水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



★「くろかわ透明水彩画教室」京阪伏見桃山駅徒歩30秒。雅究房1階
●火曜日 午前10:00~12:30・午後13:30~16:00 開室(月二回制)
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●奈良サロン(近鉄西大寺最寄)月一回 第4水曜13:00~15:30次回7月24日
☎ 0742-35-8161
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550
●阿倍野サロン(大阪)月一回 第2水曜13:30~16:00次回7月31日
☎ 06-6625-1771
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/shinsetsu/?kouza_num=1004580

★カルチャーハウス香里ケ丘(大阪府・枚方市)
●「透明水彩画の基礎講座」
月一回 第3月曜 午前クラス10:00~12:30/午後クラス13:30~16:00 次回8月19日
第2水曜午前9:30-12:00 次回7月31日※花講座から基礎講座に変更になりました。
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html
※全ての講座は初心者歓迎です♪


ブログネタ
小学生の母の日記 に参加中!
 今日は出し漏れた年賀状が1枚あったので、もう一枚描くことができた。旦那の年賀状で技量を磨く私

水墨・墨彩画による卯の描法水墨・墨彩画による卯の描法
著者:山下 秀樹
誠文堂新光社(2010-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

年賀状2011-3

 娘がピッカピカの小1の頃、絵が好きな子なので「芽をのばしてやるぞ!」と市が主催する「とびだせ!ひらかた大図鑑 小・中学生絵画コンクール」にチャレンジさせることにした。
 「参加することに意義がある。」くらいに思い、期待していなかったが、結果はいきなり入選
 『くっ・・・。私をさしおいて・・・。』と思うが、3人に1人は入選するので「まあ、そんなこともあるわさ。」と、家族で喜んだ。

2009-08-21 17-33-33

 ある日、枚方市役所新病院建設課という聞きなれない部署から「まことに恐縮でございますが、娘様の絵を枚方市民病院建設現場の壁に大きく引き伸ばして展示させて頂きたいのですが。可能でございますでしょうか?」という感じで電話がかかってきてビックリ
 『私じゃなくって??』

 いきなり、完成まで2、3年は展示されるであろう近所の建設現場でデビューできた娘は「絵を出品=壁に展示される」と思い込んでしまった。「そうならなきゃ面白くない」って感覚となったので、逆に芽が潰れると思い、『ステージママ』ならぬ 『絵画コンクールママ』 は辞めた。そんなこんなで今は普通に育てています

 ↓建設現場に飾られた絵
2011-01-27 16-25-49

 『KUROKAWA様の絵を是非・・・』と言われてみたい母のジェラシーの巻きでした


クリックしていただいたらランキングが上がります
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 にほんブログ村 美術ブログへ

 皆さんはリュウゼツランという植物をご存知ですか?100年に一度しか開花しないと言われることから「センチュリープラント」とも呼ばれています。実際には50年~80年らしいですが、自分の庭にあっても生前に開花を見られない人もいるとか。

 去年、母が入院しているときに開花し始め、植物好きな母はその成長を観察するのが大好きでした。体がだるくて辛いときも「あの植物はどうなってる?」と毎日聞いていました。

↓蕾が数メートル毎日グングン伸びます。
星ヶ丘厚生年金病院にて 2010年6月2日撮影 
2010-06-02 14-01-30

 開花直前の7月に施設に移ったので、母は開花を見られませんでしたが、半年後の現在同じ場所を見てみると撤去され、可愛い花壇となっていました。咲くと枯れるのだそうです。

↓本日撮影
2011-01-04 14-31-05

↓そこにカワイイ新年の飾りが
2011-01-04 14-31-36
 
 大病院だけどお茶目な心遣い。こういうの大好きです

 私はリュウゼツランの開花を後日事後処理に行った時に観ました。綺麗では無いけれど、少なくとも50年に1度のこと、感慨深かったです
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。