水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



〇伏見教室は6月から再開します!!
✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回6月10日、7/8、7/29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回3月分振替6月3日10:00-12:30、6月24日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 6月15日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回6月10日(水)、7月8日、9月9日、9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


KUROKAWAのアートエッセイ

 正月三箇日も今日で終わりですね。明日明後日も土日なので、ゆったりされている方も多い事かと思います。

 今日は昨年、水墨画家 王子江さんの講座に参加して思った事をちょっとだけ書きます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 お話の中で、ロシアの人に水墨画を教えたエピソードがありました。

ロシア人に教えるとき…

 過去、日本人の水墨画家の先生は”技術や技法”をレクチャーし、

 一方、中国人の水墨画の先生は”天・地・自然・神・人間・宇宙・宗教・哲学…”からレクチャーしたそうです。

 王さんは西洋の文化圏の人にどの様に伝えようか思案され…

 西洋の名画を水墨画で模写し、両方を並べて”東西の違いについて語った”ところ「とても解り易い!(☆゚∀゚)←ロシア人」と好評だったとのこと。

 また、

 その地域に住む方々は小さい頃から皆”デッサンの教育”を受けているので”モノの形をとる(描く)”ことはできる。

 なので『とても教えやすかった。』とのことでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 この話の中でのポイントは”同じモチーフを西洋的に描いた場合と、東洋的に描いた場合の違い”なのですが、

 私には「日本人の先生=テクノロジー」と「中国人の先生=森羅万象」というアプローチの違いがとても面白く感じられました。

 もちろん日本でも「評論家」がおり「美術書」には難しい事を書かれたものも多いですが…

 一般的に『水墨画を教えてほしい!』と言ってるのに

 『森羅万象』
を語られたら…

 大概の日本人はキョトン・・・( ̄  ̄;)ですよね

 「そんなことはいいから早くやり方教えてくれ!!ヽ( )`ε´( )ノ ブーブーブー!!」ってなりそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 でも、中国のその先生はそこからアプローチすることが先決・必須だったわけです。

 ”そういう価値観もある”ということなんですよね。

 王子江さんも”技術だけを教える”ということが出来たと思いますが、恐らく『それもちょっと物足りない』と感じられたのでしょう。

 王さんのお爺様が「これからは色んなことを勉強する必要がある。」ということで、王さんに小学校高学年の頃からデッサンを習わせ、東西の違いをよく理解されていたからこそ可能だったアプローチであったとも思います。

 東西の世界感の違いも技術的な事も両方わかって理想的ですね☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 一般に販売されている水彩画の書籍では、絵具や紙や筆の説明から、こんな技法があります・あんな技法があります…これはこう描きます・あれはああ描きます…と、

 技術的な事が大半を占めています。

 本によっては「糸」と描いて「針葉樹」、「団扇」描いて「広葉樹」って記号的に簡略化したりもあります。

 ”モチーフを選ぶときの動機づけや捉え方、世界感的な事”は少しといった感じ。

 なのでコラムなどでそういったところに触れている個所はとても興味深いです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ものを教えると言ったら「技術でしょ!」

 ものを学ぶと言ったら「技術でしょ!」的な日本人。

 講座の感想も『先生の素晴らしい技術に…』とか多い様な…

 何百年も昔から先進国の技術を学んで帰り生活に生かしてきた日本人。

 資源が無いのでテクノロジーを磨いてきた国民のDNAなのかなって。

 ちょっと面白くありませんか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 ただ、”技術”だけでも描けないんですよね。

 スランプの原因もこの点なのかなと感じます。

 ”天・地・自然・神・人間・宇宙・宗教・哲学…”と言うと壮大過ぎて荷が重いですが、

 趣味でするにしても『”技術”以外の要素もあるな。』って頭にあるのもいいのかも。

 プロの人のそういう事ってすごく興味深いですよね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 矛盾することに…

 技術重視な割に…

 何故か”デッサン”は軽視気味。←Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン!ドナイヤネン!!不思議の国”日本”

 『ロシアのその地域では”デッサン”は”基礎教育”で習得されているので皆さん”形をとる”ことが出来て応用がきいた。』旨のことをおっしゃっておられ…

 「日本人はどうなのですか?」と質問する勇気は残念ながらありませんでゴメンナサイですが…

 日本の義務教育ではあんまりちゃんとしませんよね。

 自分の経験では『自由にのびのびと!』とか『頑張って描け!』的な感じでした。

 これ、そこそこ真面目にしていると趣味であっても仕事であっても様々な物事にとっかかり易いと思うのですが。

 錯覚に陥らず素直にモノを見る力が身に付くというか…

 モノの見方が豊かになるというか…

 ただ…形を平面的に捕える文化もありますし難しいところです(汗)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 お正月から訳の分からんことを書いてしまったかも(≡ω≡.)。

 すみませんm(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・

↓ ワンクリック応援していただくと励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ゅぅ
    • 2014年01月03日 23:21
    • あけましておめでとうございます。
      確かに絵を習いにきて森羅万象を語られても、へっ?んで…なに?となっちゃうかもですね。(笑) それが別の講演会とかなら聴き入るかもですが…
      私は昨年夏より水彩画…というか何十年ぶりかに絵を描きはじめて、まだまだ初心者ですが、感じたものを描きたいなぁと思います。そして描きたいものに合わせて技術を身につけていけたらいいなぁと思ってます。
    • 2. KUROKAWA
    • 2014年01月04日 09:09
    • ゆうさん、早々にブログコメントありがとうございます(*^o^*)

      最近は皆さんと、Facebook、Twitter、mixi、LINE、Eメールなどで繋がって、そこでコメントいただくことが多くなり、ブログコメント欄が寂しいので、いつも小躍りする程嬉しいです。

      久々に絵を始められているとのこと、"こんなモノをこんな風に描きたい"って思いが湧くって幸せな事ですよね(^ν^)

      最近、つくづく思います。いくらいい道具があっても、それがないとスランプですから(^^;;

      楽しんでくださいねo(^▽^)o
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。