水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日、7/8、7/29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回3月分振替6月3日10:00-12:30、6月24日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)、7月8日、9月9日、9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


 KUROKAWAの見方応援団

 ウェット・イン・ウェット ファーストウォッシュなどの水彩技法をふんだんに生かした空気感たっぷりの西洋の水彩画をフェイスブックを通じて観れるようになって数年。

 スケッチではとても影響受けています。

 雰囲気が出るし、大胆にザックリ&ドワーッと描く手法が、チマチマ描くのが嫌いな人、自由な感じで描きたい人に人気です。

 特に緻密な作業が得意な男性よりも、料理も感覚的に作っちゃう女性にこういう感じを好きな方が多いように思います。

↓ 以下、適当にアマゾンで検索したWATERCOLOR関係の洋書
 



 しかし、実際に描くとなると どうしていいんだか? ありゃ、いつもの感じに・・・

 ・・・となってなかなか難しい。

 最初に通った”端っこからピッチリ描いていく系”の水彩画教室で「こんな感じ(西洋風)の絵を描きたいんです。」と言う生徒さんに先生は・・・

 「どうぞやってみてください。」(以上…放置…)と対応されていた記憶が。

 私も内心描いてみたいと思いながら「どうやったらこうなるんだろう?」って首を捻っていました。
 
 その時々で考えながらなんとなく塗り重ねていく手法の水彩画とはアプローチが全然違う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 それを教室をするようになって人に伝えるという状況になり、最近思いついた表現

 ”中華料理の下ごしらえ”のアプローチ

 私は作り慣れていない料理を作るときは、まずレシピを調べて、材料を揃え、作り方を読んでイメージします。合わせ調味料も事前に計っておいて、出番になったら投入する感じ。

 特に中華料理は火を入れる前に、段取りを頭に入れ、ほとんどの材料を投入したらいいだけにしておく必要がある料理かと思います。

 味噌汁やスープなら途中投入でもなんとかなりますが、中華料理は材料が大方炒まった段階で「あっそうそう!タマネギ切らなきゃ!!」や「えーっと、どうすんだっけ?」だと追いつかない。合わせ調味料も「これ!」というタイミングになってから調合していては遅い。

 西洋のwatercolorは従来の日本の水彩画と比べると一見自由で大胆そうに見えますが、意外に事前に考えておく要素が多い絵画。でも、画家の頭の中は見えず、印象に残るのは華やかに描いているところばかり。

 中華料理もプロのコックさんともなると、鍋を振りながら周囲の調味料の壺からお玉でシャッ!シャッ!!とすくって味付けして、あっという間にカッコよく作っちゃうから似たような感じかなと。

 でも、それを真似ても料理に慣れていないと すごい味付けになりそう。

 絵は考えることがバラバラだと掴みどころがなくて大変なので、教室では描く前に考えることを10個の項目に整理したプリントをお渡しして「体系的にとらえると分かりやすいかな?」と一緒に考えつつ進めています。

 旅行や結婚式、新築、編み物etc.とかも「自分のイメージを実現させる」ためにいろいろ考えて準備するところ、似たような側面があるかなぁ…だけど、不思議と絵はいきなり取り掛かりたくなるのが人情なんですよね

 後篇に つづく・・・

↓ ワンクリック応援どうぞよろしくお願いしま~す☆
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。