水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 残席1名
●2.4火午前10:00~12:30 残席1名 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回9月9日
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回8月26日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 8月17日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


ブログネタ
子育てってこんなに楽しい! に参加中!
 今日はまた出し漏れの年賀状が届いたので、5デザイン目の年賀状を描くことができました。旦那からの下請け作業。

水墨・墨彩画による卯の描法水墨・墨彩画による卯の描法
著者:山下 秀樹
誠文堂新光社(2010-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

↓ ちょっと水墨画風。
 インクジェット用ハガキでは少々無理がありましたが。年賀状2011 4

 子供の友達が時々家に遊びに来る。

 うちの娘は慣れているが、写真に忠実に描いていた頃、水彩画作品「こどものともだち」のモデルの男の子は水彩画を描く作業に興味津々。

↓この男の子
こどものともだち
↓この作品を描いているときのエピソード
水彩画教室初作品

 娘は遊びたがっているのに、

男の子  「絵、ちょっと見てきてええか?」
娘     「ちょっとだけやで!」

男の子  「5分や!」
娘     「5分だけやで!!」

私のところに来た男の子 「うわ~すっごーい。3Dや!!
娘         「5分たったでぇ~、あそぶでぇ~~!!!」

 と、ひっぱり連れ帰る娘・・・。 それを何度か繰り返し・・・、
 
「あんたら吉本新喜劇『あっちこっち丁稚』の 
        山田スミ子と前田五郎 かーぃ(ノ`Д´)ノ!」
といった感じ。娘は私と違って気が強い。将来は恐妻家間違い無しだろう。


 しかし、子供って発言が面白いですね。「私の水彩画」と「近頃の映画」をかけた様に『3D』とは!まるで「ねずっち」ですな。

 他にも「わあ!すごい写真みたい! でも、人のもんって、なんでもよー見えるもんなんよね。」と言った女の子もいた。大人の言うことそのまま使ってんのね。発言気をつけよう。


↓子供が3歳の頃にダンボールで作ってあげた家。
 煙突はA4コピー用紙の箱です。窓の柵は除湿材の蓋です。建坪はベビーふとんが一枚敷ける広さです。娘はこの中で昼寝をしていました。6畳の中に番犬付き庭付き一戸建て住宅があります。アネハ建築士の偽装建築が問題になった年でしたが、こちらのダンボールハウスは意外と強度があります。
2006-01-18 20-07-58

 なんだか『水彩画』というより、子育てブログ化しております。
 現在、「銀閣寺」と「枚方の風景パート2」に取り掛かり中。近日アップ予定です♪

クリックしていただいたらランキングが上がります
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 にほんブログ村 美術ブログへ
 
[あっちこっち丁稚]ブログ村キーワード

 70年代から80年代にかけて放送されていた吉本新喜劇。

 カステラの老舗「月菓粋 木金堂(げっかすい もっきんどう)」が舞台。
  
 旦さん役の前田五郎が押入れに隠れる時、奥さんの山田スミ子が「どこに居てるんや!」と丁稚に聞いて、丁稚の坂田利夫(「アホの坂田でございます。」のギャグや、「ハワイアン調の横歩き」などで有名な大御所吉本芸人) が「ここには居てまへん!」と、押入れをかばう様にふさぐのがお約束。
 しかし、いつも見つかって五郎はスミ子に耳を引っ張られ連行される。

 犬の「伝次郎」(着ぐるみ)がカワイイ♪
 スミ子がぶち切れた時、無意味に平泳ぎの動作で通りすがって去る「赤ふんどしの男」がその怒りを有耶無耶にする演出もお約束。

 その他ギャグの宝石箱の様な舞台であった。子供の頃大好きで見ていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. カクロク2号♀
    • 2011年01月06日 10:17

    • こんな手書きの年賀状をいただけたら嬉しいでしょうねー。
      我が家は毎年、兄の絵のデータをさーっとプリントして
      出してしまってます。宛名もソフトが入っていて便利便利。
      でも「便利な年賀状」だったら出す意味があるのかな?とか
      思ってしまいます。大人になって仕事上のお付き合いも増えた以上
      一枚ずつ書くというのは難しくなってしまいましたが・・・。
      儀礼的なものじゃなくて本当に親しいかたに心のこもったものを
      出したいところですけれど。。。

      KUROSAWA様もブログランキングが上がってきましたね。
      まめに更新してらっしゃいますから!日常が忙しくても絶対に
      やり遂げる精神が素晴らしいのですね!!
    • 2. KUROKAWA
    • 2011年01月06日 10:34
    • コメントありがとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします♪

      年賀状は 手描き→プリントごっこ→パソコン→手描き と変遷しました。
      仕事しているときは、「筆王」様様でした。
      子供が小さかったから、写真入年賀状も簡単に作れて、あっという間にできますからね。一言書けば心はこもります。カクロクさんの絵を年賀状にできるなんて羨ましいです。

       ブログの順位は、年末にカクロクさんが記事からリンクを張ってくれたお陰で大勢の方々が飛来し、押していただいて、グイーーン!とアップしました。その効果が明日から切れるのでまた下がる予定です。思わぬお年玉IN POINT感謝でした!
    • 3. カクロク2号♀
    • 2011年01月06日 12:48
    • 子供さんの写真入り年賀状をいただくとすごく嬉しいです 夫の学生時代の友人の子供さんたちなど遠くにいて会ったこともないのに、毎年の年賀状で成長を知ることができたりそのご家族の雰囲気が想像できたりして、ムフフフ…などと笑ってしまいます。
      私は絵心はありませんが、小さい頃は毎年ゴム版画を作成して年賀状にしていました。やはり待っていてくださるかたやいまだに大事にとってありますと言って下さる幼なじみもいて嬉しいものですね。
      父が私たち兄妹にせっせと製作をてほどきしてくれた雪深い小さな町での冬の思い出です。 新聞紙をしき、彫刻刀で指を切るのは本当にダメな人なんだよ!とわけのわからない強迫観念を植え付けられ、指を切らずに版画を掘ることに必死でした。今やそんな心の余裕さえ失われる日常に追われる生活ですが、親が子供に手間をかけて教えてくれたことは深く刻まれております。
      クロカワ様のブログにはそんな暖かなものがいつも感じられますね。
    • 4. KUROKAWA
    • 2011年01月06日 14:39
    •  子供の頃のお父様との思い出、お父様が手を切らないか気が気でない様子も伝わりますパソコンもプリントごっこも無い時代ならではですね。私も母と年賀状作り奮闘していました。1日は費やしましたね。いい思い出です。
       
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。