水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回10月14日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回10月28日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 10月19日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月30日(水)(←8月振替)10月14日
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


KUROKAWAのアートエッセイ

 今年は4月から週1で音楽の教室に通いました。

 小さい頃から美術の時間は好きだし得意だったのだけど、音楽が苦手で苦手で・・・

 音感が無いから合唱コンクールも苦痛、リズム感も無いから盆踊ですら数歩目で離脱。鼻歌も気持ちよくな~い

 今は10代までの様に歌ったり踊ったりすることは無いけれど、『音楽にコンプレックスを持っている人をコーディネートして"人並"に音楽を楽しめるようになる目的』でレッスンしてくれる超マイナーなコンセプトの教室を見つけたのが通うキッカケです。

 音痴矯正とかボイストレーニング、大人の音楽レッスンとはまたちょっと違った趣旨。

 教室は繁華街の雑居ビルにあるので、もし、私がビルの中に入っていくのを誰かが見かけたら「KUROKAWAさん、いったい何してるの?」とビックリされるような場所なんだけど、先生はいたって健全。しかも、同じ枚方出身&在住という共通点の音大を出て音楽教師をされていたおじさん。

 マンツーマンレッスンなので、世間話も楽しくって私の伏見教室開室以前から現在に至るまで色々と話しも聞いてもらえて助けられたという

music_metronome

 そして・・・

 音楽を習って驚いたことが絵と共通するところが多々あったこと。同時に絵を楽しむために大切なことを色々と気付かせてもらえるという収穫がありました。

 全部は書ききれないけど音楽では、「左脳の言葉で理解して言葉で処理してはならず、メロディーの高低をしっかりと聞いて把握して表現することが大切な事。」

 「メロディーに入る前に、イメージしたり、把握したり、ポイントを考えたりしておかなければならないこと。メロディーが始まってからそれをするのでは遅く、しっかり奏でるコースを狙ってから入ることが大切な事。」

 が基本中の基本「心を込めて」や「元気いっぱい」とか言う以前の問題らしい。

 それが、私も普段の水彩画教室で、「左脳の言葉で記号化したものを描くのではなく、イメージしたものを実現するために、モチーフを観察して把握して描く前に様々なポイントを考えておき・・・。」とか言っているにもかかわらず・・・

 音楽の教室では数か月間全然できずダメダメ・・・  先生もクタクタになってきた半年を過ぎたあたりからちょっとマシになってきたという

 先生からすれば「これさえしてくれたらいいのに。」なんだけど、私からしたら「どうすればいいの?」で、 出来ている出来ていないの判断もつかない。

 様々な音楽関係の動画を見せてもらっても先生の見えているものや聞こえているものが私には全く見えないし聞こえなかったのです(/TДT)/。

 正しいことを伝えたとしても、それをすぐできるかどうかは別問題。

 なので、日々反省・・・生徒さんの立場にめっちゃ立ちながら水彩画教室でのレクチャーができたという
 
mark_koujichu

 音大を受験するとか、コンクールに入選するとか、リサイタルを開くとかの目的ではなく、音楽が苦手であった人も普通に音楽を楽しめるようになる目的でレッスンする・・・というのが、私の絵の教室の趣旨とも重なっていて興味深く、先生との音楽や絵画談義も楽しかった。

 レッスンは"「ほら、こうしたらいいよ!」だけで人が出来るわけがない。"という前提で先生の考えた様々なアイデアを次々とこなす感じで・・・(こんなことばかりではないけれど )例えばリズム感※では上の図の様に「スコップでの穴掘り作業のマネを4拍子で行う」という変わったことをさせられ・・・

 「普通、土を横に避けたら元の位置に自然と戻すでしょ?強制収容所やったら真っ先に殺されるで。(←アプローチが完全に大阪のオッちゃん)」とややスパルタ (※世間では「リズム感」と言われているものですが、正しくは「カウント」と言う。)

 と言っても「やっと人並」になってきたレベルなのですが、当初の音楽コンプレックスはかなり解消できてきたし成果有ったかも。今までより少し聞こえ方も深まって聴くのも楽しくなった。

 音楽教室は『ある程度できる様になったら卒業してもらったらエエ。』という感じでされているので丸一年間となる3月までだけ通うつもり。

 というわけで、絵だけでなく音楽にも親しんだ一年となりました

monogatari_bremen

↓ ワンクリック応援どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

※フェイスブックのイイネのカウントが反映されないトラブル発生中~  一時、総スカンをくらったのかと焦りましたがそうではなさそう。早くなおってぇ~
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。