝するかな?って思っています。

↓ インターロン筆18号
20160123_001818403_iOS

↓ こちらのホルベインのブラックリセーブルは1本あるといいかも!大(6)4000円、中(3)3000円、小(Ⅰ)2000円くらいの値段設定ですが、書き味は数倍高いコリンスキーセーブル筆とひけをとらず、「揃い・含み・コシ」もバランスが取れていていい筆だと思います。

20160107_044034000_iOS

ホルベイン ブラックリセーブル画筆 SQシリーズSQ-3
ホルベイン ブラックリセーブル画筆 SQシリーズSQ-3



↓ ワンクリック応援どうぞよろしくお願いしま~す♪
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

にほんブログ村
にほんブログ村
伏見教室第1.2火曜日午前クラス
10:00~12:00/1名空きあります。


カルチャーハウス香里ケ丘講座   
第三月曜(月1回) 次回は3月21日(月)
「透明水彩画の基礎講座」
午前クラス  9:30~12:15

午後クラス13:15~16:00

※一本線スケッチは午後クラスのみ。
お問い合わせ先:
カルチャーハウス香里ケ丘
℡ 072-860-1131
http://www.culture-house.com/inks2-t.htm
   
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。