水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日(3月分の振替日は無し)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回5月27日(3月分の振替は6月3日10:00-12:30に決まりました)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)


 多分・・・「あーあーあーあーあー!あっこの喫茶店やな!」って言葉が聞こえてきそう。

 その店の前の公衆電話で電話中のサラリーマンが印象的でいつか描きたいと思っていました。

 今時、なかなか公衆電話で電話している人って見かけませんよね。 

 ラングトン F4サイズ

06透明水彩画「午後の出張(喫茶キャンドル 八幡市)」下描き

 ちっちゃいちっちゃいメモに…描く前は一応、明暗の整理したり、コントラストがパッキリしているところをチェックしたり、マスキングするところを考えたりしています。

 スケッチの時は時間がないので頭の中だけで行いますが、自宅制作はゆとりがあっていいですね。

 ついでにジワジワと見えなかったものが見えてきたりしますし色々と確認できます。

06透明水彩画「午後の出張(喫茶キャンドル 八幡市)」整理

 次回は着彩・・・さて、どうなることやら・・・φ(.. )

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

KUROKAWAのアートエッセイ

 久々のアートエッセイ・・・数年前は「透明水彩ノート」という別ブログにして、アクセス数も少なかったから好き放題に独断と偏見で思いつくままに文章を書いていたんだけれど、アクセス数も増えてくると当たり障りの無いことしか書かなくなって自分が面白くなくなってきた。

 『・・・でも、”自分のブログ”なんだから自由に書いていいんじゃないか?』と再び思い立ちました('д` ;)。

 ほんっっっとに超些細な独断と偏見の独り言ですのでよろしくお願いします

「自分の絵って」その1

 私は教室では今は結構手を入れるほうなのですが、最初はかなり躊躇しました。なぜなら、『私が手を入れたら「私の絵」になるんではないか?』って思っていたからです。

 でも、よく考えれば「私はこのモチーフを、こういう手法で、こんな感じに描きたい。メインテーマはこれ!」という個々の事前の構想をぶっ壊すような「白のものを黒と言わせる」ようなことをしたら「生徒さんの絵」から「私の絵」になってしまうけれど・・・

 コミュニケーションを取って、それに沿ってさらに効果的に見栄えを良くしたり、伝わりやすくする提案ならば、かなり手を入れたとしても大丈夫なのでは?って今は考えています。

 手を入れて完成すると、みなさんご謙遜されるんですけど、その人の絵って『ハッとした風景に出合った瞬間』『モチーフにときめいた瞬間』からスタートしているから(←遠足か?)、思い描いたイメージが崩れていない限りまぎれもなくその人の絵だし、練習すれば誰でも上手くなる技術的なことよりも、それが一番尊くって大切なことだと思います。

 ”作品は二度作られる””絵画は二度描かれる”最初のご自身の感覚に自信をもって取り組んでいただけたらいいなといつも思っています。

 次回に続く・・・

↓ ワンクリック応援
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。