水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


KUROKAWAのアートエッセイ

 水彩画教室の方では、特に希望されない場合は風景画を描いていただいています。

 風景画は大概の場合は空がバックで、天候のシチュエーションが決まっている。

 なので背景について悩むことはあまりないのが楽なところ。

 でも、花や静物を描く場合、バックを「部屋の中」とか風景の一部の様な設定にしない限り自分で考えなくてはなりません。

 いつも悩むところです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 学生時代は、モチーフの柿の周囲を黄色、その周囲をオレンジで塗ったところ、「ファンヒーターの温風みたい」と言われたことも 。カイロのパッケージデザインみたいになっていました

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 教室で花を描かれる方もおられるので段階的に考えてゆきやすいように整理してみました。

 色相環の中でも一番明るいのが黄色・・・透明水彩は「明るい色の上に同じかもしくは暗い色がのるけれども逆は無い※。なので一番明るい色相の黄色系統から挑戦してみると安全です。」とご案内しています。

難易度(低)黄色系の背景 ⇒ 紫系の背景(高)

 また、「同じ色でも薄い色(明るめ)の上には濃い色(暗め)がのるけれども逆は無い※。なので絵具を薄く溶いて明るめの背景から挑戦してみると安全です。」ともご案内しています。

 ※微妙な効果でのるときもあるにはある…。

難易度(低)明るめの背景 ⇒ 暗めの背景(高)

 もちろん、渋めが好みの方もいらっしゃることと思いますが、透明水彩は「鮮やかな色の上に渋い色はのるけれども逆は無い。」渋いバックにしようとしたところ、途中気が変わって鮮やかに引き戻すのはちょっと無理。

 難易度(低)鮮やかめの背景 ⇒ 渋めの背景(高)(鮮やかから渋いに変えるのは容易なので。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 「背景も変化を」と、強弱つけるつもりが、絵の具が乾くと「色が全体的に広がってしまった。」とか、

「余白を作ろう!」と意気込んだつもりが、アレ?アレレ?と「いつの間にか全体を塗っていた。」とか、

ありませんか?

難易度(低)全体的に塗る → 変化をつける(高)

と考えて平坦になってしまった場合には「幽玄の空間を表現しましたd(⌒-⌒; )。」と主張してみましょう。

変化のある背景つくりは、不自然に見えにくい「モチーフの固有色」をモチーフの一部に差し入れてみることから始めてもいいのではないかと思います。

「オーラ」占い師みたいな気分ですると楽しいかもですね(*^o^*)。

_φ( ̄ー ̄ )_φ( ̄ー ̄ )_φ( ̄ー ̄ )

 色数が増えると色相対比の効果で変化や面白味も増しますが、同系色よりもちょいと慎重さが必要になってきます。

 色相環を参考に、あまり離れていない色相同士からはじめると楽かと思われます。

難易度(低)色数少ない → 色数多い(高)

難易度(低)近い色相同士 → 遠い色相同士(高)

他は、

グラデーションにする
スパッタリングする
を施す 

などありますが、例えばチェック柄とかレース模様とか、デザインを入れてみる方法も。

 でも、これも喧しくならないようにモチーフが映えるようにちょいと考慮が居る感じ。「冒険」と思ってするのも楽しいかもですね(^_^)a。

_φ( ̄ー ̄ )_φ( ̄ー ̄ )_φ( ̄ー ̄ )

  ということで、一番難易度が高いのは、「紫系と黄色系の濃くて渋い色の組み合わせで、デザインが入っていて、画面に余白や色ムラがある背景」(;^_^A?

なんて、色々書いてみましたが、モチーフとの絡みも忘れないことが大切かと思います(;^_^A。

↓ これは水彩画教室の体験で作っていただいている色相環&混色早見表

 初心者の方が色を考える時に、頭の中で整理しやすいかと私の独断と偏見で記しているので色名は伏せます。

 先日フランスの個展から帰国された村田旭さんは、現地への渡航で「パレットの色が全部変わってしまった!」っておっしゃってるくらいですから。みなさんも各人各様のフィット感のある色をお使いと思いますので

BlogPaint
この記事、病院の待ち時間にスマホで書きました。文章多過ぎるかな?パソコンで見るのがコワい( ;´Д`)

↓ 梅雨ですが ワンクリック応援していただけましたら元気が出まーす♪
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。