水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日、7/8、7/29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回3月分振替6月3日10:00-12:30、6月24日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)、7月8日、9月9日、9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 ホルべインの2015年春バージョン、エンジョイペインティングニュース が届きました♪

 っと言っても私は過去に沢山参加したので今は参加していませんが

 随分お世話になりました。何か始めたいけれどチョット不安な方には超おススメ!!

 関西の方々!!大阪にホルべイン本社があって良かったですね☆

↓ 画像はクリックしたら拡大しますので参考になさってください。
2015春ホルべインイベント

2015春ホルべインイベント2

2015春ホルべインイベント3

2015春ホルべインイベント4

↓ 私が参加したことがあるイベントの動画はこちらにまとめています。一瞬映っているのもありますが探さないでね。全部見ると長いので雰囲気だけでも参考になさってください。

ホームページ"KUROKAWAのアトリエ"  http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank011.html

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ブレイクターイム~( ̄∠  ̄ )ノ

 ↓ この最後の9人乗り一家には驚愕です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

KUROKAWAのアートエッセイ

 ゴメンナサイ!!「失敗って」その2は次回に回しま~す(汗)

アートエッセイ「最先端のアートって」

 世界極限アーティストBEST20(
http://www.ntv.co.jp/kyokugen-artist/)という番組が3月9日にオンエアされていました。

 『モナリザは初の3D絵画への試みだったのでは?』の検証とか面白かったです。

 合わせて「極限アーティスト」と銘打って最新の様々なアートを紹介されていて・・・

 "サッカーボールに絵の具をつけて転がして大きな大きな紙に描かれたものを離れて見ると・・・有名選手の顔だった!"とか、

 "広い広い場所に並べられた色水の入ったコップが並べられたのを離れて見てみると・・・赤ちゃんが眠る姿だった!"とか、

 "注射針に絵の具を入れてプチプチに注入していったのを離れて見ると・・・モナリザなど有名な肖像画になっていた!"とか、

 "割り箸を沢山繋げて吊るしたのを横の位置から離れて見ると・・・ジャッキーチェンの顔だった!"など、


 ずーーーーーーっと見ていたら (; ̄Д ̄) あれっ?みんな、基本的にオリジナルか既成の写真をトレースしている手法やん!!って気づきました。


 "一本線スケッチ"の動画バージョン、報道ステーションのオープニングで採用されている"赤い線のアニメーション"の作家さんも紹介されていて、以前から『すごい描画力だよな~。あんなシンプルな線でリアリティーのあるものに見えるもんなー。』って感心していたんだけど、大きなパソコンのディスプレイ画面に写真を写し出し、それをパソコンのペンでなぞって制作していてビックリ!!



 私もスケッチはしても屋内では写真を使っているし、子供の似顔絵を写真トレースの方法で描く動画も一本作ってます。

 なので「トレースが駄目だ」という意見じゃないのですが、すっかり「最新のアート=奇抜な描画方法のアイデア+トレース」って印象になりました。一番ポイントなのが"奇抜な描画方法のアイデア"なのかな。

 トレースの利点は大人数でも一つの作品を共同作業で作り上げられるというところですよね。皆がデッサン力を持ち合わている必要もない。そのドットの場所の色のトーンさえ間違えなければいい。

 それで「写真みたいにリアルな作品」に仕上がるし、「わっ!写真みたい!すごい!!えっ?これ○○で描いてあるの?面白い!!」って驚かれる。

 昨年通っていた裸婦描画教室の先生が「最近の美大生はほとんど写真から描くんだよ。」っておっしゃっておられたのはこのことなのねと納得したしだいです。

 でも、誰でもアイデア次第で作れるといっても・・・「絵の具を垂らしながらブランコに揺られて描く」ポロックとか、「便器を置くだけで芸術作品、真似されたものも作品」というデュシャンのアートとはまた違う。

 橋や建物を一般の労働者に働いてもらって(←芸術への寄付金と労働の場も生まれる)梱包するアートのクリストともまた違う気がする・・・。
 




 

 う~ん、なんかちょっと釈然としないんだけど・・・。

 鑑賞者に神妙に問いかけて考えさせるとか、何かしら何か生み出す(←何やねん(-ε-))というのではなく、「最先端アート」って「トリックアート」みたいなノリなのかな?

↓ ワンクリック応援どうぞよろしくお願いしま~す♪
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。