水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎生徒募集中☆各自のペースで個別指導致します。初心者歓迎です(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 ●1.3火午後13:30~16:00
●2.4火午前10:00~12:30 ●2.4火午後13:30~16:00
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00 次回5月13日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30 次回5月27日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 5月18日
●第2水曜 午前9:30-12:00 5月13日
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※盆休み振替8月12日(水)→7月29(水)、8月17日(月)→8月31日(月)

オンラインレッスン始めました! https://coubic.com/kurokawasz/995142#pageContent


ブログネタ
私の透明水彩画 に参加中!
 昨日の鉛筆画に着彩しました。やっぱり、ウォータフォードは高級水彩紙「私に描くなら着彩しなさいと言っているような紙。鉛筆画はケント紙等がいいですね。

透明水彩画作品「わたしのおばさん」

ウォーターフォード ナチュラル 中目 300g 18.5×13.5cm
 
 私の伯母さんは、熱心なクリスチャン※である。母もそう。
 
 母の為に一生懸命祈ってくれている。母が通っていた教会の牧師さんも病院に頻繁に見舞いに来て母の為に手を握りながら祈ってくれる。

 老境に差し掛かり、病に臥してしまったけれども、心から祈ってくれている人がいることは、幸せなことだねって・・・母が実感してくれていればいいのだけれど。こういう状況でも『幸福感』さえあれば。

↓伯母さんの手描き年賀状  さすが習字の先生、字が上手
伯母さん年賀状2

 「書遊」というところで、絵手紙も習っている。
 70代とは思えないキャワユイウサギちゃん。
 伯母さん年賀状1

 ※モルモン教、ものみのとう、エホバの証人とは一切関係ありません。プロテスタントの教会です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 医師の説明によると、母の認知症状が改善する見込みは無く、体の機能も衰え行くとのこと。
 一ヶ月前はカクロクさんのことも理解できたのだけれど、それが最後の楽しい話題となった。今は娘の七五三の写真を見てもあんまり感動は無い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2ヶ月前なんて、私の方がボケていた。

 薬師寺東塔の改修工事が10年間予定されているから、覆いされる前にスケッチに行った話をしたところ、「ああ、あの最近建ったやつか。」と母が言う。

  『1300年前に建ったものを、最近だなんて、とうとう母もボケたのだ!と、肩を落として施設から帰宅した。

↓初めて屋外スケッチに成功した記念すべき絵 こんな単純な絵に必死で2時間半も要した。 2010年11月4日制作 F4サイズ
大池越しの薬師寺ホームページ用

 しかし、ネットで調べたところ、西塔は1981年に再建されたものであり、母の記憶の方が正しかったのだ。

 施設に行ってそのことを母に話し、「ボケてない!ボケてない!ワッハッハッハッ!」と母。二人で大笑いとなった。

 それも懐かしい想い出となった。

 倒れる前の元気な時の母は、認知症の親戚のおばさんを引き取り、同居していたくらいだった。

↓大池より薬師寺を望む。右奥のはげた山肌は「山焼き」で有名な「若草山
2010-11-04 12-12-28IMGP3974
↓薬師寺 西塔は1981年再建された。どうりで新しい。
2010-11-04 11-37-16IMGP3993

 ブログランキング参加中です。皆様の温かい応援ワンクリック是非是非お願いいたしま~す。
    ↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. 杜しま
    • 2011年01月16日 20:02
    • こんにちは、杜しまでうs。
       仕事が早いですね、よい仕上がりでさし上げればきっとお喜びでしょう。
       ウオーターフォードは輸入紙の中ではいちばんおだやかな発色ですから人物画には合います。
       私は約80×50cmの中版サイズを水張りしたまま半年、紙のおだやかさを生かすためにはなにをどの絵具で描けばいいのか迷ったままです。
    • 2. 野草ちゃん♪
    • 2011年01月16日 20:41
    • 生き生きとした生命力の溢れる作品ですね。反射光を含めて、光を大切にして描かれているからでしょうか。
      私も、ワットマン製造中止以降はウォーターフォードを使っています。頑丈で、とても扱いやすい用紙ですね。
    • 3. KUROKAWA
    • 2011年01月16日 21:24
    •  社しま様コメントありがとうございます。

       誉めていただいて嬉しいです。出来が悪くて失礼かなぁ~?もうちょっと技量を上げてからのほうが良かったかなぁ~?って悩みつつ描いたので。アドバイス受けて良くなりました♪
       
       私もコットマンじゃ緊張しないのに、ウォーターフォードやアバロンは紙の良さに圧倒されて気後れしてしまいます。
    • 4. KUROKAWA
    • 2011年01月16日 21:28
    • 野草ちゃん♪様コメントありがとうございます。

       誉めていただけて光栄です。光を意識するのはつい、数日前から始めたことです。 
       永山裕子さんの技法書にチョロッと書いてあったのだけど、とっても大切なことに感じて。作品作りやスケッチすることがやっとできるようになってきたので、次は、光を自分の作品に盛り込むことを課題にやっていこうと思いました。

       ウォーターフォードは「色っぽい紙」だなあって思っています。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。