水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00 次回5月13日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30 次回5月27日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 5月18日
●第2水曜 午前9:30-12:00 5月13日
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)

オンラインレッスン始めました! https://coubic.com/kurokawasz/995142#pageContent


ブログネタ
翻訳もの に参加中!
 美術書は高価なので、最近はめっきり図書館を利用している。
 
 最近は情報システムの発達で、広域に在庫を調べて、他の市町村から取り寄せもしてくれるからうれしい。しかも自宅のパソコンで予約したり、本が揃うとメールで連絡してくれたり便利になった。

 自宅から徒歩10分程の御殿山図書館は、同じ場所に1929年~1944年「大阪美術学校」という教育施設が存在した歴史があり、その後1987年に「御殿山美術センター」が設置され、併設されている。

 よって、美術書も充実していて大変有り難い環境。

 昨日は本の中にこんな貸し出し表を発見うまくなりたいんだなぁ」とほほえましかった。たまに忘れて挟んだまま返す人も多いみたい。

図書

 年末まで通った水彩画教室の講師のお勧め本を借りました。新年会の席で付箋の貼ったページのまわし読みを薦めるくらいだから、よほど大切な文章なのだろう。

知をみがく言葉 レオナルド・ダ・ヴィンチ知をみがく言葉 レオナルド・ダ・ヴィンチ
青志社(2008-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

抜粋

72頁
「光と影の素晴らしい魅力は、暗い家のドアのそばに座る人の顔に見つけることができる。顔のうちでも、影の中にある部分を見るとよい。家の闇に消える影だ。光に照らされている部分は、空の輝きを引き寄せて光る。光と影を強めると、表情に落ち着きが生まれ、より美しくなる。光の部分にもわずかな影が差し、影の部分にもわずかな光が差す。」

73頁
「色の質は、光の助けを借りて見るしかない。とすれば、その色がどのようなものか、真に確かめようとすれば、明るい光の中で見なくてはならないことになる。影の多いところでは、影自身の持つ色に影響されてしまう。色の真の質は、明るい光の中で見よ、と画家たちには言っておきたい。」

「う~ん、当たり前の様な事だけど、気に留めずに生きているのに気付かされる感じかしら。」またじっくり読んでみよう。

 字が大きくて、文字は少なく、読みやすい本なのでいいですよ。レオナルド・ダ・ヴィンチが文章も残していることを知ったのだけでも収穫。他いろんな出版物になっているみたい。

 先生によると「正しく翻訳されているわけではない。」ということ。レオナルドの真意をどこまで突いているかは誰にもわかりませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 図書館に「本を買って」という「リクエスト」も初エントリーしました。今までは「そんな上手い話はあるのか?」と勝手に思い込み、利用していなかったのです。

透明水彩で描く 花と静物透明水彩で描く 花と静物
著者:醍醐 芳晴
グラフィック社(2010-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




比べてわかった!!デッサン上達のコツとヒント
比べてわかった!!デッサン上達のコツとヒント
著者:デヴィッド ポクソン
グラフィック社(2008-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




比べてわかった!!水彩上達のコツとヒント比べてわかった!!水彩上達のコツとヒント
著者:ナオミ タイドマン
グラフィック社(2008-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 以上の三冊をリクエスト中。楽しみに待つこととします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 他に借りた本

↓一読の価値あり。上質な本です。7人の水彩画家「侍」と表現しているのですが、小野月世先生は女性なのでちょっとカワイソウです。
水彩画 プロへの技水彩画 プロへの技
著者:柴崎 春通
美術年鑑社(2006-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




↓プロは目指してませんが、面白そうなので借りてみた。
プロ美術家になる! 泥棒美術学校《実践編》
プロ美術家になる! 泥棒美術学校《実践編》
著者:佐々木 豊
芸術新聞社(2008-04-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ブログランキング参加中です♪
 ワンクリックお願いしま~す。
    ↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 杜しま
    • 2011年01月20日 18:20
    • こんにちは、杜しまですs
       連日の更新パワーすごいですね。
       しかしいろんな技術教本があふれているのですね。それほど需要があるということのほうが驚きです。
       若い頃スキー教師のようなことをしましたが、こちらはそのままレースに出られるまったくゆるみのないスキー靴と研ぎあげたエッジの板、生徒さんはぶかぶかの靴にガタガタのスキー板。私はひざをちょっと内側に倒すだけで高速でスウッと曲がっていく、生徒さんはできるわけがない。そこにスキー学校の利益が出るわけがありました。
       私が座右に置いているのは、写真家土門拳さんの著作や関連本です、光と影の空前絶後の巨人が対象に迫る執念のすごさにいつも圧倒されています。
       
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年01月20日 19:27
    • 社しまさん、コメントありがとうございます。

       今日はさすが大寒、寒かったですね。

       水彩画ブームで、沢山出ているのでしょうね。図書館から借りまくって半年、約100冊くらいは読んだかと思います。今後は図書館に行って、技法書よりも画集を閲覧して楽しみたいなあと思っています。

       最近の技術書はオールカラーで見やすく工夫されているので初心者にはいいですね。カルチャーセンターの講師がすべて教えてくれるわけでもないし。

       80年代前半に出版された、西丸式人さんの水彩クロッキーの技法書なんて、12色相環の所だけがカラーで、他は全部白黒!「これが透明水彩です。」「これが不透明水彩です。」なんて紹介されていても、白黒で見せているのですよ。しかも、美術出版社でですよ。今は恵まれています。

       土門拳さん、私が短大時代に亡くなられました。学生時代、シャッターを切るとき「土門拳!!」と叫びながら切っていたけれど、作品をしっかり鑑賞したことはなかったなぁ。今度探して見て見ます。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。